メニュー

野球部

2020.09.18

東京六大学合同企画 東京六大学秋季リーグ戦開幕前特集

春はチーム防御率・打率共にリーグ1位 10季ぶりVへ、鍵は主砲の一打/戦力分析

 春は3位に終わったものの、個々の能力の高さを示して今秋の優勝候補に名乗りを上げた早大。充実の戦力を武器に10季ぶりの賜杯奪還を狙う。

 春にチーム防御率0.77という驚異的な数字をたたき出した投手陣が、今秋も早大をけん引する。第1先発はドラフト1位候補左腕・早川隆久主将(スポ4=千葉・木更津総合)だ。春には自己最速の155キロを計測するなど、一段と進化した姿を披露。チームの大黒柱として勝利を呼び込む投球に期待したい。第2先発は徳山壮磨(スポ3=大阪桐蔭)。春は立大戦で1安打完封勝利を収めるなど好投を続け、最優秀防御率とベストナインを獲得した。この2枚看板が試合をつくれば、終盤は山下拓馬(法3=埼玉・早大本庄)柴田迅(社4=東京・早大学院)の『勝利の方程式』が試合を締める。他にも西垣雅矢(スポ3=兵庫・報徳学園)ら経験豊富な選手が複数控えており、寸分の隙も見当たらない。

 一方の打線は春にリーグ1位のチーム打率を記録したものの、好機での『あと一本』が課題となっていた。雪辱を果たしたい今季、キーマンはやはり4番・岩本久重(スポ3=大阪桐蔭)だろう。春は岩本が打点を挙げた3試合は全勝、挙げられなかった2試合は全敗という結果。主砲の一打が持つ重みは大きい。また岩本に好機でつなぐためには、1番・金子銀佑(教=東京・早実)、2番・吉澤一翔副将(スポ=大阪桐蔭)、3番・瀧澤虎太朗副将(スポ=山梨学院)の4年生トリオの活躍が必須だ。ラストイヤーに懸ける思いを結果につなげたい。

 いまだ優勝を経験できていない4年生にとって、今秋が正真正銘のラストチャンス。早大黄金時代の幕を上げるべく、秋の大勝負に挑む。

(記事 池田有輝)

他大学の戦力分析はこちら!



【法大】真夏の神宮を制した戦力は十分 投打共に『和』を見せ、いざ春秋連覇へ!/スポーツ法政新聞会

【慶大】8季連続勝ち点4からの脱却へ 全員野球で勝利をつかめ 秋季リーグ戦戦力分析/慶應スポーツ新聞会

【立大】COMING SOON

【明大】入江、竹田の先発2枚は強力 清水風、公家ら打線の軸が機能するか/明大スポーツ新聞部

【東大】投打一丸の野球で井手監督体制初勝利を/東京大学新聞社