メニュー

ソフトボール部

2020.09.24

第52回東京都大学連盟秋季リーグ戦 9月21日 東京富士大日高グラウンド

『全員ソフトボール』で価値ある1勝!インカレ代替大会の出場を決める

東京都大学連盟秋季リーグ戦
早 大
国士舘大
投手…伊藤、〇田中-渡邊
◇(二塁打)なし ◇(三塁打)なし ◇(本塁打)なし

 東京都大学連盟秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)最終日の第1戦。勝利すれば、秋季リーグ戦3位以上とインカレ代替大会の出場権が確定する大事な一戦である。試合は1回、早大は押し出しの四球で先制。5回には堀奈々美主将(スポ4=千葉経大付)の2点適時打で貴重な追加点を取る。投げては伊藤・田中の継投でそれぞれが最少失点に抑え、逃げ勝った。

 1回、先頭の高美優(スポ1=福岡中央)が相手の失策で出塁。2番・井田菜摘(スポ2=群馬・健大高崎)が単打を打ち、続く渡邊佳子(スポ2=東京・学習院女子)がバントを決めてチャンスを作った。ここで相手投手が制球を乱し、2者連続の四球で押し出しの1点を先制する。その裏、先発の伊藤貴世美(スポ4=千葉経大付)が、セーフティーバントと二塁打で1点を失い同点に追いつかれるものの、2回一死満塁の場面でセカンドゴロの間に反町結佳(スポ2=愛知・瑞陵)が生還し、早大が再びリードを奪った。

2点適時打を打ち、一塁上でガッツポーズをする堀

 4回、相手の2四球と失策で二死満塁の好機が舞い込む。ここで打席に向かったのは堀。見事初球を狙い打ち、センター前への2点適時打を打った。貴重な追加点を奪った早大はその裏、エースの伊藤から今大会初の登板である田中彩絵(スポ2=福岡・三瀦)にスイッチ。二死一塁で迎えた6番・亀井(国士舘大)の打席で一塁走者に盗塁を決められ、さらに亀井の右中間への適時打で生還を許す。7回にも球が高めに浮き、単打と2四球で二死満塁のピンチを迎える。しかし、最後は中飛でなんとかアウトをとり、ゲームセット。早大は2点差を守り切り、勝利を収めた。

4回を最少失点で乗り切った田中

 試合後半、堀の適時打などで点差を確保した早大は「後輩を全員だす」(堀)という目標通り、ここまで出場していなかった下級生全員が打席に立つことができた。その中で根井望(スポ1=東京・吉祥女子)は公式戦初安打と盗塁を決め、アピールに成功。得点には結びつかなかったものの、下級生が出場機会を得て経験を積むことが出来たのはチームにとって大きい。さらにこの試合に勝ったことでインカレ代替大会への出場が確定し、5人の4年生の引退試合となる第2戦目に良い形で繋げることが出来た。4年生の引退を前に、頼もしさを見せた下級生の活躍。早大ソフトボール部女子部のこれからが楽しみだ。

(記事 新井万里奈、写真 長村光、手代木慶)

※掲載が遅れてしまい大変申し訳ございません。

※4年生のコメントは後程記事として掲載いたします。