メニュー

野球部

2021.04.10

東京六大学春季リーグ戦 4月10日 神宮球場

相手エース・三浦の前に打線沈黙で黒星スタート/法大1回戦

TEAM
慶 大
法 大
(慶)森田、●小林綾、生井、橋本達―福井

 昨秋、早大との直接対決の末惜しくも賜杯を逃した慶大。優勝に向けて好スタートを切りたい法大との初戦だったが、慶大打線は最後まで法大の先発・三浦銀二(4年)の攻略に苦しみ無安打で痛い敗北を喫した。試合は6回まで両チーム無得点と引き締まった展開となったが、7回に適時打で2点の先制を許すと、8回に内野ゴロの間に1点を返したものの追いつくことはできなかった。

 開幕の先発を任せられた森田晃介(4年)は初回を三者凡退で抑える完璧な立ち上がり。その後も要所を締める投球で、スコアボードに0を並べた。4回には2死一、二塁のピンチから中前打を放たれたが、中堅手・渡部遼人(4年)の好返球により走者の生還を許さなかった。森田は6回を無失点に抑え、リリーフに後を託した。

6回無失点の好投を見せた森田

 森田の好投に応えたい打線だったが、相手投手・三浦から安打を放つことができない苦しい展開となる。四球を選び走者を出したが、得点に結びつけることができない。こう着状態が続いた試合が動いたのは7回だった。慶大は、この回から登板した小林綾(3年)が1死二、三塁のピンチを招く。無失点で切り抜けたい慶大はここで生井惇己(3年)にスイッチ。しかし2番・岡田悠希(4年)に2点適時打を浴び、先制を許した。

 なんとしても逆転したい慶大は8回、代打・宮尾将(3年)が四球を選び出塁すると、すかさず盗塁を決めるなど1死三塁の好機を演出する。代打・北村謙介(3年)の遊ゴロの間に生還し、1点を返すことに成功したが、反撃はここまで。9回にも二つの四球を選び好機をつくったものの、慶大打線は最後まで三浦から安打を放つことはできなかった。

9回2死、三振を喫し悔しがる綿引

 相手投手・三浦の攻略の糸口をつかめずに62年ぶりのノーヒット・ワンランを許してしまったこの試合。開幕から痛い黒星を喫したうえに打線に不安の残る結果となった。あすの2回戦、このまま封じ込められて終わるわけにはいかない。打線に元気を取り戻し、優勝に向けて弾みをつけたい。

(記事 吉岡直哉、写真 山本泰新)