メニュー

野球部

2021.03.31

春季オープン戦 3月31日 安部球場

服部がオープン戦今季初先発!投手陣の好投と好機を逃さない打撃で連勝を飾る/筑波大戦

TEAM
筑波大
早大

 前回の東北福祉大戦で好ゲームを見せ、ますます勢いを増したい早大。この日は首都大学野球連盟に所属する筑波大を安部球場に迎えた。東京六大学春季リーグ戦(リーグ戦)開幕まで2週間を切った中、オープン戦今季初先発の服部雅生(社4=東京・早実)は無失点の好投。後に続く投手陣は失点こそ許したが、勝ち越しは阻止。打線は岩本久重(スポ4=大阪桐蔭)、野村健太(スポ2=山梨学院)らが得点に絡み、接戦を制した。

2回に適時打を放つ野村

 

 試合が動いたのは2回。岩本の二塁打と犠打で1死三塁とし、打席には野村。追い込まれてからの4球目をはじき返し、右前適時打で1点を先制した。その後、5回までは相手投手の好投に阻まれ得点から遠のいたが、同点の6回に連続四球などで2点を勝ち越した。

 

 服部が降板してからは、細かい継投でつなぐ。後を受けた昨秋のフレッシュトーナメントで神宮初登板を果たした伊藤大征(社2=東京・早実)は、「下級生らしくフレッシュに強気に投げていくというのが自分の役割だと思うので、悪い内容ではなかった」と振り返った。チームは1点差に詰め寄られたもののリードは守り切り、オープン戦2連勝とした。

落ち着いた投球を見せる服部

 

 オープン戦今季初先発の服部が好投を見せ、リーグ戦初登板へ期待が膨らむかたちとなった。さらに、リリーフした投手陣も「相手にリードを許さない」という役割を果たした。リーグ戦開幕までに残された時間は短いが、やるべきことを行い最高のコンディションで開幕を迎えてほしい。次戦は社会人対抗戦となり、対戦相手は強豪・JFE東日本。簡単に勝てる相手ではないが、勝利をして弾みをつけていきたい。

(記事 中原彩乃、写真 倉持七海)

コメント

服部雅生(社4=東京・早実)
――今日の投球を振り返っていかがですか
 リーグ戦が近い中、前回の試合を勝って、良い流れでリーグ戦に向かうことがチームの目標だったので、その流れを切らないように次につなげられるように意識してピッチングしました。
――今年の春季オープン戦では初めて先発されましたがいかがでしたか
 緊張したのですが、キャッチャーの岩本やベンチのメンバーに支えられました。岩本は昨日のブルペンからずっと「明日は俺を信じて投げろよ」と、自分が投げやすいように声がけをしてくれて、ベンチからはずっと必死に声援を送ってもらって。とても投げやすい環境をつくってもらったので、感謝しています。
――現在のコンディションはいかがですか
 最近は2軍戦も含めていい結果も出ているので、前日の準備からしっかりやるというのが結果につながっていると思います。引き継ぎ準備をしっかり行いたいと思います。
――今後課題としたいことはありましたか
 ランナーを出してから不安定なところがあると感じていています。ピンチの状況でいかにランナーを抑えられるかというのが課題となると思うので、そこはしっかり克服したいと思います。
――開幕まであと1週間と少しですが、意気込みをお願いします
 現状リーグ戦で投げるという立ち位置ではないと思うのですが、与えられた場所で、例えば主力がけがをしたり、そういった時にしっかり準備をして投げられるようにしたいと思います。

伊藤大征(社2=東京・早実)
――本日の投球を振り返ってください
 下級生らしくフレッシュに強気に投げていくというのが自分の役割だと思うので、すごく悪い内容ではなかったと思っています。次につながる内容だったかなと思います。
――ご自身の役割をどう考えていますか
 リーグ戦でベンチ入りできるかわからないですが、入れるとしたら、大きなプレッシャーなく投げられるのが下級生の良さだと思うので、強気で攻めていくとことが自分の役割だと思います。
――現在のコンディションはいかがですか
 いい調整はできていると思います。
――開幕まで2週間を切りましたが、どうアピールしていきたいですか
 (開幕まで)試合数が多いわけではないので、練習の時から状態の良さや自分の武器をアピールしていきたいと思います。