メニュー

準硬式野球部

2020.03.24

関東地区大学選手権 3月24日 上柚木公園野球場

早大無念のサヨナラ負け 前を向いて3位決定戦へ/準決勝 法大戦

TEAM
早大
法大 1☓
(早)●安在、清水―中村
◇(二塁打) ◇(三塁打)新井(4回表)◇(本塁打)渡部(1号ソロ)(2回表)

 悔しい敗戦となった。初回、味方の失策が絡み先制されたが、直後の攻撃で渡部椋雅(商3=神奈川・桐光学園)の本塁打などで試合を振り出しに戻す。そして、4回には下久保尚哉(商3=大阪・早稲田摂陵)の適時打により勝ち越しに成功。その後は先発・安在悠真(人2=早稲田佐賀)が粘投を見せ、追加点を与えない。試合の流れを掌握し、そのまま勝利に持ち込むはずだった。だが8回に法大打線につかまり同点に追いつかれると、9回にはサヨナラ本塁打を許して敗戦。決勝進出まであと一歩届かず、涙をのむ結果となった。

 マウンドには3回戦以来の先発となる安在。先頭打者を四球で歩かせるなど、立ち上がりに苦しむ。さらに、味方の失策が飛び出し、この回2失点。先制点を献上するかたちとなってしまった。同点に追いつきたい早大は直後の攻撃。ここで打席に向かったのは、前試合打撃好調の渡部だ。力強い打球は左翼手の頭上を越えてスタンドへ。この一打がチームに流れを引き寄せた。その後は1番・関の適時打で同点に追いつくと、4回には新井健太(商2=東京・早大学院)、下久保の連打で勝ち越しに成功した。

粘投を見せる安在

 試合の流れに乗った早大。2回以降に調子を上げることができたという安在は安定した投球を見せる。しっかりと腕を振り、直球と変化球を投げ分けて相手打線を抑えることができた。さらに、失策を重ねた守備陣も修正力を見せる。4回1死二塁の場面、右翼手の関大輝(基理3=茨城・江戸川学園取手)はフライを捕ると、見事な中継プレーでタッチアップを阻止した。そして初回に左飛を落球した下久保尚哉(商3=大阪・早稲田摂陵)は、7回に難しいフライを頭からつっこみ捕球する好守備を披露。序盤のミスを払拭する好守で相手打線に追加点を与えない。

 しかし、試合はこのままでは終わらなかった。8回、先頭打者から三塁打を放たれて1点を返されると、その後立て続けに連打を浴びる。ここでマウンドを託されたのは清水佑樹(スポ3=早稲田佐賀)。立ち上がりは制球に苦しみ、1死満塁のピンチに。この窮地の場面で、後続を二ゴロに抑えて得点を与えない。続く打者が放ったボールはピッチャー正面。清水は反応したものの、打球はグラブをはじく。その間に走者が生還。同点に追いつかれた。なおもピンチの場面だが、集中力を切らさず、後続を三振に切って取る。しかし、早大打線は法大の救援陣から得点を奪うことができない。打線の援護がないまま迎えた9回、1死の場面で2番・鎌田航平(法大)が放った痛烈な打球は無情にも右翼スタンドへ飛び込んだ。呆然と立ち尽くし、静まりかえる早大サイド。サヨナラに歓喜する法大ベンチ。『五冠』の夢は、儚く消えていった。

敗戦後に立ちつくす中村と清水

 「チームの雰囲気は全然悪い状態ではなかったです」(中村康祐主将、教4=早稲田佐賀)。ミスで失点を重ねてしまった序盤。初戦から度々見られていた拙守が露呈してしまった。だが、ミスを引きずることなく、その後はしっかり修正をすることができた。さらに、先制されても直後に追いつき、勝ち越すことができた早大。相手救援陣を打ち崩すことこそできなかったが7安打4得点と、打線が機能しなかったわけではない。この敗戦で、今大会での全日本大学選手権(全日)への出場切符をつかむことはできなかった。だが、全日への道が完全に閉ざされたわけではない。今年の早大は厚い投手層、さらには昨日見せたような打線の爆発力を秘めている。敗北はこれからの飛躍のため。今日の悔し涙は、きっと早稲田を高みへ導いてくれるはずだ。まずは明日の3位決定戦。強敵・中大に雪辱を果たし、東京六大学リーグ戦に向けて弾みをつけたいところだ。

(記事 小山亜美、写真 樋本岳、新井万里奈)

 

※記事中の学年は新年度のものです。

コメント

池田訓久監督(昭60教卒=静岡・浜松商)

――今日の試合の流れはいかがでしたか

流れは悪くはなかったです。初回、安在(悠真、人2=早稲田佐賀)が四球を出し、フィルダースチョイスがあってランナーを出しましたが、最少失点でよく切り抜けてくれたとあの時は本当に思っていました。今までのオープン戦ではエラー絡みで失点した時は割と大量点を取られる形が多かったので、そういう意味では今日は良かったと思います。二回表に同点に追いつき、その後さらに勝ち越して流れ的にはうちの野球でした。ベンチの雰囲気も普段通りの良い形でやっていました。しかし、やっぱり野球は落とし穴がありますね。八回、青空の下で打球が見えなかったんですかね。外野で球が一瞬見えなくなるのは良くあることですが。ランナーが三塁まで行って。あの後もピッチャーが安在から清水(佑樹、スポ3=早稲田佐賀)に継投して頑張ってくれたのですけど、やっぱりその前に1点や2点でも追加出来なかったことが敗因の1つかなと思います。

――今日の守備を振り返っていかがですか

うちの悪いところであるエラーでランナーをためて、点を与えるというのがまさにオープン戦の課題でした。それを修正するためにしっかり基本を中心に練習をしなさいという話はしていたのですが。そこはリーグ戦のためにしっかりと積み上げていかなければならないところだと思います。

――今日の攻撃を振り返っていかがですか

石橋(錬、法政大)くんという去年は投げていないピッチャーですが元々良いピッチャーで彼からは点を取れたのですが、その後投げた伏見(颯真、法政大)くんと西村(勇輝、法政大)くんと、やっぱり向こうも選手層がそれなりに厚いので、良いピッチャーが継投されるとなかなか攻略しづらいというのが如実に出てしまいました。流れが悪くないとは言いましたけども、回が進んで拮抗していると先攻だというのも影響して、相手の良いピッチャーの継投に対して思うような攻撃が出来なかったという事だと思います。

――追加点が取れなかったこと以外に敗因はありますか

ミスが出るというところは非常に大きいと思います。野球はミスがつきもののスポーツなので、ある程度そこを踏まえながら勝っていかなくてはならないですが。

――課題はそこですか

そうですね。ミスをできるだけ少なくし、好投手が継投してきた時にどう攻略するかだと思います。

中村康祐(教4=早稲田佐賀)

――今日の試合を振り返っていかがですか

やれることは全部やったのかな、という試合だったのですが、最後にあのような形で追いつかれて、サヨナラされたということは、何か法大に負けてた部分があると思います。それが何かはわからないのですが、明日しっかり勝って、リーグ戦まで時間がある中で、気持ちを切り替えてチーム状態を上げていければ、いいかなと思います。

――この試合に向け、チームではどのように臨まれましたか

きのう、あれだけ打てていた中で、大振りなど欲を出すのではなく、しっかりと自分たちのするべきこと、例えば強く低い打球を打つことや、エラーを引きずらないことなど、1つ1つできていたので、気負うことなく臨めていたと思います。チームの雰囲気も全然悪い状態ではなかったです。

――我慢の展開が続いたときもありました

点を取られた後すぐ、同点に持っていけて、2イニング後には逆転できたので、いい試合運びだったと思います。欲を言えば、4回以降、追加点を取っていれば、勝てたのかなと。どうなったかわからないですけれども、中盤の追加点があれば、違った結果になったのかなと、思います。

――本塁打で、ゲームは終わってしまいました

逆球ではあったのですが、全然悪い球ではなかったです。仕方ないと思えるくらいでした。清水(佑樹、スポ3=早稲田佐賀)も8回はよく同点までで抑えてくれていました。安在(悠真、人2=早稲田佐賀)もあれだけずっといいピッチングをしてくれていたので、本当にできることはすべてやっていたと思います。それで逆に負けたので、すごく悔しいということが、一番の感想ですね

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

引きずっていても、いいことはないので、全日(の出場権)が完全に消えてしまったわけではないですし、明日は勝って、関東3位の称号を得たいです。そこからリーグ戦で勝ち続けていければ、いいかなと思います。

渡部椋雅(商3=神奈川・桐光学園)

――今日の試合を振り返っていかがですか

接戦になることは想定していたのですが、勝ち切れなかったのでとても悔しいです。

――敗因はどのようなところでしたか

ミスが出てしまい、点につながってしまったところが大きいです。自分も捕れるボールを捕ることが出来なかったので。ミスが大きな敗因の一つだと思います。

――後ろに逸らしてしまったプレーがありましたが、ボールを見失ってしまいましたか

そうですね。見えなくなってしまいました。

――バッティングでは本塁打を放たれました。打席を振り返って下さい。

初回に2点取られてしまって流れが悪かったので、出塁することで流れを作ろうと考えていました。その考えが良い結果につながったという感じです。

――球種は何でしたか

スライダーだったと思います。でもあまり打席のことを覚えていません(笑)

――手応えは良かったですか

良かったです。打った瞬間いったかなという感じでした。

――今日の試合の改善点を教えて下さい

ミスをしないようにするということです。僕は外野初心者でやらせてもらっているのですが、試合で任させている以上言い訳は通用しないというのは百も承知ですし、守備はミスなしにしたいです。バッティングはちょっと(監督に)買ってもらっているのかなと感じているので、いい場面で結果を出したいと思います。

――明日の3位決定戦に向けて意気込みをお願いします

今日はしっかりと反省するのですが、反省するのは今日までにして、明日は全員でいい野球をして結果を出したいです。

下久保尚哉(商3=大阪・早稲田摂陵)

――今日の試合を振り返っていかがですか

とにかく負けたってことが一番悔しいですね。自分としては初回ミスをして、初めの方は雰囲気が相手の流れだったのですが、自分が4回表のチャンスで1本を打てて、そのミスは取り返せたかなと思います。

――勝ち越しの安打についてはいかがですか

追い込まれた中で、自分自身少し焦っていたのですが、自分のスイングをして、点を取ろうということを意識しました。

――その時の球種は何でしたか

多分ツーシームだったと思います。

――守備ではミスを払拭したように感じましたがいかがでしたか

ベンチの方から、ミスをしても温かい声があったので、切り替えてプレーして、結果いい形になったと思います。

――敗因は何だと思いますか

集中力ですかね。早稲田は序盤点取れていたのにもかかわらず、終盤1本が打てなかったのに対して、法政は最後の最後まで集中力を保って、その結果点を取れていたので、それが敗因だと思います。

――明日に向けて意気込みをお願いします

今日負けてしまったのは仕方ないことなので、明日は切り替えて、絶対勝って、関東大会3位を目標に頑張っていきたいと思います。

安在悠真(人2=早稲田佐賀)

――本日の試合を振り返って

今日の負けは大差で負ける試合と違う、勝てた試合だったので、チームとしても個人としてもすごい考えさせられる試合でした。

――「調子が悪かった」と話された前回と比べて今日はいかがでしたか

立ち上がりが良くなかったんですけど、途中から、毎試合なんですけど2回から良くなったので、何とか頑張ってかわせたらなと思ってました

――試合を通しての流れは

最初ノーヒットで2点取られて、周りからは初回だから大丈夫と言われていたのですが自分はとても落ち込んでしまって、ただすぐ渡部さんがホームランを打ってくれたりしてすぐ逆転してくれました。自分も立ち直って0点を続けて、展開自体は良かったんですけど、1点差にされてから連打されたというところが反省点です。

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

明日の試合はまだ継投が決まっていないので何とも言えませんが、投げたらもちろん全力で、3位を狙いたいです。投げなかったら次はリーグ戦になるので、与えられた役割を全うできるように頑張って腕を振りたいです。