メニュー

準硬式野球部

2021.04.17

東京六大学春季リーグ戦 4月17日 早大東伏見グラウンド

攻守で圧倒し、春の早慶戦白星スタート!/慶大1回戦

TEAM
早大
慶大
(早)〇清水、太田―網野、浅野
◇(本塁打)渡部(2号2ラン)(3回表)、新井(1号ソロ)(9回表)

 3番の関大輝副将(基理4=茨城・江戸川学園取手)が1番に、6番の新井健太(商3=東京・早大学院)が5番に上がるなど、打順を変更して臨んだこの日。この新しい打線がしっかりと機能し、早大は11安打5得点を挙げた。一方の投手陣は先発・清水佑樹(スポ4=早稲田佐賀)が自らの失策で失点したが、その後はゼロ封。早慶戦初戦はチームを勢いづける白星で飾った。

 今日も主将の打棒が火を噴いた。3回、1死から1番・関が左前打で出塁すると、打席に向かうのは渡部椋雅主将(商4=神奈川・桐光学園)。外角の直球を振り抜いた打球は左翼手の頭上を軽々飛び越えスタンドへ。「とにかくつなげようと思った結果が良い当たりにつながった」。2試合連続の本塁打で、この回2点の先制点を挙げた。さらに4回、1死二塁の場面で清水が投前に転がした打球はバントヒットに。この好機で、次打者の関が右前適時打を放ち、追加点を獲得した。

2試合連続の本塁打となった渡部

 先発・清水は毎回走者を背負うが、味方の好守にも助けられ、得点を許さない。しかし、打線の援護をもらった4回。先頭打者に二塁打を放たれると、続く5番・川合駿介(慶大)の打球を処理した清水が一塁へ暴投。送球が大きく外れた間に二塁走者が生還した。だが、以降は落ち着いた投球を見せた清水。6回途中は雨が激しくなり、制球を乱す場面もあったが、要所で相手打線を打ち取り、追加点を与えなかった。

雨天下での登板となった先発・清水

 一方の打線は5回、代わった相手投手・中野恵太(慶大)に連打を浴びせ、1死満塁の絶好機を作った。ここで8番・吉松武竜(スポ3=早稲田佐賀)は打球を投前に転がす。度々犠打でチームを救ってきた吉松のスクイズで1点を追加した。さらに9回、1死で打席に向かったのは、今日から5番に座る新井。「狙って打った」という当たりは弧を描き左翼スタンドへ。この本塁打で点差を4に広げた。投げては8回から登板した太田遼(スポ2=神奈川・横浜翠陵)が走者を背負うも、打たせて取る投球で得点を許さず。早大は5-1で勝利し、早慶戦白星スタートとなった。

本塁打を放った新井

 「総じて良い勝ち方ができた」(渡部)。変更した打線が機能しただけでなく、この日は野手陣の好守が光った。二度のピンチでダブルプレーを取った遊撃手・渡部、三塁手・新井の守備はもちろん、今シーズンから二塁手に入る吉松武竜(スポ3=早稲田佐賀)は2回2死二、三塁の場面で難しい打球をしっかりと処理。盤石な守備がチームの窮地を救った。一方で、これまで不安要素だった『好機での一本』はいまだ課題として残る。この日の早大打線は11残塁。5得点を挙げたとはいえ、得点機を生かし切れたとは言えない。今後強敵を相手にする中で、どれだけ好機をものにできるかが勝負の命運を握る。早大打線の攻撃力を遺憾なく発揮し、勝利を積み重ねることができるか。早大のさらなる飛躍に期待したい。

(記事 小山亜美、写真 吉岡直哉、渡邊悠太)

関連記事

2本の本塁打などで6得点!春リーグ戦白星発進/法大1回戦(4/10)
流れをつかめず痛い敗戦。勝負の行方は3回戦へ/法大2回戦(4/11)
まさかの逆転負けで開幕カードを落とす/法大3回戦(4/12)

コメント

池田訓久監督(昭60教卒=静岡・浜松商)

――今日の試合を振り返っていかがですか

 清水(佑樹、スポ4=早稲田佐賀)がよく投げて、太田(遼、スポ2=神奈川・横浜翠陵)が2回投げてくれて、やっぱりピッチャーがゲームをしっかり作ってくれたのが非常に良かったと思います。守備は、吉松(武竜、スポ3=早稲田佐賀)が序盤の非常にいい場面でアウトを取れたのが大きかったですね。こういうグラウンド状態だったのですがちゃんと守れたことが要因だと思います。

――前回は試合結果を後からお聞きになったと思いますが

 こういう立場で仕事をしているので、後ろ髪を引かれる思いで、本当に残念でした。学生はよくやったと思います。法政もあそこで逆転できるということはやはり底力があると思いますし、うちの清水もよくあそこまで投げてくれました。代え時も決して間違いではなかったと思います。ただ、強いて言えば8回に先頭打者が四球で出た後、ゲッツーを打っているんですよね。それが1つのポイントになったかなと思います。あそこは1点をどうしても欲しい場面だったと思うので、送りバントをして一つでもホームに近い塁に進めたい場面だったと思います。

――今日の試合の勝因となった点はどこですか

 守備やピッチャーはもちろんですが、スクイズなどで点を取りにいって取れたというところだと思います。その後ヒットが続けばさらに追加点にもなったのですが、なかなか慶応相手に簡単には点が取れないので。そういう意味では終わってみれば良い勝ち方ができたのでよかったです。

――リーグ戦の鍵として挙げていた投手陣の調子はどのように感じましたか

 とにかく清水と田中(爽稀、法4=神奈川・柏陽) の4年生2人が頑張っていかないとこの先勝っていくのは厳しいと思います。もちろん、今日投げた太田だとか、左の髙橋(隆之介、法2=東京・早実) だとか、今日ベンチに入っていた渋谷(隆太、商3=茨城・江戸川学園取手) だとか、ベンチ外ですが宮内(康汰、教2=東京・早実) だとか、可能性のある選手はいるので。そういう若手が4年生プラスアルファで出せる場面が来ると楽になるかなと思います。ただ、リーグ戦では勝たなければいけないので、試すということは基本できないです。1つのプレーで一気に流れが変わってしまいますから。セーフティーリードというものが私の中で無いですし、何点差があってもひっくり返されるという思いで見ています。そういう意味では若い力を試合で試す機会があれば、と感じています。今は太田だけなので、明日もう一試合取って、そのあとは東大戦なのでその辺りで新たな力が出てくればと思っています。

――攻撃に関して、野手の調子はいかがですか

 ちょっと心配なのは関口(柊、スポ4=東京・穎明館) ですね。関東大会は良かったのですが、考えすぎているのかな。真面目な性格なので、彼なりに苦しみながらまた結果を出せるようになってくると思います。あとは、川原(崚、商3=東京・早実) もこの前の法政戦ではタイムリーを打ちましたけど、決して彼本来の当たりではなかったので。主軸を打つ選手であたっているのが渡部(椋雅主将、商4=神奈川・桐光学園)だけですから、もう少し上がってくるといいと思います。それから、けがで休んでいる須能(浩太郎副将、商4=東京・早実) と下久保(尚哉、商4=大阪・早稲田摂陵) ですね。この2人が万全の状態になって帰ってくればまた変わってくる気がしています。

――明日に向けて意気込みをお願いします

 必ず連勝で勝ち点を取りたいです。やっぱり慶応から連勝で勝ち点を取れれば勢いがついてくると思うので。ピッチャーに粘って、要所を守りの方で締めながら、少ないチャンスにはなると思いますけど点を取りにいって、うちの野球をして勝ちきれればという感じですね。

渡部椋雅主将(商4=神奈川・桐光学園)

――本日の試合を振り返っていかがですか

 総じて良い勝ち方ができたのかなと思います。打つ方はここぞという場面で一本が出て、守りの方は先発の清水(佑樹、スポ4=早稲田佐賀)含め要所をしっかりと守り切ることができたので、そこは良かったと思います

――今日の勝因はどの点だったと感じていますか

 打順を変えたことで打線がつながるようになったことが1つの勝因だと考えています。勝利のカギとなったプレーを強いて挙げるとすれば、2回の吉松(武竜、スポ3=早稲田佐賀)のファインプレーですね。あそこで失点を許さなかったのは大きかったと思います

――先週の法大戦は悔しい敗戦となってしまいましたが、今週までにどのような点を改善して慶大戦に臨みましたか

先週の法大戦は圧倒的に勝てないような試合ではなかったので、一つ一つのプレーを丁寧にする野球を心掛けました

――投手陣についてはどのように感じていますか

 雨の中、清水が7回まで投げてくれたのは本当に立派ですし、太田(遼、スポ2=神奈川・横浜翠陵)もその後しっかりと要所を締めてくれたので良かったという感じです

――個人のことについて伺います。3回に見事な本塁打を放ちましたが、相手の球種などを振り返っていただいていかがですか

 自分は球種を見て打つようなタイプではないので、球種に関してはわからないです。(笑)多分まっすぐだったと思います。思い切り振るだけというか、とにかくつなげようと思った結果があのようないい当たりになったのかなと思います

――狙い球は絞っていましたか

 自分は狙い球を絞ると打てなくなってしまうので狙い球は絞らず、来た球を打っています

――2試合連続での本塁打なりましたが、好調の要因はなんですか

 この前も言ったのですが、意識の違いというか、今日の場合だと1番の関(大輝副将、基理4=茨城・江戸川学園取手)が塁に出て、2番の自分がつないで、クリーンナップにいい形で回すという気持ちが結果につながっているのかなと思います

――最後に、明日の試合に向けての意気込みをお願いします

 法大戦を落としてしまって、これ以上負けられないリーグ戦になっているので、今日の勝ちにこだわることなく、明日も集中して勝ちにいきたいなと思います

新井健太(商3=東京・早大学院)

――試合を振り返っていかがですか

 ピッチャーも1点に抑えてくれて、取りたいところでしっかり点が取れたのでよかったと思います。

――9回の本塁打を振り返っていかがですか

 ピッチャーの球もあまり速くなく、打ちやすそうだなと思っていたので狙って打ちました。

――最近の打撃の好調さの要因は何ですか

 自主練習で打撃練習をたくさんしている成果が出ていると思います。

――守備においても好手が光っていましたが何を意識していますか

 とにかく一つずつのアウトを取ろうと思っています。

――次戦への抱負をお願いします

 先週は2、3戦目と連敗してしまったので今週はしっかり2戦目で勝てるように頑張りたいと思います。