メニュー

ソフトボール部

2021.04.13

第53回東京都大学連盟春季リーグ戦 4月10日 埼玉・東京富士大学日高総合グラウンド

2年ぶりに春季リーグ開幕! 強敵相手に白星スタート

春季リーグ戦
東女体大
早 大 ×
投手…〇増田-渡邉 ◇(二塁打)渡邉(1回裏)、高(3回裏) ◇(三塁打)なし ◇(本塁打)なし

 新型コロナウイルスの影響で2年ぶりに開催された東京都大学連盟春季リーグ戦(春季リーグ戦)。緊急事態宣言の影響で部活動の活動自粛が続いた。そんな中迎えた初戦、先発・増田侑希(スポ4=香川・高松南)は7回1失点、8三振を奪う活躍で強敵・東女体大を圧倒。打線も初回に4番・渡邉佳子(スポ3=東京・学習院女)の適時二塁打1点を先制すると、3回にも高美優(スポ2=福岡中央)の適時二塁打などで2点を追加。見事に逃げ切り、大事な初戦で勝利を収めた。

 先発の増田は初回、先頭打者に四球こそ出したものの、捕手の渡邉が「すごく調子が上がっていたので、増田さんのピッチング自体にはあまり心配はなかったです。あとは自分がうまくリードできればと思っていました」と話す通り、それ以降は常にストライク先行で圧巻の投球を披露し、4回までに2安打6三振を奪う活躍を見せる。しかし5回に2死フルカウント、走者二塁で相手に適時二塁打を浴びて1点を返される。7回にも東女体大の粘り強いバッティングで得点圏に走者を許すも、最後まで完全に崩れることはなく、7回1失点の好投で相手を抑え込んだ。

テンポのいい好投を披露した増田

  打線も、初回に1番・高が右前打で出塁すると、2番・反町結佳(スポ3=愛知・瑞陵)の進塁打、3番・井田菜摘(スポ3=群馬・健大高崎)の右飛の間に走者を進めてチャンスをつくると4番・渡邉に打順が回った。渡邉が「大きいのは狙わずに、1点を(取る)、つなぐつもりで振りました」という通り、2ボール1ストライクからレフト方向へ適時二塁打を放ち強敵・東女体大から先制点を奪った。3回にも9番・鈴木茉菜(スポ3=東京・鷗友学園女)が中前打で出塁すると、1番・高がセンター方向に適時二塁打を放ち、その間に鈴木がホームに生還し、1点を追加。その後も井田の二ゴロの間に1点を奪い、この回2点を加えた。チーム一丸となって点を奪い、投手を援護するという早稲田らしさが遺憾なく発揮され、春季リーグ戦初勝利を勝ち取った。

初回に先制適時二塁打を放った渡邉

 春季リーグ戦初戦、活動自粛期間の影響を全く感じさせない内容で白星をつかんだ早大ナイン。主将の増田は「全体での活動が全然できていなくて、みんな不安を抱えながらも各自で基礎を振り返ったりしたことで、それが全体練習が始まってかみ合ったんだと思います」と話すとおり、チーム一丸となり、各自の持っている力を最大限発揮して大事な初戦を戦い抜いた。さらに増田は「このままチーム全体的に調子を上げていけるように、次の1週間を大事に過ごしていきたいと思います」と語る。強敵・東女体大を破った早大ナインの活躍から目が離せない。

(記事 阿部優歩、写真 杉﨑智哉)

コメント

増田侑希主将(スポ4=香川・高松南)

――今日の試合を振り返っていかがですか

チーム全体の雰囲気がすごく良かったという印象があって、みんな緊張してるといいながらとても楽しんでいたので、すごく早稲田らしさが出たんじゃないかなと思います。

――コロナの影響で活動自粛期間があったと思いますが、どのような影響があったでしょうか

活動自粛期間は全体での活動が全然できていなくて、みんな不安を抱えながらも各自で基礎を振り返ったりしたことで、それが全体練習がはじまってかみ合ったんだと思います。

――チーム全体の状態はいかがですか

人数的にも4年生がとても少なくて最初はとても心配だったんですが、後輩たちがすごい付いてきてくれて、すぐに盛り上がって雰囲気が良くなるチームなのでそこがとてもいいと思います。

――とても調子が良かったように思いますが、ご自身で振り返っていかがですか

この自粛期間に私自身苦手なことを克服したりしていたので、リーグ最初の試合でしっかり勝てたというのは自分の気持ちをいい感じに持って行けるのかなと思います。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

このままチーム全体的に調子を上げて行けるように、次の1週間を大事に過ごしていきたいと思います。

渡邉佳子(スポ3=東京・学習院女)

――今日の試合を振り返っていかがですか

新チーム初戦ということで、まずはしっかり勝ち切れるように、一戦必勝で頑張りました。

――ご自身の調子はいかがでしたか

バッティング自体はここ最近はいいと言える調子ではなかったのですが、前のランナーがつないでくれたので、単打でつなぎました。

――先制適時打をどう振り返りますか

大きいのは狙わずに、1点を(取る)、つなぐつもりで振りました。

――投手の増田選手の状態はいかがでしたか

最近吉村先生(正氏、昭44教卒=京都・平安)にご指導いただいて、すごく調子が上がっていたので、増田さんのピッチング自体にはあまり心配はなかったです。あとは自分がうまくリードできればと思っていました。

――チームの雰囲気についてはどう感じていますか

2年生が多く出ているのですが、いい意味でフレッシュに元気にやってくれています。それに自分たち上級生も乗っかってすごくいい雰囲気でできていると思います。

――最後に次戦への意気込みをお願いします

来週は2日間で4試合というすごいタイトなスケジュールなのですが、しっかり勝ってインカレ(全日本大学選手権)出場権をつかんでいきたいと思います。

 

※掲載が遅れて申し訳ございません