メニュー

ハンドボール部

2020.09.20

関東学生秋季リーグ 9月20日 東京女子体育大学

悔しさ残る3連敗 我慢の戦いが続く

 秋季リーグ2連勝と波に乗る昨年秋季リーグ2位の東海大と今季初勝利を狙う早稲田の対戦となったこの試合。序盤は両チーム比較的静かな立ち上がりとなったが、東海大の速攻や強力なフローター陣のシュートで徐々に早稲田は置いていかれていく。江連織圭(スポ2=千葉・昭和学院)のビックセーブなどでなんとか食らいつくも、足を使った勢いのある攻撃に押し込まれ、前半終了時点で9点ビハインドと試合を制圧された。後半に入っても、開始から4連続失点を喫するなど東海大のペース。相手の退場も相まって前半よりは流れを抑えたものの、終わってみれば12点差の大敗。この試合で秋季リーグ3連敗となった。

 東海大のスローオフで始まったこの試合。いきなり右サイドからフリーシュートを許すも、ここは秋季リーグ開幕からゴールを守る江連の好セーブで事なきを得る。その後、先制点を許したが、衣川直緒(社4=愛知・星城)のカットインから早稲田がこの試合初めての得点を挙げた。しかし、パスカットを頻繁に狙ってくる相手DFに困惑したか、中々思うように得点を挙げることができない。そのうちに速攻による失点で徐々に点差が離れていく。20分過ぎに、村上楓(スポ1=福岡・明光学園)が二度のペナルティスローを獲得するなどセットオフェンスからなんとか風穴を開けようと試みたが、得点とはならず。まもなく、交代して出場していた川村夏希(スポ1=東京・佼成学園女)が連続してビックセーブを見せ、波打ち際で相手の猛攻を防いだ。だが、相手のDFを崩し切ることができず、逆速攻で失点を重ねて7-16の大差で前半を折り返す。 

サイドシュートを放つ衣川直

 後半開始間もなく、4連続失点を喫すると東海大ベンチの盛り上がりは最高潮に。しかし、衣川直のサイドシュート、山根萌(スポ4=千葉・昭和学院)が獲得したペナルティスローでの吉田瑞萌(スポ4=東京・佼成学園女)の得点とここから反撃の機運が高まる。12分過ぎには村上が、試合後に「通用する部分」と話した持ち前のスピードを生かした一対一で相手を抜き去り、得点を挙げながら相手を退場させると早稲田に風が吹き始めた。そこから、衣川紗菜(スポ4=愛知・旭丘)の巧みなサイドシュート、阿部美幸(スポ3=東京・佼成学園女)のペナルティスロー、紅林詩乃(スポ3=東京・佼成学園女)のポストシュートと3連続で得点を挙げる。直後、相手にペナルティスローによる得点を与えてしまい、流れを活かしきれなかった。終盤に良い形で吉田による2得点が生まれるものの、ほぼ同時に試合終了のブザーが鳴る。待望の初勝利とはならなかった。

相手DFに強気に向かっていった村上

 今回の負けで秋季リーグ3連敗となってしまった早稲田。執拗にパスカットを狙ってくる相手DFをかわし切れず逆速攻を食らうという課題を露呈してしまったが、フローター陣の調子が戻ってきたように見えるのは好材料か。次戦の相手は昨年の秋季リーグで優勝している女王・東京女子体育大学。「3試合悪い流れが続いてきて、チームとしてもここで流れを断ち切らないといけない」と衣川直が語るように何としても連敗を止めたいところ。厳しい戦いとなることが予想されるが、意地を見せ女王・東京女子体育大学から初勝利をもぎ取り、晴れやかな笑顔を見せてほしい。 

(記事、写真 杉原優人)

関東学生秋季リーグ
早大 17 7-16
10-13
29 東海大
GK 江連織圭(スポ2=千葉・昭和学院)
LW 佐藤優花(スポ2=東京・佼成学園女)
LB 吉田瑞萌(スポ4=東京・佼成学園女)
PV 紅林詩乃(スポ3=東京・佼成学園女)
CB 村上楓(スポ1=福岡・明光学園)
RB 阿部美幸(スポ3=東京・佼成学園女)
RW 衣川直緒(社4=愛知・星城)
コメント

衣川直緒(社4=愛知・星城)

――きょうの試合の感想は

きょうの試合も昨日の試合もこの連戦はチームとして勝って次に繋げようとみんなで思ってやっていたので自分たちのやるべき事をやりきれなくて、勝ちに繋げられなくてすごく悔しいという思いが一番大きいです。

――今回の敗因や修正すべきだった点は

きょうの相手はDFから速攻が速いチームだったので、OFのミスからの逆速攻の失点をできるだけ減らして、セットOFを決めきってセットDFまで持っていこうという風にチームで話していたのですが、それを相手のしたいように、OFで自分たちがミスして逆速攻で走られてという展開で、チームとしてやろうとしていた事ができず、相手のしたいようにやられてしまった所が敗因の一つかなと思います。

――逆に良かった点は

良かった所は……後半の最後の吉田瑞萌が2本連続で決めたところがあったのですが、ああいうプレーをもっともっとやろうと話していたので、あのプレー自体は良かったけれど、あれが前半からできていたら、もっとOFでスムーズに攻められていたかなと思います。ああいったアウトのカットインとか、チャージになったりもしたんですけど、飛び込んだ所は良かったのかなと思います。

――個人として修正していきたいところは

昨年は4年生の先輩がいて、4年生の先輩が決めてくれて、引っ張ってもらう立場だったけど、今年は自分が点を決めて、自分がチームを引っ張っていかなきゃいけないのに、昨年よりシュートチャンスも多い分、もっと点を取らなきゃいけないのに、外して試合の中で修正しきれなかった所が3試合通して自分の反省なので、シュートチャンスが多い分、キーパーに合わせて試合の中で一本外しても修正して、チームに得点として貢献できるように修正していきたいなと思います。

――今後のリーグ戦で見せたいプレーは

自分としては速攻走ってというのが武器になってくるので、DFで守って速攻に走ってノーマークで決める所をもっと確実に決めていきたいなというのと、チームとしてはセットDFは守る力はあると思うので、守って速攻の繋ぎがどうしても上手くいかないので、そこで皆がボールをもらいにいって繋いで速攻で点を取る所を見せられたらいいかなと思います。

――次戦の意気込みをお願いします

3試合悪い雰囲気が続いてきて、チームとしてもここで流れを断ち切らないといけないと思うので、もう一回皆で何をするべきなのかを意思統一して、次の試合に向けて直すべき所は直して全員で戦えるように準備して行きたいなと思います。

村上楓(スポ1=福岡・明光学園)

――きょうの試合の感想は

きょうも昨日の試合もなんですけど、勝っていい流れを作りたかったのですが、途中からどんどん流れが悪くなってしまって、負けという結果に終わってしまったので、そこが自分としてもチームとしても悔しかったです。

――相手DFの印象は

相手は結構前に出てきてカットを狙ってきたりとか、動いてくるDFだったので、パスで逃げるのではなく、そこでしっかり一対一に行った所はしっかりペナルティー取れたりとか得点に繋げられた部分はあったんですけど、相手が出てくるのに対してパスで上手く繋ごうとした所は、相手の思う壷になってしまって、パスカットされて速攻などの悪い流れになってしまっていたので、もう少し相手の動いてくるDFに対してしっかり判断したりとか、足を止めずにOFしないといけなかったんですけど、そこを相手の思うようにやられてしまったなという印象があります。

――ここまで3試合で得た手応えまたは課題は

やっぱり大学生との試合は高校の時と違って、フィジカル面で負けてるなと思う部分があるのですが、スピードとかでは自分でも通用する部分があるなというのも、そこは手応えを感じることができているので、もう少しフィジカルを鍛えて当たり負けしないような体作りもこれからしていかないといけないなと思ったのと、スピードはこれからも自分の長所でもあるので、そこはしっかり磨いていきたいなと思います。

――次戦の意気込みをお願いします

次は関東の中でもすごく強い相手と戦うことになるので、最初から弱腰でいってしまうと、また悪い流れを断ち切れないと思うので、しっかりこの一週間皆で士気を高めて練習して、ここで1勝して、リーグ後半に良い流れで繋げられるような試合にしたいなと思います。