メニュー

野球部

2021.03.28

春季オープン戦 3月28日 安部球場

不安払拭!投打で相手を圧倒し完勝/東北福祉大戦

TEAM
早大
東北福祉大

 

 試合前から強い雨が降りしきり、開催が危ぶまれたが、無事東北福祉大とのオープン戦が行われた。東北福祉大は仙台六大学野球連盟に所属し、昨秋のリーグ戦では全勝優勝している強豪。試合は1回、プロ注目の相手先発椋木蓮(4年)から熊田任洋(スポ2=愛知・東邦)が中前適時打を放ち先制に成功する。その後も徐々に得点を重ね、相手を突き放した早大は東北の強豪を相手に勝利を収めた。

 

 早大の先発は西垣雅矢(スポ4=兵庫・報徳学園)。前回の亜大戦の好投に引き続き、この日も西垣は完璧に近い投球で相手打線を抑え込んだ。「テンポ良く投げることを意識しました」と、小気味よく投げ込み、途中1死満塁のピンチを背負ったものの連続三振で切り抜け、相手打線に得点を許さなかった。


ピンチを切り抜け吠える西垣

 

 打線は初回、鈴木萌斗(スポ4=栃木・作新学院)が中越え二塁打でチャンスメイクすると、熊田任洋の中前適時打で幸先よく先制に成功する。さらに、5回には中川卓也(スポ3=大阪桐蔭)、7回には岩本久重副将(スポ4=大阪桐蔭)に適時打が生まれ相手を突き放す。実力のある投手から複数得点を奪い、東京六大学春季リーグ戦(リーグ戦)に向けて弾みをつけた。


先制の適時打を放った熊田

 

 さらに9回にも収穫は得られた。2死から熊田が相手投手の速球をはじき返し出塁すると、岩本にバックスクリーン直撃の2点本塁打が飛び出す。リーグ戦で主砲としての活躍が期待される岩本に一発が出たことは、チームにとって大きな収穫といえよう。

 

 序盤から得点を重ね、理想的な勝利を収めた早大。前回の試合で投打に課題を残していたが、1試合で修正を見せた。「このいい雰囲気を今日だけにせずリーグ戦まで続けていきたい」という岩本副将の言葉にあるように、いかにこの日のような好ゲームの再現性を高められるか。残された細かい課題もリーグ戦開幕までの残り2週間で解決し、万全の状態で球春を迎えたい。

(記事 荻原亮、写真 西山綾乃)

コメント

岩本久重副将(スポ4=大阪桐蔭)
――久しぶりの一発だったと思いますが感触はいかがでしたか
1打席目から3打席目まで相手先発に抑え込まれていたので、打った投手は違う投手でしたが、悔しいという気持ちがうまく伝わったかなと思います。
――最近の打撃のコンディションは
甘い球をミスショットしているのが目立つので、スイング自体は固まってきているのですが、タイミングだったり力の入れどころだったりをもう少し修正していかないと、と思います。リーグ戦ではいい投手がたくさんいるので一発で仕留められるように、そのタイミングの部分を修正していきたいです。
――今日の西垣投手のリードについて意識していたことは
カウント作りをテーマにして、うまく若いカウントで追い込めたのでテンポのいいという球ができたと思います。
――テンポ、リズムという部分はチームとしての課題でもあると思います
一昨日の試合(26日、三菱重工East戦)は全員が反省して、この試合を忘れないというミーティングをしたのでそれが生きて今日はいいかたちでゲームが運べました。このいい雰囲気を今日だけにせずリーグ戦まで続けていきたいです。
――リーグ戦まで2週間を切りました。意気込みをお願いします
4番で捕手という重要な役割を担うと思うので、ここで一本というところで打つ。守りでもロースコアでゲームをつくるということを意識して、特に初戦は大事になってくるとも思うので、意識していきたいです。

西垣雅矢(スポ4=兵庫・報徳学園)
――今日先発を任されましたが、意識したことは何ですか
テンポ良く投げることを意識しました。
――4回はピンチでしたが二者連続三振を取り、見事ピンチを切り抜けました。三振は狙いにいきましたか
三振を取るのがベストだと思っていましたが、どんな場面でもテンポ良くというのを意識した結果が三振につながったと思います。
――メンタルがプレーに現れたことはありましたか
自分は考えすぎるとあまりいい結果が出ないので、考えすぎないようにというのを意識していました。
――打撃では久しぶりのヒットを打ちました
ファウルを打つように監督から言われていて、ファウルを打とうと思ったらたまたまセンター前に行きました。自分でもびっくりしました(笑)。
――リーグ戦まで2週間をきりましたが、今後の課題と意気込みを教えてください
まだまだいいボールと悪いボールがはっきりしているので、しっかりリーグ戦までに直せるように調整していきたいと思います。