メニュー

野球部

2021.05.02

東京六大学春季リーグ戦 5月2日 神宮球場

終盤に投手陣打たれて逆転負け 連覇は絶望的に/法大2回戦

TEAM
早 大
法 大
(早)●西垣、森田直、山下―岩本

 手痛い逆転負けとなった。打線は初回、敵失の間に1点を先制。しかし、先発・西垣雅矢(スポ4=兵庫・報徳学園)が3回に追いつかれると、同点で迎えた7回に勝ち越しを許す。さらに、西垣の後を受けた森田直哉(スポ4=早稲田佐賀)が、痛恨の3ランを打たれて万事休す。逆転での東京六大学リーグ戦の連覇が、大きく遠のく結果となった。

 

 試合は初回から動いた。1番・鈴木萌斗(スポ4=栃木・作新学院)が中前打で出塁すると、2番・中川卓也(スポ3=大阪桐蔭)の2球目にすかさず二盗を決める。続く4球目、犠打を試みた中川卓が捕手前に弱い打球を転がすと、相手捕手・大柿廉太郎(3年)が三塁へ悪送球。この間に鈴木萌が生還し、幸先よく早大が先制する。しかし、相手先発・山下輝(4年)の140キロ台中盤の速球とスライダーのコンビネーションを前に、初回以降は沈黙。5回まで7三振を喫し、攻略の糸口をつかむことができない。

 

初回を無失点で切り抜けガッツポーズを見せる西垣

 

 早大先発は、今季安定した投球を見せている西垣。2回までは走者を許しながらも無失点に抑えるが、3回に法大打線に捕まった。先頭の山下に右前打を許すと、1番・諸橋駿(4年)には初球を打たれて無死一、二塁のピンチを招く。その後1死一、三塁とピンチが拡大すると、3番・齊藤大輝(3年)が初球を捉えた打球は犠飛となった。ストライクを取りに入った初球の直球を続けて打たれ、同点に追いつかれる。しかし、雨天中断を挟んだ4回以降、西垣は立ち直りを見せる。3回まではあまり投げていなかったスライダー、カーブを織り交ぜ、法大打線に的を絞らせない。5回には、蛭間拓哉(スポ3=埼玉・浦和学院)にファインプレーも飛び出すなど、バックも好守で西垣を盛り立てた。

 

 グラウンド整備を挟んだ6回、早大は初回以来の好機を迎える。先頭の中川卓が右前打で出塁すると、続く蛭間も冷静に四球を選び、無死一、二塁の場面をつくる。打席には前日適時打を放っている岩本久重副将(スポ4=大阪桐蔭)。しかし、打球は二塁手の前に転がり4-6-3の併殺に。続く7回には、1死一塁の場面から8番・澤田健太朗(文4=福井・高志)が犠打を試みるが、飛球となり失敗。さらに、一塁走者・熊田任洋(スポ2=愛知・東邦)が一塁に戻れず、これも併殺打に。試合の流れは法大へと傾き始める。

 

諸橋に勝ち越しの適時打を浴びた西垣

 

 するとその裏、好投を続けていた西垣が崩れる。1死二塁で迎えた9番・山下に外角の変化球を拾われると、1死一、三塁とピンチが拡大する。続く打者は、この日2安打の1番・諸橋。初球を打たれると、三遊間を破る勝ち越しの適時打に。西垣はここで降板し、後続を森田直に託す。アウトカウントを一つ増やし、2死二、三塁で今季好調の3番・齊藤大を迎える。ここで2球目の直球を振り抜かれると、打球はバックスクリーン左に飛び込む3ランに。早大にとっては、あまりにも重すぎる追加点だった。反撃したい打線も、最後まで法大投手陣を打ち崩すことができず、手痛い逆転負けを喫した。

 

7回の守備で負傷し担架で運ばれる蛭間。小宮山監督も心配そうに駆け寄った

 

 この日の敗戦で今春は3敗目となり、逆転での優勝はほぼ絶望的となった。さらに、7回の守備では、打線をけん引してきた蛭間が膝を痛めて途中交代。蛭間の状態について、小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)は、「かなり厳しい」と述べ、大きな戦力ダウンは避けられそうもない。優勝がほぼ絶望的になった以上、「あとは残りの4試合をどういうかたちで進めていくか」(小宮山監督)が問われている。『逆境こそ覚醒のとき』。大きな試練を乗り越え、一回り強くなった早大の姿を見せられるか。早大ナインの真価が試されている。

 

(記事 杉﨑智哉、写真 山崎航平)

 

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
1 (中) 鈴木萌斗 4 1 0 .318 中安   見三   見三     空三  
2 (三) 中川卓也 3 2 0 .227 捕犠   空三     右安   右安  
3 (右) 蛭間拓哉 2 0 0 .364 投ゴ     遊ゴ   四球      
  吉納翼 1 0 0 .000               見三  
4 (捕) 岩本久重 4 1 0 .222 右飛     遊安   二併     空三
5 (二) 丸山壮史 4 1 0 .222 見三     中飛   二ゴ     三安
6 (左) 野村健太 3 0 0 .000   右邪   遊ゴ     三ゴ    
  西田燎太 0 0 0 .000                 四球
7 (遊) 熊田任洋 4 1 0 .261   左飛     見三   中安   左飛
8 (一) 澤田健太朗 3 0 0 .100   空三     遊ゴ   投併    
  森田直哉 0 0 0 .-                  
  山下拓馬 0 0 0 .-                  
  橘内俊治 1 0 0 .000                 右飛
9 (投) 西垣雅矢 1 0 0 .200     空三   四球        
  生沼弥真人 1 0 0 .222               空三  
早大投手成績
名前
西垣雅矢 3 0 1 6 1/3 9 2 4 4 4 3.26
森田直哉 3 0 0 2/3 2 0 0 1 1 3.38
山下拓馬 3 0 0 1 1 0 0 0 0 0.00
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   慶 大 立 大 早 大 法 大 明 大 東 大 勝ち点
慶 大  

 

●1-2
○7-1

○6-5
○4-1

○7-0
○11-6
立 大   ○10-3
○5-4
△2-2
○3-1 
    3.5
早 大   ●3-10
●4-5
○2-0
●1-5 
  ○6-5
△0-0
2.5
法 大 ○2-1
●1-7
△2-2
●1-3
●0-2
○5-1 
    2.5
明 大 ●5-6
●1-4
      ○11-0
○17-2 
東 大 ●0-7
●6-11
  ●5-6
△0-0
  ●0-11
●2-17 
0.5
関連記事

強力投手陣を攻略せよ 絶対に負けられない法大戦/法大戦展望(04/30)

エース徳山復活へ 4安打完封で法大・三浦との投手戦を制す/法大1回戦(05/01)

コメント

小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)

――本日の試合を振り返って率直な感想をお願いします

大事な試合を落としたので、悔しい敗戦ですね。しかも7回表の攻撃でね、ミス(送りバント失敗)をしてそれを引きずって7回の裏ということで、あそこがまあ残念な結果に終わったというのが非常に大きなポイントかなと思います。

――その7回の攻撃では西垣投手のところで代打を準備していたが、併殺でそのまま次の回のマウンドに行くというかたちになりました

もちろん影響はあったと思いますね。代打ということで本人ももうそのつもりでいたでしょうし、併殺というかたちで打席が回らなかったので、交代させてもよかったんですけども好投していたので、勝たせてあげたいという気持ちがあったのでね。もう1イニングしのいでくれれば攻撃でなんとかというかたちができたんでしょうけども、そこをちょっと欲張ったというところが痛い失点につながったということかなという気がしています。

――打線に関しては初回に幸先よく先制しましたが、それ以降は無得点でした

ミーティング等で攻略法を練って臨んで思うようにならないということなので、まあ秋も残ってますから、秋に山下くん(輝、法大4年)とやるときには今日のように気持ちよくピッチングさせることのないように、もう少ししつこいバッティングをしていきたいと思っています。

――昨日12三振、今日11三振と2日連続で2ケタ三振を喫しました

これはまあ今に始まったことではないので。狙い球を絞って仕留めるということができていない。あとは言い訳になりますけれども、見逃し三振が多いので、これはストライクゾーンがバッターの感覚と審判の感覚が違うというところで、この辺は差し引いてあげないといけないかなと思います。

――負傷交代した蛭間選手が心配です

今のところ骨に異常がないという連絡しかないので、腫れが引くまではMRIの検査もできませんので、4、5日安静にして腫れが引いてから精密検査に入るので、かなり厳しいです。

――優勝に向けてというところで、絶対に負けられない試合を落としました

立教に連敗して負けられないというところで、今日の敗戦で可能性としては限りなくゼロに近いです。あとはもう残りの4試合をどういうかたちで進めていくかというのを、これからミーティングをして考えます。

――2週間後の明治戦に向けて一言お願いします

打線の組み換えも含めて選手の入れ替えをして、最善策をということで臨もうと思っています。