メニュー

野球部

2020.08.10

東京六大学春季リーグ戦 8月10日 神宮球場

「早川さんのために打ってきます!」 蛭間の有言実行弾で開幕白星発進!/明大戦

TEAM
明 大
早 大
(早)○早川―岩本
◇(二塁打)岩本、瀧澤(本塁打)蛭間1号2ラン(6回)、2号ソロ(8回)

 「早川さんのために打ってきます!」。そう張り切った蛭間拓哉(スポ2=埼玉・浦和学院)は、6回無死一、三塁の絶好機で打席へ。2ストライク1ボールからの4球目、甘く入った直球を打ち返すと、高々と上がった打球は右翼席へと吸い込まれた。「本当に打ってきたので頼もしい後輩だなと思います」(早川隆久主将、スポ4=千葉・木更津総合)。エースの力投に打線が応え、東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)白星スタートを切った。

6回に3ランを放ち、右手を掲げる蛭間

 約4カ月間の延期を経て、ついに開幕を迎えた春季リーグ戦。今季は1試合総当たり制で行われる短期決戦であり、勝率によって順位が決定される。今後に勢いをつけるため是が非でも勝利したい開幕戦、早大は明大と激突した。

 初回、先発の早川は150キロを超える直球を連発すると、3番打者への2球目には自己最速となる155キロを記録。この回を三者凡退に抑えて流れを呼び込むと、その裏リードオフマンの金子銀佑(教4=東京・早実)が中前打で出塁する。その後2つの内野ゴロで2死三塁となり、打席には早大の新たな主砲・岩本久重(スポ3=大阪桐蔭)。初球の変化球を捉えると打球は中堅手の頭上を越え、適時二塁打となって幸先よく1点を先制した。しかし直後の2回、早川は安打と犠打で2死二塁のピンチを招くと、明大7番・ルーキー西川黎に中前適時打を許してしまう。その後は早大のルーキー熊田任洋(スポ1=愛知・東邦)にもリーグ戦初安打が生まれるなど両校走者を出したものの、得点には結びつかず同点のまま前半を終えた。

初回に適時打を放ち、ガッツポーズする岩本

 「自分がふざけて「点欲しいわー」とか言っていたら、ベンチワークでも(蛭間が)「早川さんのために点取るぞ!」とか言い始めて」(早川)。ベンチの雰囲気も良い中で迎えた6回裏、早大は先頭の3番・瀧澤虎太朗(スポ4=山梨学院)がセンター右に二塁打を放つと、岩本も左前打で続いて無死一、三塁の好機をつくる。ここで蛭間が右越えに3ランを放ち、勝ち越しに成功した。援護をもらった早川は、5回以降二塁を踏ませない圧巻の投球を見せる。「初回から球が浮いていたが中盤以降修正できた」(早川)。8回には上位打線から3者連続三振を奪い、完全に試合の流れを掌握した。するとその裏にはまたも蛭間が、今度は右中間にソロ本塁打を放って駄目押しに成功。早川は9回もマウンドに上がると、最後は代打・植田理久都からこの日12個目となる三振を奪ってゲームセット。9回123球の力投で、自身初の完投勝利を挙げた。

自身初の完投勝利を挙げた早川

 投打がかみ合って快勝を収めた早大。早川の好投はもちろんのこと、1番・金子の初回出塁や4番・岩本、5番・蛭間の好機での一打など、各選手がそれぞれの役割をしっかりと果たしたことがこの結果につながったのだろう。次は中1日での法大戦。「この勢いのまま行きたいのはやまやまだが、勢いを勘違いして調子に乗っていると負けてしまう」と早川は気を引き締めた。明日の練習でいい準備をし、開幕2連勝を飾りたい。

(記事、写真 池田有輝)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(二) 金子銀佑 4 2 0 .500 中安   中飛   右安   三振    
2 (三) 中川卓也 4 1 0 .250 遊ゴ   遊ゴ   三振   右安    
(左) 瀧澤虎太朗 4 1 0 .250 一ゴ     投ゴ   中2 左飛    
(捕) 岩本久重 4 2 1 .500 中2     捕邪   左安 三振    
(右) 蛭間拓哉 4 3 4 .750 三振     右安   右本   中本  
6 (一) 吉澤一翔 4 0 0 .000   三振   捕邪   三振   三振  
7 (中) 鈴木萌斗 4 1 0 .250   二ゴ     三振 投安   三振  
8 (投) 早川隆久 4 1 0 .250   三振     投ゴ 捕安   二ゴ  
9 (遊) 熊田任洋 3 1 0 .333     二ゴ   右安 二併      
早大投手成績
名前
早川隆久 1 1 0 9 6 1 12 1 1 1.00
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   慶 大 早 大 法 大 立 大 明 大 東 大 勝率
慶 大         ◯5x-4 1 1.00
早 大       ◯5-1   1.00
法 大          
立 大          
明 大   ●1-5       .000
東 大 ●4-5x         .000
コメント

早川隆久主将(スポ4=千葉・木更津総合)

――今日の試合をざっくりと振り返っていかがですか

いいかたちで終われたので、初戦にふさわしいというか、勢いに乗りやすい試合だったのではないかと思います。

――初回には自己最速の155キロを記録しましたが、調子はいかがでしたか

この日に向けてしっかり調整したのが成果として出たのかなと思っています。

――155キロが出た際にはスクリーンなどで確認されましたか

いや、あまり手応え的にも思い切り投げたという感覚ではなかったので(確認していません)。試合を通していくうちに確認したら出ていたという感じです。

――ストレートが走っているという実感はありましたか

オープン戦中と変わらずいつも通りの感覚で投げていたので、そういう面でも良かったです。普段通り投げた結果が出たというか、調子自体はあまりオープン戦と変わっていないかなという感じでいます。

――2回に明大・西川選手に適時打を浴びましたが振り返っていかがですか

初回から球が浮いていたので、浮いていたのが自分としては良くなかったなというのを試合中に反省できたので、そういう面では良かったかなと思います。

――具体的に何回くらいから修正できましたか

5回くらいですね。中盤になってやっと変化球も低めに集められるようになりましたし、真っすぐ自体も低めに集まるようになってきたので。

――適時打を浴びたのは球が高かったからということですね

そうですね、変化球も真っすぐも高かったので、バッターの目線が高めにあった分真っすぐも当てられたのかなと思います。

――東京六大学リーグ戦での初完投となりましたがいかがですか

前々から自分が完投しているゲームがなくてやってみたかったので、そういう面では良かったです。また初戦という中で、こういう勢いづけられるようなピッチングをした上で完投できたというのは自分の中でも自信になると思います。

――前回の夏季オープン戦の登板から中5日、この炎天下の中で9回123球を投げ切って疲労感などはいかがですか

今終わってみてあまり感じていないですが、明日とか今日の夜になったらどっとくるのかなというのはあります。

――打球が当たった右足は大丈夫でしょうか

いや、痛いです(笑)。

――他に反省点や収穫はありましたか

適応力は重要だなと感じました。マウンドの傾斜が急になっていて、別にマウンドが悪いわけではないのですが、それにしっかり対応していかないとボールがばらつきやすいなというのは感じました。そういう面では対応能力が重要かなと思いましたし、修正ももう少し早い段階でできたと思うので、修正をしっかりやっていければなと思っています。

――蛭間拓哉選手(スポ2=埼玉・浦和学院)が2打席連続本塁打を放ちましたが、ベンチから見ていていかがでしたか

自分がベンチ裏で「援護頼むわー」ってふざけて言っていたら、蛭間が「早川さんのために打ってきます!」とか訳の分からないことを言っていて(笑)。そしたら本当に打ってきたので、頼もしい後輩だなと思いますね。

――そんなエピソードがあったのですね

そうですね(笑)。自分がふざけて「点ほしいわー」とか言っていたら、ベンチワークでも(蛭間が)「早川さんのために点取るぞ!」とか言い始めて、言っている本人がホームランを打ってきたので頼もしい後輩だなと思います。

――ベンチの雰囲気もいい感じなのですね

そうですね、初回から銀佑(金子、教4=東京・早実)がヒットを打って点を取れたことでいい雰囲気をつくれたのかなと思います。

――最後に法大戦への意気込みをお願いします

この勢いのまま行きたいのはやまやまなのですが、勢いを勘違いして調子に乗ったりとか、地に足が付いていない状態で行ってしまうと負けてしまうので、明日もう1回練習の中で引き締めてしっかり戦っていければと思います。自分が率先して気を引き締めてチームをいい雰囲気にして、勝ちにつなげられればと思います。

※今季は各試合につき1人ずつ電話取材を行い、コメントを掲載いたします