メニュー

準硬式野球部

2020.10.12

東京六大学秋季リーグ戦 10月11日 東京・早大東伏見グラウンド

『全員野球』で白星奪取!4連覇に向け希望つなぐ/明大戦

TEAM
早大
明大
(早)清水、金田、〇田中爽―中村
◇(二塁打)川原(4回表)◇(本塁打)渡部(1号3ラン)(9回表)

 前試合で黒星を喫し、4連覇へ向けて1つの負けも許されない早大。この日は強敵・明治との対戦となった。先発・清水佑樹(スポ3=早稲田佐賀)は4回途中まで3失点と、相手打線に先制を許す。しかし、その後は金田歩(商4=東京・早実)、田中爽稀(法3=神奈川・柏陽)の継投で相手をゼロ封。一方の打線は5回、1番・関大輝(基理3=茨城・江戸川学園取手)の適時打などで3点を獲得し、試合を振り出しに戻した。そして8回、1死三塁の場面で渡部椋雅(商3=神奈川・桐光学園)が勝ち越しの適時打を放つ。さらに9回、2死二、三塁の好機で再び打席が回ってきた渡部は、左翼スタンドへ3ランを叩きこみ、相手を大きく突き放した。渡部の活躍もあり、7-3で勝利を収めた早大。優勝に向けて貴重な白星を獲得した。

 この日先発マウンドに上がった清水は初回、鋭い直球をテンポよく投げこみ相手打線を翻弄。好調なすべりだしとなった。しかし3回、1死二塁の場面から連打を浴び、2点を失う。さらに4回、2死の場面から四球で走者を出すと、相手先発・高島泰都(明大)に適時二塁打を放たれた。ここで、早大ベンチは、投手を清水から守護神・金田にスイッチ。金田はピンチでの起用に応え、相手打者を2球で難なく仕留めた。何とか同点に追いつきたい早大は直後の5回、打線が火を噴く。先頭から四球と安打で無死一、三塁とすると、関が右翼方向に適時打を放つ。さらに須能浩太郎(商3=東京・早実)の犠飛と川原崚(商2=東京・早実)の適時打でこの回3点を獲得。同点に追いついた。

5回無失点の好投を見せた田中爽

 5回からマウンドを託されたのは田中爽だ。毎回走者は出したものの、球威のあるストレートで相手打線を翻弄。6回には無死満塁のピンチに直面したが、「しっかり自分の投球をすれば0点に抑えることができると思った」と、冷静な球運びで相手に得点を与えず。要所をしっかりと締め、5回無失点の投球を披露した。

渡部の勝ち越し打で盛り上がるベンチ

 一方の打線は8回、先頭が相手三塁手の失策で出塁すると、犠打で1死三塁の好機を演出。勝ち越しの絶好機で迎える打者は、この日途中出場の渡部。4球目を叩いた打球は中前適時打となり、待望の勝ち越し点を獲得した。さらに9回、2死から再び相手三塁手の失策と四球で走者が出ると、渡部がバッターボックスへ。フルカウントから振った打球は、弾丸のごとく左翼スタンドへ突き刺さる。この3ランで勝利を確実にした早大。7-3で貴重な勝利を獲得した。

本塁打を放ってベンチに戻る渡部

 「全員で勝った試合だった」(中村康祐主将、教4=早稲田佐賀)。この日4打点の活躍を見せた渡部を筆頭に、代打・押尾雄輝(教4=埼玉・早大本庄)や代走・篠原大成(教3=大阪・早稲田摂陵)の起用で得点するなど、途中出場の選手の活躍が光ったこの試合。投手陣も金田がピンチをしのぎ、田中爽が相手打線をゼロに抑えるなど、まさに『全員野球』で勝利をつかんだ。次は関東地区大学選手権では惜しくも敗北を喫した法大との一戦。雪辱を果たし、優勝に大きく前進できるか。早大ナインの快進撃に期待したい。

(記事 小山亜美、写真 河原琴未、手代木慶)

 

関連記事

打線爆発16得点!投打がかみ合い、リーグ戦白星スタート/東大戦(9/19)
「独特の雰囲気の中でやられてしまった」好機での拙攻が響き、惜敗を喫する/慶大戦(9/29)

コメント

中村康祐主将(教4=早稲田佐賀)

――今日の試合を振り返っていかがでしたか

みんな一人一人がしっかり役割を果たしてくれて、全員で勝った試合だったなと思います。

――前回の試合で「戦略の幅」をもたせるという話がありました。代打・代走など交代した選手がかなり活躍した試合でしたが、チーム内で話し合ったのですか

福本(恭介、教4=石川・小松)とか吉ケ江(輝、スポ4=兵庫・明石)と、もっと積極的にガンガン動いて行っていいんじゃないという話がありました。今日は交代が上手い方向に転がったので勝ちにつながったかなと思います。

――清水(佑樹、スポ3=早稲田佐賀)選手が4回途中で降板となりましたが、振り返っていかがでしたか

序盤完璧すぎたのかな、ちょっと疲れたのかなという感じでした。そこで逆球とかで手ごわい明治打線に打たれたので、僕自身もそうですし、清水自身の課題でもあるのかなと思います。

――その後ピンチの場面で金田(歩、商4=東京・早実)選手が2球で抑えました

SummerCupなど、ああいった(ピンチの)場面で投げてきてずっといい結果を残している投手なので、自分自身も安心して受けることができますし、金田なら大丈夫だと思っています

――田中(爽稀、法3=神奈川・柏陽)選手が5回無失点でしたが、調子はいかがでしたか

ストレートで押せていたので彼の持ち味が存分に出た投球内容だったのかなと思います。

――キャッチング返球の捕球の仕方が素晴らしかったと思うのですが、何か練習をしていたのですか

SummerCupくらいから急にできるようになって、その代わりに音が出なくなりました。元々出ないんですけど。音も出してかつキャッチングも合ったら嬉しいなという風に思います。今ピークですよ。定期的にいい音を鳴らせるように頑張ります。

――打順が8番から2番に移りましたが、何か変化はありましたか

調子は良かったはずですが、言い訳になっちゃいますけど雨で練習ができなくて打てなかったということだと思います。だから1週間後仕切り直しで頑張ります。

――やっぱり足場が悪かったですよね

そうですね。踏ん張れなかったです。でも言い訳しても仕方ないし、その中で打っている選手もいるので、足場が悪かったという言い訳はできないです。

――次戦に向けて意気込みをお願いします

関東大会では悔しい負け方をした相手なので、何としてもどんな形でも勝ちたいです。あと2連勝すれば優勝なので、まずは目の前の法政にリベンジという思いで倒せたらいいなと思います。

田中爽稀(法3=神奈川・柏陽)

――今日の試合を振り返っていかがですか

厳しい場面で出て、やはりピンチも多い中で最低限の仕事はできたかなと思います。

――ご自身の投球を振り返っていかがでしたか

100点とまではいかないですけど、及第点で、かつそれなりにスピードは出ていて調子が良かった部分もあるので、それでよく抑えられたかなと思います。

――途中からの登板でしたが、清水(佑樹、スポ3=早稲田佐賀)選手、金田(歩、商4=東京・早実)選手の投球をどのように見ていましたか

金田さんは、いつも通り淡々と自身の仕事をされていて、僕はそれに続かなければという気持ちでした。清水は良い球がいっていたと思うんですけど、次はもうちょっと長いイニングを投げてくれるのではないかなと思います。

――5回の登板と長丁場でしたが、何か心がけましたか

去年の春リーグと全日本の予選で5イニング、6イニングとかのロングリリーフをやっているので、それと同じような心がけでとにかく先頭バッターに気をつけて気を抜かないように、そこだけ意識してやりました。

――ノーアウト満塁というピンチを乗り切りましたが、振り返っていかがでしたか

確かあの時9番、1番、2番という最初ピッチャーで、1番2番もその前にも抑えていたと思うので、打順がすごい良く、危機感はありましが、そこまでやばいなという感じはなくて、しっかり自分のピッチングができれば0点に抑えられるなと思って投げていました。

渡部椋雅(商3=神奈川・桐光学園)

――今日の試合を振り返っていかがですか

ミーティングでもあったんですけど、全員でいい所で打ったりとか守るとこ守ったりできたので、(全員で)勝つことができたということを表した試合だったのかなって思います。

――途中出場でしたが、ベンチではどのように試合を見ていましたか

どこかしらでは絶対に出番があるというのは言われて、準備はしていたので、声は出す反面、そういうところで遅れをとらないようにという感じでした。

――勝ち越しの場面での安打を振り返っていかがですか

アウトカウントもそうですけど後ろに関口(柊、スポ3=東京・穎明館)が来るのはわかっていたので、そこは信じて、自分が返そうというよりはなんとかして出ようかなと思っていた結果ですね。

――本塁打が出ましたが振り返っていかがですか

あの時も正直前回の慶應戦でランナーがいるところを返しきれなかったというところがとてもネックだったんですけど、1打席目でどんな形であれ返すことができたのは自分の中で自信になっていて、そこで(2打席目で)思い切り振った結果(の本塁打)なので嬉しいです。

――慶應戦から改善した点や心がけた点はありますか

Bチームの練習などに参加させてもらって場数を増やして、とにかく量をこなして、悪いところを直すという感じでした。

――次戦に向けて意気込みをお願いします

自分の課題、課されたことをやるだけだと思っていて、とにかく勝って優勝の架け橋というか、優勝につながるように頑張りたいと思います。