メニュー

野球部

2021.04.04

春季オープン戦 4月4日 安部球場

吉納が実戦デビューも強敵相手に惜敗 課題と収穫を手にリーグ戦へ/Honda戦

TEAM
早大
Honda

 東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)前最後のオープン戦の相手として、早大はHondaを迎えた。打線は中川卓也(スポ3=大阪桐蔭)が3安打3打点の活躍で得点を重ねる。一方、先発・西垣雅矢(スポ4=兵庫・報徳学園)は強敵のHonda打線を3失点で抑えるが、8回に救援陣が失点し、これが決勝点。早大は接戦をものにできず、春季リーグ戦前最後の試合を黒星で終えた。

 

 先発マウンドに上がったのは西垣。初回から得点圏に走者を背負うが、要所を締め、先制点を許さない。一方の打線は3回、1死の場面から鈴木萌斗(スポ4=長野・作新学院)が三塁方向へセーフティバントを決める。続く2番・中川卓の打球は右翼線へ。一塁走者の鈴木萌が一気に生還し、幸先よく先制に成功した。その後同点に追いつかれるも5回、2死から鈴木萌が左前打で出塁すると、打席に向かうのは再び中川。5球目を振り抜くと、これが左前適時打となり、勝ち越しに成功した。

 

粘投を見せた西垣

 

 奮起を見せる打線に応えたい西垣は5回、相手打線を初めて三者凡退に抑える。しかし6回、6番・守屋元気に2点適時二塁打を放たれ、逆転を許した。7回には早大OB今西拓弥(令3スポ卒=広島・広陵)相手に中川卓のこの日3打点目となる適時打で同点に追いつくが、続く8回。1死二塁の場面で相手打者が放った打球は高く跳ね、無情にも三塁手のグラブの下を抜く。さらに、遊撃手が打球をカバーしきれずその間に二塁走者が生還。ここまで盤石の守備を見せていた早大だったが、最後にミスから失点を喫した。打線は最終回で得点できず、このままゲームセット。3-4で黒星を喫した。

 

この日3本目の適時打を放った中川卓

 

 惜しくも敗戦となったが、昨年の都市対抗野球優勝チームである格上のHonda相手に接戦を繰り広げた。さらに注目したいのは、この日オープン戦初打席となった吉納翼(スポ1=愛知・東邦)だ。9回2死からの代打出場ながら、左越え二塁打を放ち、鮮烈なデビューを果たして見せた。「4年生を優勝させたい」(吉納)と意気込む新戦力の活躍にも期待したい。

 

 一方、この試合で「チームの共通認識として取り組むべき課題」(丸山壮史主将、スポ4=広島・広陵)もみつかった。中でも再三課題として挙げられる好機での一本はリーグ戦の命運を左右するだろう。春季リーグ戦初戦まで残り1週間を切った。昨季優勝を収めただけに、今年の早大への注目度はこれまで以上に高い。課題を克服し、重圧をはねのけ、再び「強い早稲田」を見せることができるか――。リーグ戦連覇に向けて、早大ナインの快進撃に期待したい。

(記事 小山亜美、写真 杉﨑智哉)

コメント

丸山壮史主将(スポ4=広島・広陵)

――今日の試合を振り返っていかがですか

社会人都市対抗野球優勝チームに負けたというのは正直悔しいですが、リーグ戦に向けての課題も見つかりましたし、その中で詰めるところがまだ必要だと思いました。リーグ戦でも、一試合一試合成長していければと思います。

――チームの課題は具体的にどのようなものが挙げられますか

チャンスでの一本だったりとか、相手の隙をつく走塁であったりとか、守備での準備の3つが特に目立ったかなと思います。それをチーム全員が共通認識として取り組んで行けたら良いと思います。

――丸山選手は久々の安打となりましたが、振り返っていかがですか

正直バッティングで悩んでいた部分が大きくて、齋藤(慎太郎、平3社卒=埼玉・秀明)打撃コーチを含めてバッティング練習をやってきた中で、今週末にいい感覚が戻ってきていました。それで社会人野球でもいい感覚があり、今日の試合1打席目で安打が出たので、リーグ戦に向けて頑張っていけたらと思います。

――守備の感覚はいかがですか

オープン戦をノーエラーで終えられたのは自分としても大きな自信になりました。なので、引き続きリーグ戦でもノーエラーでチームを作るプレーが出来たらいいなと思います。

――リーグ戦に向けてどのような調整をしていきますか

調整というよりは一日一日を大切に、いい感覚を掴めるように、いい感覚があるならそれを継続して持てるように、リーグ戦に向けてやっていけたらと思います。

――オープン戦を振り返って、チームの調子はどのように見ていますか

前半は投打がかみあわない試合が多かったのですが、後半は接戦だったり、筑波大戦では良い試合ができたので、そのようないい試合をリーグ戦で一つでも多くできたらと思っています。今日は接戦で負けてしまったので、逆転された後でどのように仕事をするかを考えて取り組んでいけたらと思います。

――最後にリーグ戦に向けて意気込みをお願いします

昨年秋はリーグ戦優勝をできたので、今年も優勝をして、早川さん(隆久、令3スポ卒=現楽天ゴールデンイーグルス)が言っていた「強い早稲田」を取り戻せるように、チーム一丸となって、一球入魂の精神のもと頑張っていけたらと思います。

吉納翼(スポ1=愛知・東邦)

――初めての一軍戦でした

いつ出てもいいように準備はしていたので特に緊張というのはしませんでした。

――1点ビハインドの9回二死での出番となりましたが、どのような意識で打席に向かいましたか

去年の秋の早慶戦(2回戦)で9回ツーアウトから熊田さん(任洋、スポ2=愛知・東邦)が打って(逆転につながった)、というのを思い出して、自分もここで打って逆転というのを狙っていました。結果としてはそうはいきませんでしたが、個人的にあそこからチームのためにということでそういう振る舞いができたのは準備の成果だと思います。

――外の直球をレフトの頭上まで飛ばしましたが、感触は

そうですね、結構良かったです。いい当たりでした。

――リーグ戦まで残り1週間となりました

自分はベンチに入って試合に出る気満々で、そこは先輩後輩関係ないと思うので、プレーになったら自分がやるだけだと思います。チャンスを与えてもらったら結果を出すだけだと思いますし、4年生を優勝させたいので自分のバットで優勝に導けるようにしたいです。そのためにたくさん練習していて、小宮山監督も常に準備というのをおっしゃっていて、さらにそこを徹底していきたいです。

――残りの1週間で解消したい課題は

今日初めて打席に立ったということで、まだ速球への目慣れができていないと思います。例えば自主練習でピッチャーが投げているのを見てタイミングを取るだけでも違うと思いますし、限られた時間の中で自分ができることを見つけてやっていこうと思います。