メニュー

野球部

2020.10.26

プロ野球ドラフト会議 10月26日 東京都内

4球団競合の早川は楽天へ! 今西は悔しい指名漏れに ※早川略歴、会見全文も掲載

 今日26日、稲穂戦士2人がプロ野球ドラフト会議に臨んだ。早川隆久主将(スポ4=千葉・木更津総合)は1巡目で4球団が競合し、東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天)が交渉権を獲得。来年からのプロ野球人生を杜(もり)の都・仙台でスタートすることとなった。一方の今西拓弥(スポ4=広島・広陵)は最後まで名前を呼ばれず、指名漏れに。明暗が分かれる結果となった。

 早川は今年、主将兼エースとして圧巻の投球を披露。東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)では明大戦で自己最速の155キロを記録し、初の完投勝利。秋季リーグ戦でもここまで防御率0.25と圧倒的な成績を残しており、大学ナンバーワン投手として注目を浴びていた。この日は既に1位指名を公表していた千葉ロッテマリーンズ、東京ヤクルトスワローズの他、楽天と埼玉西武ライオンズが1巡目で指名。抽選の結果、楽天が交渉権を獲得した。早川は「ここまで評価してもらい、指名されたことはすごくうれしい」と喜びを語った。また「新人王を狙っていければ」と新天地での決意を述べた。

楽天からドラフト1位指名を受けた早川

 一方の今西は今年、実力を発揮できずにいた。春季リーグ戦は開幕直前に左ひじを故障し、1年春以来の登板ゼロ。秋季リーグ戦では法大2回戦で復帰を果たしたが、1回を持たずに2失点で降板。東大2回戦こそ3回無失点と好投したものの、最速147キロの速球が主に140キロ前後にとどまるなど、本来の輝きは取り戻せていなかった。ドラフト会議直前の立大戦では登板機会がなく、最後のアピールはかなわず。迎えた当日、今西の名前を呼ぶ球団は現れなかった。早大卒業後は社会人野球に活躍の場を移す予定だ。

社会人での挽回に期待のかかる今西

 プロと社会人、2人は来年から別々の道を歩んでいくこととなった。しかし、早大での戦いはまだ終わっていない。秋季リーグ戦優勝の可能性を残した早慶戦が、来月7、8日に待ち受けている。「勝ちます」(早川)。「全員で最後まで諦めることなく、やり切ります」(今西)。共に早大を引っ張ってきた両左腕が、10季ぶりの賜杯奪還へ4年間の集大成を見せる。

(記事、写真 池田有輝)

☆早川略歴

 東京六大学現役通算最多の12勝、259奪三振を誇る早稲田の絶対的エース。最速155キロの直球を中心にスライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップなど多彩な変化球を織り交ぜ打者を翻弄(ほんろう)する。木更津総合高時代には3度甲子園に出場。U18日本代表にも選ばれ、鳴り物入りで早大に入学したものの、2年春までわずか1勝、防御率も5.19としばらく低迷が続いた。しかし、2年秋に救援として8試合に登板し、防御率1.72の成績を残すと、3年からは第一先発に定着し1年間で5勝を挙げた。主将に就任した今年はさらにスケールアップ。今季ここまで5試合に登板して4勝0敗、防御率0.25と圧倒的な活躍を見せ、10季ぶりの優勝へ向けチームを引っ張っている。

会見全文

早川隆久(スポ4=千葉・木更津総合)

――まずはドラフト指名の感想をお願いします

 この度東北楽天ゴールデンイーグルスさんからご指名をいただいた早川隆久です。率直な気持ちを言うと、ここまで評価してもらって指名されたことはすごくうれしいです。

――4球団からの競合指名となりましたが、率直なお気持ちはいかがですか

 4球団が指名してくださったということはそこまで評価していただいたということなので、率直にうれしいです。

――その中で楽天が交渉権を獲得しましたが、チームの印象などいかがですか

 投手陣も強力なものを持っていますし、打撃陣もすごく強力なものを持っていると思うので、自分もその球団に入って、チームに馴染めるような選手になっていければなと思います。

――石井一久GMからは「今年一番の投手」「球界を背負っていく投手」という言葉もありましたが、そのあたりはいかがですか

 そこまで期待していただいているので、その期待に応えられるような選手になれればと思います。

――小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)からはどのようなお話をされましたか

 監督からは「おめでとう」、「プロに行っても頑張ってこい」ということを言われたのですが、次に早慶戦が控えているので、「早慶戦に向けてもう一段階ギアを上げてくれ」と言われました。

――4年前にはプロ志望届を提出せず、プロに行くことはできませんでした。今プロへの扉が開かれましたが、いかがですか

 やっとスタートラインに立てたという気持ちでもあるのですが、まだスタートラインに立っただけです。うれしい気持ちもありますが、ここからが勝負だという気持ちにはなりました。

――楽天には大学の先輩やU18日本代表の同期もいらっしゃいますが、そのあたりはいかがですか

 キャプテンである茂木さん(栄五郎、平28文構卒)もいますし、福井優也さん(平23スポ卒)も投手としているので、そういう面ではすごく心強いというか、頼もしいチームだなと感じています。自分もすぐ入って即戦力というかたちで試合に出られればなと思います。

――プロではここで勝負したい、といったアピールポイントはありますか

 この大学4年間で培ってきたものもありますし、武器というものも見つけられたので、その武器をプロの世界でも発揮できるように準備していきたいなと思います。

――その武器というのは

 スピードに注目されがちですが、その注目されているスピードを生かして、変化球などを丁寧に投げ分け、三振を奪ったり打ち取ってゲームメイクできればなと思っています。

――あこがれの選手や「こういった選手になりたい」という選手はいらっしゃいますか

 あこがれの選手はダルビッシュさん(有、現シカゴ・カブス)であったり前田健太投手(現ミネソタ・ツインズ)というのは変わらないのですが、東北楽天ゴールデンイーグルスでは田中将大さん(現ニューヨーク・ヤンキース)もいらっしゃるので、そういった偉大な先輩に追い付けるような選手になれればなと思っています。

――対戦してみたい打者はいらっしゃいますか

 あまりまだイメージができていないので、対戦してみたいバッターとかはいないのですが、同級生であったり、(これまで)戦ってきた仲間には負けたくないなというのはあります。

――プロでの目標を伺えますか

 プロに入って1年目、2年目などは新人王を狙えると思うので、新人王を狙っていければなと思います。

――先ほど楽天のチームのイメージをお聞きしましたが、東北のイメージはいかがですか

 東北のイメージは牛タンがおいしいというイメージしかないのですが(笑)、環境などもすごく整っていると聞いているので、自分はすごく楽しみにしています。

――東北の楽天ファンの方々へメッセージをお願いします

 1年目からしっかり活躍できるように準備していきたいと思うので、応援の方よろしくお願いします。

――木更津総合高出身のプロ野球選手は中日ドラゴンズの与田剛監督以来となりますが、その点いかがでしょうか

 高校でも中々プロ野球選手を輩出できていない中、こうして木更津総合高校から輩出できたというのは、すごく自分の自信にもなりますし、後輩たちの自信にもつながってくるかなと思います。

――木更津総合高で学んだどのようなことをこれから生かしていきたいと考えていますか

 早稲田大学のOBでもある五島卓道監督(昭52教卒)から『人間性』がすごく大事だというのを高校の時から教わってきたので、『人間性』というのが野球にも直結してくるということを学びました。

――先ほど対戦したい選手について同級生などを挙げられていましたが、中でも一番ライバルというか、一番対戦したい選手などはいらっしゃったりしますか

 明治大学の入江投手(大生、4年、横浜DeNAベイスターズが1位指名)ともう一回投げ合いたいなと思っています。

――ドラフトの瞬間はどこで見ていましたか。また石井GMが(交渉権獲得のくじを引き)左手を掲げた時の気持ちはいかがでしたか

 自分は寮のラウンジの方で見させてもらっていて、石井GMさんが引いてくれた時には率直にうれしい気持ちでした。

――中継の中で石井GMが「隆久」という名前に縁を感じるとおっしゃっていましたが、どう思われましたか(石井GMは「一久」、石井GMの父は「隆」さん)

 名前の話も出ていて「縁があるな」と感じましたし、石井GMが左手で引いてくれた時には左投手としての縁もあるのかなと感じました。

――またその後の会見で石井GMが「僕みたいに怠けないで僕よりも勝ってほしい」(石井GMは日米通算182勝)とおっしゃっていましたが、それを聞いていかがですか

 勝利数というのはなかなか答えにくい問題でもあるのですが、チーム状況などにもよりますし、監督が前に「(勝利数は)時と運による」と言っていたので、自分は勝利数もそうですが、防御率などにもこだわっていければと思っています。

――早大で過ごした4年間で学んだこと、得たものは何でしょうか

大学では歴史の重みをすごく感じました。その中でも部訓だったり、早稲田の偉人が残してくれた名言というのを深堀していく中で、簡単な言葉の中にも意外と奥深いものがあるということをこの4年間で身にしみて感じることができたので、早稲田大学に入って良かったなと感じています。

――ロッテファンだとお伺いしているのですが、楽天が交渉権を得たことで来季以降はライバルとして投げることになりますが、そのあたりの思いはいかがですか

 別に何かが変わるという訳ではなくて。ロッテに縁がなかったのかなというだけなので。楽天に行くからには楽天でしっかり結果を残して、敵としてロッテを倒せればなと思います。

――小、中、高を振り返って思うことはありますか。また、支えられた人々にどのような思いを背負って投げていきたいですか

 小、中、高、関係してくださった、支えてくれた指導者の方にはやっぱり感謝の気持ちしかないですし、特に自分を支えてくれた家族に本当に感謝しているので、自分が支えてもらった分、結果を残して恩返しができればなと思います。

――寮のラウンジということは、周りに何人か部員がいらっしゃったのでしょうか。また、指名された時の反応を教えて下さい

 ラウンジでは何人かの後輩たちと、それほど大人数ではないのですが(一緒に)見ていて。率直に「おめでとうございます」とお祝いの言葉をもらいました。

――ライバルだと言っていた入江選手が横浜DeNAベイスターズにドラフト1位で指名されたり、法大の鈴木昭汰選手や慶大の木澤尚文選手が次々と指名されていくのを見て、感想はいかがですか

 やっぱり六大(東京六大学野球)のレベルってすごく高いなって感じた瞬間でもありました。

――(ドラフト後に受けていた)授業は何の授業だったのでしょうか

 教職(教員職員免許)を取るための授業を受けていました。

――先ほど楽天の先輩でもある田中将大選手の名前も挙げられていましたが、田中投手の印象はいかがですか。また、新人王以外ではどういったタイトルを取ってみたいですか

 (田中が)甲子園で投げ合ったり、その後楽天に入って活躍して日本一にも導いて、というのを小さい頃も見ていたので、勝てる投手というのは田中投手のような選手なのかなというのをすごく感じています。タイトルに関しても(田中は)新人王以外にも沢村賞であったり、最多勝利というのを取っているので、そういう意味では自分も追いつけるような選手になれればなと思います。