メニュー

ホッケー部

2021.05.04

2021年度関東学生春季リーグ 5月2日早稲田東伏見会場

早大一橋大相手に6発快勝も得失点差で決勝トーナメント進出を逃す

 今日で、決勝リーグへ進出できるかどうかが決まる一橋大との大事な一戦。試合は終始早大ペースで進み、全4クオーター(Q)、計6得点を上げ一橋大を粉砕し、今期初勝利を収めた。しかし、他会場で行われた明大と法大の試合で、法大が1対2で明大に敗れた結果を受けて、早大は得失点差で法大に敗れ、決勝リーグ進出はならなかった。

 第1Q開始直後から、早大は主導権を握り、一橋大陣内に押し込む。約2分には、この試合1本目のシュートを放ちリズムに乗った。約5分にはPCを獲得するも、これは相手GKのファインセーブに阻まれる。その後も引いて守る相手に攻めあぐねる早大だったが、約8分再びPCを獲得し、これを豪快にFW小比類巻周(政経2=東京・早大学院)が決めて先制点を奪う。勢いづいた早大は、約11分にも、PCを獲得するが追加点を奪うことはできなかった。そして早大優勢のまま第1Qを終える。続く第2Qでも、早大はボールを握り、激しい攻撃を仕掛ける。約3分に、パスカットから繋いだボールを、FW平岩佑利(スポ3=奈良・天理)がシュートを放ち、欲しかった追加点を手に入れた。その後は、早大は、相手陣内に攻め込むものの、粘り強く守る一橋大に対して決定機を作れないでいたが、約10分にMF中島丞一郎(スポ2=富山・石動)がシュートを放ち、一橋大ゴールを脅かす。また相手のカウンターにも、早大は連動した守備で冷静に対処した。

相手陣内に攻め上がるDF大多田一真(政経2=東京・早大学院)

 2点リードで前半を折り返した早大だったが、決勝リーグ進出には、この試合で8得点が必要なため、早大は第3Qでさらにギアを上げて猛攻を仕掛ける。立ち上がりにPCを獲得し、FW村上和亮(政経4=東京・早大学院)が冷静にゴールを流し込み3点目を上げる。早大は、その後も手を緩めることなく、攻め続け、約4分にPCを獲得。しかしゴールに結びつけられなかった。続く約7分にもPCを獲得するが、これも決めきることができなかった。得失点差で優位に立たなければならないという気負いからか、焦りが生じたのか、早大は、ミスを連発してしまう。すると虎視眈々と機会を窺っていた一橋大が、第3Q中盤以降早大のミスに乗じてカウンターから好機を演出する。失点は絶対にしたくない早大は、DF陣が体を張って懸命に防いだ。ところが、約9分にMF中島の足がつるアクシデントが発生。交代を余儀なくされる。この後も早大は精細を欠き、結局第3Qは、立ち上がりの1点止まりとなってしまった。泣いても笑っても最後の第4Q、早大はDFを3人に減らし、最後の攻勢にでる。そして第4Qは怒涛のゴールラッシュとなった。約9分にFW村上がPCからゴールを入れると、その3分後の約12分には、FW平岩が技ありのシュートで5点を挙げた。そして終了間際の約15分にも村上がゴールを決め6点目を上げた。早大は第4Q終了直前にはGK西本京平(スポ3=大阪星光学院)をベンチに下げ、パワープレーを仕掛けたが実らず、タイムアップを迎えた。

第4Q、PC獲得時に作戦を練る早大イレブン

  早大は6発大勝したものの、得失点差で2点及ばず、決勝リーグ進出はならなかった。試合を通して、早大は圧倒的に優勢で実にPC数8、シュート数31本と攻め続けたが、第3Qまでに各Qで1点ずつしか取れなかったのは痛かった。特に前半で2点しか取れず、その気負いが第3Qで顕著に表れミスを誘発してしまったのかもしれない。今回の結果を受けて、早大は下位順位決定戦に進む。最高位の5位を目指して、気持ちを切り替えて良い準備ができるか注目だ。

(記事 伊勢崎晃、写真 水島梨花 冷水睦実)

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
一橋大
コメント

原聡監督(昭59理工卒)

――今日の試合を振り返ってください

今日は、法大と順位争いをしているので、得失点差、これを見ながらのゲームで、得点をしなければいけないゲームでした。振り返って、結果6点は取ったんだけど、向こう(法大対明大)の結果を聞いて、(得失点差が)足りないことが分かったんですけれども、前半点は取ったものの、各クオーターごともう1点ずつ追加しないといけないゲームだったのかなと思います。

――今日の試合での反省点・改善点はありますか

まだまだのチームなので(反省点は)たくさんあります。今日のゲームの中での振り返りでいえば、やっぱり気負い過ぎている、気負うということは分かっていたんだけれども、その中でシュートやその他のプレーでも、力を抜くというか、冷静な判断そうすれば、もっとしっかり見て落ち着いて入れれば入ったケースもあるだろうし、キチンと味方に繋がったケースもあるだろうし、そういう場面で、“やらなきゃ!”という場面はでてくるんだけどその中でキチッと自分をコントロールしてやっていくと、これは必要なことなのかなと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

次は1部8チームのリーグの中で下位4チームのトーナメントということで、その中で、1番上、5位を取れるようにまた一つ一つ、この3戦守るゲーム、攻めるゲームを経験してきたので、それを次に生かして、チームのレベルアップをしていきたいなと思います。

FW村上和亮(政経4=東京・早大学院)

――今日の試合を振り返ってください

もともと1時間前に始まっていた明大と法大の結果次第ではあって。だけど,自分たちが9点差をつけて勝てば上位に上がれるという状況でいかに8点や9点という大量得点をするかというのが今日のこの試合の課題であり、目的でした。6点取れたというのはよかった部分ではあります。負けた場合上位には上がれません。しかし,6点を取って勝ったが、下位に下ってしまったので,悔しい思いが残ります。実際に試合を振り返ってみて、自分を含めもっと点数が決められたのではないかというシーンがあったので結果論にはなってしまうのですが,明治と法制の試合が2対1で自分たちは点数を取らなければいけませんでした。だから,秋リーグや今後の順位決定戦に向けて決定力というものを強化して行く必要があると思っています。

――ゴールシーンを振り返ってください

一本目がPCでやってきた形で初戦の法大戦で最後の10秒ぐらいで全く同じことをやろうとして,自分がミスをして結果的に大量得点を取らなければいけない試合になってしまいました。なので,この1,2週間練習してきました。また,いざやろうとした時に絶対に決めるんだという気持ちを持っていました。そして,結果的には得点できて,1点目はよかったかなと思います。3点目が残り5分とかで5点とか6点とか取らなければいけない状況であのような形で泥臭くサークル内で決められたのはよかったです。ふと時間を見てみると残り1分位で焦りというものもあったのですが、チーム全体で点数を決めてやるという意識があったのは、よかった思います。

――次戦への意気込みをお願いします。

本当だったら、上位に行って,順位決定戦で1位や2位を目指したいところではあるのですが,残念ながら下位に沈んでしまいました。勝たないと入れ替え戦にまわってしまうので,チーム全体として下位ということでモチベーションの維持というのが難しいです。いかにモチベーション高く1週間、2週間、3週間やっていくことが非常に重要だと思います。もちろん絶位に勝つという気持ちを持ちつつも集中していきたいです。また,下位だからと言って簡単に勝てるわけではないので一戦一戦集中して、1つ1つ、毎日の練習に取り組んでいきたいです。

FW平岩佑利(スポ3=奈良・天理)

――今日の試合を振り返ってください

今日は、本当は8点以上を目指してやっていたのですが、6点ということで2点足りなかったのは前半に点をとりきれなかったところにあると思います。

――ゴールシーンを振り返ってください

1点目はダイレクトで思い切って打ってそれが入って良かったという感じです。2点目の打ち込まれたボールをレシーブしてとった得点はずっと練習してきた形だったので良かったです。大島新(商3=東京・早大学院)がいいボールを出してくれました。

――チームとしての課題を教えてください

今日PCを7本くらいとって2本しか決まっていなかったので、PCを課題点として次の試合までに決まるように頑張りたいです。

――次戦への意気込みをお願いします

次は順位決定戦ですがもっと点を取ってチームに貢献したいと思います。