メニュー

水泳部

2020.10.30

第96回日本選手権 10月29日 東京辰巳国際水泳場

初戦敗退で今シーズンを終える

TEAM 1P 2P 3P 4P
東女体大 12
早大
▽得点者
菅野2、大竹2、土屋2、徳用、高橋、塗師

 10月3日から6日にかけて行われた最終予選を勝ち抜け、日本選手権への切符を手にした稲泳会。9月に行われた日本学生選手権(インカレ)と同様に無観客で行われたこの大会の1回戦、インカレで2位に入った東京女子体育大学(東女体大)と対戦した。インカレでは悔しい1回戦負けとなった現役学生陣を中心に、去年までの主将である百田恵梨花(令1ス卒=埼玉・秀明栄光)などのOGが加わったメンバーで難敵に挑んだ。試合は第1ピリオドこそ、リードして進めるものの第2、第3ピリオドでリードを許す展開に。第4ピリオドでは粘りを見せるも逃げ切られ9-12と惜しくも敗戦。初戦で姿を消し、主将の菅野瑛生(スポ4=東京・藤村女子)など4年生にとっての学生最後の大会は悔しい結果となった。

第1ピリオド、最初に試合を動かしたのは稲泳会だった。徳用万里奈(平30社卒=埼玉・秀明英光)が左サイドでボールを受け、コースを狙い放ったシュートがゴール左に突き刺さった。その後は稲泳会の退水※によって守備に追われるシーンが続いたが、GKの石山佳乃(スポ1=千葉・幕張総合)がナイスセーブを見せ、1点に抑える。終盤にも得点し、第1ピリオドは2-1とリードして終えた。続く第2ピリオド、東女体大がロングボールを駆使した攻撃を見せて守備陣が対応に苦しんだ。それでも菅野のゴールなどで反撃するなど、互いに2点ずつ取り合い終盤に。残り1分で失点すると、その後の攻撃でゴール前での1対1の場面を作るも、東女体大のGKにゴールを阻まれた。残り22秒でもう1失点し、ラスト5秒で訪れた再びのチャンスも決めきることができなかった。4-5と逆転を許し、前半を折り返す。

好セーブを見せた石山

第3ピリオド、序盤に稲泳会の退水から失点するも、4年生の菅野と土屋セナ(創理4=千葉・芝浦工大柏)のゴールで一時同点に追いつく。しかし再び退水から失点。その後は石山を中心に守るも、相手の守備を崩すことが出来ず、第3ピリオド後半は無得点。逆に終盤に得点を許し、6-9と点差を広げられる形となった。最終第4ピリオド、序盤に2得点を許し、点差はこの試合最大の5点に。しかし、中盤に連続得点を挙げて、追い上げムードを作る。残り3分で再び得点し、点差を2点にするも、その後はなかなかパスがつながらず、ラスト22秒で失点し万事休す。9-12で敗戦した。

悔しい結果となった稲泳会

第2、第3ピリオドでの連続失点が響く形となったこの試合。東女体大は得点を取ると一気に試合の流れを持っていき得点を重ねた。得点が動いた後のプレーが勝敗を分けたといえるだろう。4年生にとっては最後の試合となったが、主将の菅野が2得点するなどチームを引っ張る活躍を見せた。春のリーグ戦が中止となり、秋の大会も無観客での開催となるなど異例のシーズンを終えた早大。来年に向けてまた新たな気持ちでスタートを切ってほしい。

(記事 菊池廉、写真提供 日本水泳連盟)