メニュー

剣道部

2019.12.22

関東女子学生新人戦大会 11月30日 東京武道館

三回戦突破の壁破れず、悔しさ滲む

 関東女子学生新人戦が東京武道館にて行われた。一昨年、去年と3回戦敗退が続き、今年こそはと期待がかかったものの3回戦突破の壁を破ることはできず、悔しい結果となった。

 1回戦の十文字女子大戦では、先鋒の鈴木りさ(社2=静岡・盤田西)が試合開始直後に幸先よくコテを先取。続いて上段から見事なメンを放ち、チームに良い流れをもたらし危なげなく2本勝ちを収めた。後続もその流れに乗り順調に多くの白星を挙げた。2回戦は東京農大と対戦。公式戦初出場のルーキー・松下夏生(スポ1=静岡・盤田西)がメンを立て続けに奪うなど大きな活躍をみせ、2回戦は黒星なしで勝ち進んだ。

積極的な戦いを見せるルーキー松下

 順調に駒を進め、迎えた3回戦では強豪・日体大と対戦。先峰の鈴木は1回戦、2回戦に続き、大健闘を見せるも引き分け。続く、次鋒の佐藤桃佳(社1=山形・左沢)も互角の戦いとなり、決着はつかない。中堅の二神明日美(社2=愛媛・済美)も1回戦、2回戦の良い流れに乗り、剣を激しく戦わせ、熾烈な戦いを見せるもなかなか両者ともに旗が上がらず、引き分け。3連続で引き分けの状態で1年生松下に順番が回ってきた。プレッシャーがかかる中で、2年生相手に積極的に攻め続けるも、上がった手元を狙われ、コテを取られてしまう。一本取らなくては敗北となってしまう状態で大将・浅野円花(社2=岐阜・中京)に勝負の行方が託された。背水の陣で臨んだ大将戦、一歩もひるむことなく攻め込んでいくが相手もすかさず応戦。白熱した戦いが繰り広げられた。しかし、決着がつかないまま3分が経過し日体大の勝利を許した。

激しい戦いを見せる二神

 大将を務めた浅野は「いずれどこかで自分に勝負がかかってくるというのはずっと練習のときから想定していたんですけど、勝ちきれなかったところが1試合目、2試合目でみんなに助けてもらっていた分、3試合目勝てなかったというのが正直悔しいです。」と悔しさを滲ませた。一本を取られた、副将の松下も「緊張したんですけど最後自分の一本で負けてしまったのがすごく悔しいのでこれから頑張っていきたいと思います。」と成長を誓った。新体制初の公式戦、一本の重みを改めて痛感する結果となったがチームワークの良さが光った大会となり、来季に期待したい。

(記事、写真 坂田実咲)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません


結果

1回戦 ○早大2(4)―(2)1十文字大
先鋒 鈴木  コメ―メ   関根

次鋒 佐藤    ✕    山田

中堅 二神  コメ―    大野

副将 松下    ―メ   小沼

大将 浅野    ✕    井坂


2回戦 ○早大3(4)―(0)0東京農大
先鋒 鈴木   メ―    安田

次鋒 佐藤   コ―    立澤

中堅 二神    ✕    角

副将 松下  メメ―    青山

大将 浅野    ✕    角田


3回戦 ●早大0(0)―(1)1日体大
先鋒 鈴木    ✕    上田

次鋒 佐藤    ✕    上野

中堅 二神    ✕    相馬

副将 松下    ―コ   堀谷

大将 浅野    ✕    小川


早大 3回戦敗退

コメント
コメント

浅野円花(社2・岐阜=中京)

――本日の試合をチーム全体として振り返ってみていかがですか?

今日のチームは本当にチームワークが良くて前から流れっていうのをみんなが意識してチームで繋げられたからこそ1試合、2試合目は勝てたのかなと思います。

――新人戦を上級生、大将として迎えていかがでしたか?

いずれどこかで自分に勝負がかかってくるというのはずっと練習のときから想定していたんですけど、勝ちきれなかったところが1試合目、2試合目でみんなに助けてもらっていた分、3試合目勝てなかったというのが正直悔しいです。

――新体制となっていかがですか?

まだ、なってちょっとなんですけどすごく雰囲気も良くて先輩から後輩に対してどうしたらもっと良くなるかをお声掛けしてもらって部の雰囲気がちょっと変わったかなと思います。

――来年度からの目標を教えてください。

今日の悔しさを忘れず、次は関東個人があって、関東団体と続いていくので今日の課題をオフ期間にこの後入ってしまうのですが、オフ期間を有効に使って、部の目標が日本一と早慶戦優勝なのでそれを叶えられるように頑張っていきたいと思います。

二神明日美(社2=愛媛・済美)

――本日の試合、チーム全体を振り返ってみていかがですか

チームワークはとても良くて、試合全体を通して流れはつかめていたかなと思います。でも、最後勝ち切るためにはまだまだチームに課題があると思うので、見つけて直していきたいと思います。

――チーム全体として特に力を入れて練習してきたことは何ですか

足を使って攻めること、後打ちをしっかり打つことの2つに特に力を入れて稽古してきました。

――個人として本大会を振り返ってみていかがですか

チームの真ん中である中堅として、しっかり一本取ってリードの流れを作りたいと思っていたんですけど、最後の試合では特に攻める姿勢が足りていなかったと思います。

――新体制となりましたが、どんなチームを作っていきたいですか

それぞれみんな上位で戦える力は持っていると思うので、それをしっかりチームでつなげて勝てる試合運びができるようになりたいです。

松下夏生(スポ1・静岡=磐田西)

――本日の試合をチーム全体として振り返ってみていかがですか?

チームで仲が良いところが一番いいところでチームワークがあるので試合は全員で戦うことができたと思います。

――初の公式戦出場はいかがでしたか?

緊張したんですけど最後自分の一本で負けてしまったのがすごく悔しいのでこれから頑張っていきたいと思います。

――積極的な剣道が見られましたがいかがでしたか?

自分がチームに貢献してもっと勝っていい結果を残せるようにこれからもっと頑張りたいです。

――本日の試合で何か自分の課題など見つかりましたか?

課題は、すごく見つかったのでこれから直していきたいなと思います。

――これから剣道部でどんな早大剣士になっていきたいですか?

チームが勝っていくために自分が勝ってチームを引っ張っていける存在になっていきたいと思います。