メニュー

野球部

2020.08.12

東京六大学春季リーグ戦 8月12日 神宮球場

徳山、拙守拙攻に泣く 痛い逆転負けで優勝戦線から1歩後退/法大戦

TEAM 10
早 大
法 大 1x
(早)徳山、山下、●柴田―岩本
◇(二塁打)中川卓

 2日前の明大戦では5ー1と快勝し、幸先のよいスタートを切った早大。開幕2連勝を目指し、この日は法大と対戦した。試合は先発・徳山壮磨(スポ3=大阪桐蔭)が好投しスコアボードに0を並べると、打線は6回に鈴木萌斗(スポ3=栃木・作新学院)の適時打で先制に成功。しかし7回に適時失策で同点とされ、試合は東京六大学リーグ戦(リーグ戦)史上初の延長タイブレークへともつれ込んだ。10回、打線が走者を生かせず無得点に終わると、その裏抑えの柴田迅(社4=東京・早大学院)が中犠飛を許して万事休す。悔しい逆転負けを喫し、優勝戦線から1歩後退してしまった。

早大先発の徳山

 直近のオープン戦では調子が上がらず、「本来の投球とはかけ離れていた」(小宮山悟監督、平2教卒=千葉・芝浦工大柏)という徳山。しかしこの日は一転、素晴らしい投球で試合をつくった。初回は連続三振を奪うなどして快調な滑り出しを見せると、2回、3回には得点圏に走者を背負うものの後続をきっちりと打ち取る。4回、5回は金子銀佑(教4=東京・早実)の好守備などもあって三者凡退に打ち取り、味方の援護を待った。一方の打線は序盤から走者を出し、初回2死三塁、3回2死一、二塁、4回1死一、三塁と立て続けに好機を迎える。しかしいずれの回にも『あと一本』を出すことができず、0-0のまま試合を折り返した。

6回に先制の適時打を放つ鈴木萌。ライブ配信サイトのアナウンサーがこれを「もえもえもえとのキュンキュンタイムリー!」と表現したことがTwitterなどで話題となった

 後半に入って6回、ようやく早大が均衡を破る。1死から岩本久重(スポ3=大阪桐蔭)が左前打で出塁すると、2死後に吉澤一翔副将(スポ4=大阪桐蔭)が四球を選んで一、二塁の好機を演出。ここで打席には7番・鈴木萌。2ストライク1ボールと追い込まれて迎えた4球目、外角の変化球にうまく合わせると打球はレフト前に落ち、二塁走者・岩本が一気に生還して先制点を獲得した。さらに7回には安打と2つの四死球で2死満塁の絶好機を迎え、打席には前の試合で2本塁打を放っている蛭間拓哉(スポ2=埼玉・浦和学院)。試合を決める一打に期待がかかったが、ここは空振り三振を喫して追加点を奪うことができなかった。するとその裏、徳山を悪夢が襲う。先頭打者への四球から2死三塁のピンチを招くと、法大8番・大柿廉太郎の打球を遊撃手・熊田任洋(スポ1=愛知・東邦)が痛恨の失策。1-1の同点に追い付かれてしまったのだ。

 8回、早大は2番手としてリーグ戦初登板の山下拓馬(法3=埼玉・早大本庄)をマウンドへ。山下は140キロ台中盤の直球にスライダー、チェンジアップを効果的に組み合わせ、法大打線を寄せ付けない圧巻の投球を見せる。8回2死から9回にかけては4者連続三振を奪い、神宮球場の観客をうならせた。しかし打線は8回、9回ともに走者を出しながらも得点を奪えず、試合はリーグ戦史上初のタイブレークへともつれ込んだ。無死一、二塁から始まる延長10回、早大先頭・岩本は犠打を試みるも2球続けて失敗し、2ストライクに追い込まれてしまう。作戦をヒッティングに切り替えて迎えた6球目、打ち損じた打球は三塁方向へのゴロに。これが5-4-3とわたり、まさかの併殺打になってしまった。続く蛭間も三ゴロに倒れ、早大は無得点で攻撃を終了する。するとその裏、3番手・柴田が内野ゴロと申告敬遠で1死満塁とされ、最後は途中出場の神野太樹に中犠飛を許してゲームセット。拙守拙攻が響き、1-2でサヨナラ負けを喫した。

10回無死一、二塁で併殺打に倒れ、悔しい表情の岩本

 「押し気味だっただけに、中盤以降あと一本出ていれば」(小宮山監督)。打線が機能した明大戦とは一転、点が入りそうで入らない歯がゆい展開となったこの日の試合。投手陣が踏ん張っていただけに、野手陣には次戦以降の奮起が求められるだろう。これで1勝1敗となり、優勝戦線からは1歩後退。9季ぶりの賜杯奪還のためには、残り3試合(東大、慶大、立大)に全勝した上で法大が残り3試合(明大、慶大、立大)で2敗する必要がある。ただ、「戦い方は変わらない」と小宮山監督は話す。「集中して一球一球自分たちのできることを確実にこなすということを究極の目標にしている」(小宮山監督)。早大らしい『基本に忠実な野球』を体現し、一つ一つ勝利を積み重ねていきたい。

(記事、写真 池田有輝)

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前 10
(二) 金子銀佑 0 .444 右安   右直   遊ゴ   中安   左飛  
2 (三) 中川卓也 3 1 0 .286 投犠   四球   三振   三振   右2  
(左) 瀧澤虎太朗 4 0 0 .125 中飛   遊ゴ     二ゴ 死球   左飛  
(捕) 岩本久重 4 1 0 .375 三ゴ     三振   左安 四球     三併
(右) 蛭間拓哉 4 0 0 .375   中飛   四球   三振 三振     三ゴ
6 (一) 吉澤一翔 3 1 0 .143   遊邪   中安   四球   三ゴ    
7 (中) 鈴木萌斗 4 2 1 .375   左飛   三振   左安   右安    
8 (投) 徳山壮磨 3 0 0 .000     三振 三振   右飛        
  丸山壮史 1 0 0 .000               二ゴ    
  山下拓馬 0 0 0 .—                    
  柴田迅 0 0 0 .—                    
9 (遊) 熊田任洋 3 0 0 .167     四球   左飛   右飛   中飛  
早大投手成績
名前
徳山壮磨 1 0 0 7 5 1 6 0 1 0.00
山下拓馬 1 0 0 2 0 0 4 0 0 0.00
柴田迅 1 0 1 2/3 0 1 0 0 1 0.00
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   慶 大 法 大 早 大 立 大 明 大 東 大 勝率
慶 大     ◯6-4   ◯5x-4 1.00
法 大   ◯2x-1     ◯6-3 1.00
早 大   ●1-2x   ◯5-1   .500
立 大 ●4-6     ◯4-3   .500
明 大     ●1-5 ●3-4   .000
東 大 ●4-5x ●3-6       .000
関連記事

「早川さんのために打ってきます!」 蛭間の有言実行弾で開幕白星発進!/明大戦(08/10)

コメント

小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)

――今日の試合を全体的に振り返っていかがでしょうか

徳山(壮磨、スポ3=大阪桐蔭)がよく踏ん張ってしのいでくれていたところ、どうしてもチャンスであと一本が出なかったという試合なので、ストレスの溜まるような試合になりました。押し気味だっただけに、中盤以降あと一本出ていればという試合ですね。

――徳山投手の投球内容について、具体的に振り返っていかがでしょうか

オープン戦では正直彼本来の投球とはかけ離れていたので心配していたのですが、いざ神宮のマウンドに立ったら本当に素晴らしいピッチングをしてくれました。オープン戦のいろいろな反省を生かしたピッチングができたので、十分すぎるくらい、素晴らしい内容だったと思います。

――救援した山下拓馬投手(法3=埼玉・早大本庄)も好投しましたがいかがでしょうか

山下に関してはあれくらいのピッチングができると思っていますので特に驚きはありません。ですがリーグ戦初登板なので、新人戦で神宮のマウンドを経験しているとはいえ相当な緊張があったと思うのですが、そんな中で本当に素晴らしいピッチング内容だったと思います。

――打線にあと一本が出なかったというお話がありましたが、延長10回にはタイブレークで無得点に終わりました。振り返っていかがですか

下の方の打順であれば(追い込まれても)送りバントをしてということなんでしょうけど、岩本(久重、スポ3=大阪桐蔭)だったのでね。我々のチームの4番バッターなので、ただで送るのはもったいないという気持ちがあったので2ストライクから強攻に出たのですが、こればかりは巡りあわせなのでね。タイブレークになる前にたくさんあったチャンスをものにできなかったということで、だからこそ打順の巡りあわせになってしまったと思っています。確実に送らないといけないところは送らせなきゃいけないし、スコアリングポジションにいた時のバッティングをもう少し変えていかないと残塁の山を築くことになりますね。

――最後に明日以降の戦いに向けて一言お願いします

戦い方は変わらないですよ。とにかく集中して一球一球自分たちのできることをしっかりと確実にこなすということを究極の目標にしていますので。今日のゲームでも1-1でタイブレークになっていますけど、やらなくてもいいような1点であったし、1点しか奪えなかったというところが大いに反省しなければならないところですし。そういったところを一つ一つ潰していって、最後いいかたちで終わるというつもりでいますので、もう一度明日の試合に気持ちをフラットにして臨みたいと思います。

※今季は各試合につき1人ずつ電話取材を行い、コメントを掲載いたします