メニュー

バレーボール部

2019.11.28

全日本大学選手権 11月28日 東京・墨田区総合体育館

総力戦で龍谷大に勝利!準々決勝へ弾みをつけた

 全日本大学選手権(全日本インカレ)3日目。ベスト8をかけて早大はきょう春季関西リーグ戦王者である龍谷大と対戦した。フルメンバーではないにもかかわらず第1、2セットと相手を圧倒。続く第3セットは追いつかれる場面もあったが総力戦で勝ち切った。セットカウント3-0(25-13、25-18、25-19)で龍谷大をストレートで下し準々決勝へとコマを進めた。

 『狙う所をしっかり決めていた』上條レイモンド(スポ2=千葉・習志野)の連続サーブが決まり最高のかたちで幕を開けたこの試合。早大の勢いに押され相手もなかなか力を発揮することが出来ない。8-5から宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)がスパイクを決めた直後、アクシデントにより中島明良(法1=京都・洛南)と交代。その中島のブロックや大塚達宣(スポ1=京都・洛南)のパイプなどで得点を決め続けた早大。大差をつけて第1セットを先取した。第2セット、村山豪(スポ3=東京・駿台学園)のクイックで先制点を獲得。5-4の場面から上條のクイック、中村駿介(スポ3=大阪・大塚)のサービスエースを含む3連続得点でさらに龍谷大を突き放す。このままの流れで試合は運ばれ、迎えたセット終盤。第1セット同様にコンビを駆使しながらサイドを多く起用した。22-18から相手のサーブミスで1点獲得すると吉田に代わり村本涼平(法4=京都・洛南)が途中出場を果たした。最後は相手もジャッジミスするほどエンドラインを突くスパイクを中島が決めて25点目。セットを連取した。

上級生としてチームを支え続けた村山

 
 

 第3セット、中島のブロックでまたも早大が先制点を獲得した。2-1から吉田のスパイクや村山のクイックで連続得点。さらに点差を離していくかに思われたが早大はブレークすることが出来ず点差は開かないまま。8-8とジュースの場面で上條のクイックや大塚のスキを突くフェイントを含む2度の連続得点で12-9に。一時は点差が開くも中盤には15-15とまた追いつかれてしまう。ところが大塚のパイプで18点目が入ると流れが早大に傾いた。4連続得点を獲得し一気に21-17となるが連続得点を決められ21-19に。するとすかさず早大はタイムアウトを選択。この転ばぬ先の杖が功を奏したのか一気に4連続得点を取り試合終了。良好な流れであすへとつなげた。

スタメンとしての貫禄が出てきた吉田

 武藤鉄也副将(スポ4=東京・東亜学園)や宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)という主軸の選手が出場していない中で早大は快勝を収めることが出来た。この集大成を示す全日本インカレで『誰が出ても勝てるチーム』を具現化しつつあるのかもしれない。あすベスト4をかけて対戦する相手は福山平成大。去年の全日本インカレ決勝で戦ったチームだ。早大には去年の悔しさを最大限にぶつけてくる相手に前回王者としての貫禄を見せつけて準決勝進出を決めてもらいたい。

(記事 萩原怜那、写真 松谷果林)

セットカウント
早大 25-13
25-18
25-19

龍谷大
スタメン
レフト 吉田悠眞(スポ2=京都・洛南)
レフト 大塚達宣(スポ1=京都・洛南)
センター 上條レイモンド(スポ2=千葉・習志野)
センター 村山豪(スポ3=東京・駿台学園)
ライト 宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)
セッター 中村駿介(スポ3=大阪・大塚)
リベロ 堀江友裕(スポ4=和歌山・開智)
コメント

 

堀江友裕主将(スポ4=和歌山・開智)

――今のお気持ちをお願いします

きょうの試合を勝てたということで良かったです。序盤にアクシデントもありましたが代わりに出た選手が活躍してくれたのでチームとして勝てた良い試合だったと思います。

――3セット目、ジュースになる場面もありました

相手も簡単にあきらめてくれないのでそれでも勝てたということはしっかり自分たちが攻め切ったということだと思います。

――3セット目の終盤にリードしていたにもかかわらずタイムアウトを取っていましたがそれはどういう意図があったのでしょうか

今年のチームはあんまり言いたくないですが、劣勢になるとずるずる(流れが悪いままで)行ってしまう傾向があります。それはきのうもそうだったので監督(松井泰二、平3人卒=千葉・八千代)が早めにタイムアウトを取ろうとしたのだと思います。

――コートに入っている4年生が堀江さんだけでしたが気持ちの面で何か違うところはありましたか

普通にやれば後輩も頼もしいので気にしないことがいいのだとは思っていますがきょうは意識してしまってチームのために何かできないかということを考えすぎてしまいました。

――きょうはチームの雰囲気がとても良い印象でした

やっぱりきのうの反省としてチームで戦えてなかったということがあったのでその反省をきょうは活かせていました。ですがただきのうの反省を活かせただけなのでこれを引き続き継続してやっていけば良いチームになるのではないかと思います。

――あすも戦い慣れていない関西の大学と当たりますが意識することはありますか

やっぱり関東(の大学)とは違うことをやってくるのでデータを各自で頭に入れて臨みたいです。きょうの試合では完ぺきではないですがある程度データを頭に入れて試合をできたのでそのように準備をしていけたら間違いないと思っています。なのでしっかりやっていきたいです。

――あすへの意気込みをお願いします

ちょうどきょうで6試合ある中の半分が終わってここでばてていたらトレーニングの成果は発揮できないと思うのでしっかり自分たちが一番トレーニングしてきたという自信をもってあすの試合に臨みたいです。

上條レイモンド(スポ2=千葉・習志野)

――今のお気持ちを教えてください

ケガのメンバー多い中で、早稲田のチーム力が試される試合でもあったので、とりあえずストレートで勝てて良かったです。

――どのようなお気持ちで試合に臨まれましたか

自分の仕事をするだけだなと思って、他は特に何も考えず、いつも通り臨みました。

――試合開始直後、2連続でサービスエースを放ちました。そのシーン振り返っていかがですか

狙うところをしっかり決めていたので、そこに相手の足を動かす意識でサーブを打てました。2連続で決められて良かったです。

――同じミドルの武藤選手(スポ4=東京・東亜学園)からは試合中に何かアドバイスはありましたか

そうですね、特に自分が前衛の時の相手の攻撃陣や、攻撃の仕方、打ってくる選手のマークの仕方などは、帰るたびにしっかり確認して試合に臨んでいました。

――大事な試合が続きます。明日への意気込みをお願いします

ちょうど半分が終わったとこだと思うのですが、まだこれからも全然あるので、しっかりとした気持ちで臨みたいです。早稲田の3連覇を意識はしてないんですけど、勝つチームをしっかり目指して頑張っていきたいと思います。

吉田悠眞(スポ2=京都・洛南)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうは関西のチームということで自分の知っている選手が多くいました。あと普段やってこないバレーをやってくる分ちょっと楽しみにしていて、結果相手がやりたいバレーをやらせずに勝てたので良かったと思います。

――龍谷大は関西の春リーグの王者ですが、試合をしてみてどのような印象を受けましたか

速いバレーをしてきました。そういうチームに対してサーブを入れるだけになってしまうとやりたいバレーをされてしまうので、サーブで崩してサイドからしか打たせないようにしてブロックで抑えようという目的でやっていたのですが、それがうまくはまりました。

――きょうの調子はいかがでしたか

インカレ全体を通して課題である自分のレセプションはそんなに悪くはないと思っているのでそこを自信にしつつ、攻撃面でももっと活躍できるように残りの試合調子を上げていきたいと思います。

――ここ3試合はスタメンでの出場が続いていますね

涼平(村本、法4=京都・洛南)さんがまだ完全に調子が戻っているわけではないのですがプレーできる状態にはなりました。自分が崩れても涼平さんがいますし、思い切りプレーできる状況ではあるので自分は楽しくプレーさせてもらっています。

――3セット目は競った場面が見受けられましたが、チームではどのような注意や声かけがされましたか

今年のチームのとしては、春リーグなどでも負けているわけではないのに競った展開になるとチームが落ちる傾向がありました。それだけはないようにどんなに接戦になってもチームの雰囲気を上げるような声かけだったり、たとえ自分がミスしても気にしないようにして笑顔で声かけをするようにしていました。

――次戦に向けて意気込みをお願いします

相手がどこであろうと自分たちのプレーをするだけなので、まず自分の役割をもう一度確認してそれを徹底してやっていければいいなと思います。

中島明良(法1=京都・洛南)

――きょうの試合はいかがでしたか

勝てたので、良かったです。(自分のプレーに関しても)いつも通りやるだけだったので、準備してない中ではありましたが、しっかりプレーできて良かったと思います。

――スパイクもたくさん決められていましたね

練習でやっていたので、それが上手いこと試合で生かせました。

――龍谷大との対戦経験は

対戦経験はありました。練習試合もやっていますし、天皇杯(全日本選手権)予選などで対戦した記憶があります。高校生の時ですね。関西なので時間差攻撃が多いのと、攻撃が速いこと、あとはちょっとうるさいところが特徴ですかね(笑)。

――きょうの守備についてはいかかですか

僕は守備について語る力はないので言及は控えますが、ブロックはもうちょっとつけたボールもあったかなも個人的には思います。レシーブはいつも通りダメダメでした。

――あすの相手については

同志社大のほうが知り合いが多いので、やってみたさはあるかもしれないです。僕が出られるかはわからないですが…。健人さん(宮浦、スポ3=熊本・鎮西)やチームが万全な状態でこの先勝っていくために僕が交代要員で必要ならできる限りの準備を頑張りたいです。

――あすに向けて

チームのために、チームの力になれるよう、最大限頑張ります!