メニュー

水泳部

2020.09.18

第96回日本学生選手権 9月17~19日 神奈川・横浜国際プール

絶対王者に押し切られ準決勝敗退

TEAM 1P 2P 3P 4P
日体大 16
早大 10
▽得点者
都田5、田中3、樋爪、土橋(奏)

 午前中に行われた準々決勝で宿敵・慶大を下し、午後の準決勝に駒を進めた早大の相手は、日本学生選手権(インカレ)22連覇中の日体大。四半世紀近く学生王者の座を守り続け、日本選手権でも上位に食いこむ強豪だ。注目はルーキーの都田楓我(スポ1=鹿児島南)。準々決勝で大会初ゴールを挙げた勢いのまま、王者の壁を崩すことができるのか。試合は、第1ピリオドから泳力のある日体大が運動量と高さのあるシュートで一気にリードする展開。早大は攻撃陣が日体大の素早く厳しい寄せに苦しみ、得点が重ねられない。第3ピリオドは3-1とリードするなど攻守ともに立て直したが、逃げ切られ10-16で敗戦。3位決定戦に回ることとなった。

 相手ボールから始まった第1ピリオド。早大は最初の守備では素早い寄せで相手の攻撃を防いだ。しかし開始2分でファウルからペナルティ―スローを与え、先制される。その後約30秒で一気に2点を奪われ3点のリードを許してしまう。日体大はロングボールで一気に攻め上がり、高さと威力のあるシュートでゴールを奪っていった。早大は終盤にも短い時間で複数得点を許し、第1ピリオドだけで8失点。攻撃陣は注目の都田が2点を挙げるもエースで今大会6得点を挙げている田中要(スポ4=埼玉・秀明英光)準々決勝同様に厳しいマークにあい、なかなか反撃できず、2-8で第1ピリオドを終えた。第2ピリオドも序盤に3点を失い、早大は苦境に立たされる。そんな中、開始3分に田中がこの試合初得点。相手ディフェンスの背後を取り、落ち着いてゴールに沈めた。その後は互いに点を取り合い、5-13で前半を折り返した。

5得点を挙げたルーキーの都田

 エンドが変わった後半、ゴールキーパーの谷健太朗(スポ2=東京・明大中野)を中心とした守備陣が日体大の攻撃に対応し始める。第3ピリオドは都田と田中のゴールで2点をリードすると、谷がナイスセーブを見せた。その後1点を失うものの、日体大に自由な攻撃を許さず残り2分で都田がさらに1点を挙げる。第3ピリオドを終えて8-14と点差を詰めた。最終の第4ピリオド、両チームとも1日2試合のハードスケジュールの中で疲れからパスがつながらなくなり、ロングボールに頼る展開に。開始3分で樋爪(スポ3=埼玉栄)が、5分で田中がそれぞれゴールを奪うが、日体大のルーキー・渡邊太陽(1年)に2得点を許してしまう。結局、後半は善戦したものの、第1ピリオドの大量失点が響き、10-16で敗北を喫した。

今大会、好セーブで何度もチームを救っている谷

 早大の都田、日体大の渡邊とルーキーがそれぞれ5得点でチーム最多得点の活躍を見せたこの試合。日体大の激しい守備が早大を苦しめ、高く威力あるシュートが早大のゴールを襲った。だが後半は、攻守ともに学生王者に引けを取らない奮闘を見せた。明日の3位決定戦の相手は、専大。今大会全試合で二桁得点を挙げるなど、好調な早大攻撃陣がどこまで輝きを放てるかが勝利への鍵となるだろう。気持ちを切り替えて、3位の座をつかみ取る。

(記事 菊池廉、写真 長村光)