メニュー

ラグビー部

2019.11.30

関東大学対抗戦 12月1日 対明大 東京・秩父宮ラグビー場

関東大学対抗戦 明大戦展望

 関東大学対抗戦(対抗戦)でここまで6戦全勝を飾る早大は次戦、同じく全勝で最終戦へと駒を進めた明大と対戦することとなった。早明戦全勝対決。1994年以来、実に25年ぶりとなる。この早明戦に勝利すれば、早大は12年ぶりの対抗戦完全優勝を果たす。世代屈指のプレーヤーたちが集結した両校は実力伯仲。下馬評があてにならない早明戦では、どちらが栄冠を手にしても不思議ではない。覇を争う一戦が、今始まろうとしている。

 

 昨年度、22年ぶりの全国大学選手権(大学選手権)優勝に歓喜した明大フィフティーン。主力を担った選手が多く抜けて始まった今季だが、強さが衰えることはなかった。追われる立場となることで背負わざるを得ない周囲の期待やプレッシャーでさえ追い風へと変え、むしろ日本一を取ったという経験がプレーひとつひとつの選択に対する自信、精神的余裕へとつながり安定感を生み出している。まず、1年時から活躍するフッカー武井日向主将、プロップ安昌豪など『重戦車』と称される強力なFW陣がセットプレーで圧倒。さらにそこを起点として、WTB山村知也、WTB山﨑洋之をはじめとする快足BKが好機を逃さず得点を奪う。今季からSOに転向した山沢京平やFB雲山弘貴のキックによるエリア取り、ゲームマネジメントも光る。理想的なバランスの攻守は、昨季に比べ個々人のフィジカルやフィットネスの強化によりさらに鋭さを増した。対抗戦では、筑波大との開幕戦勝利から始まり、2年連続敗戦を喫していた宿敵・慶大に大勝を収めるなど、勢いに乗っている。

インゴールに飛び込む武井主将(明大)

 一方の早大。強みは何といってもSH齋藤直人主将(スポ4=神奈川・桐蔭学園)、SO岸岡智樹(教4=大阪・東海大仰星)の『最強ハーフ団』率いるタレントぞろいのBK陣だ。加えて今季はFWの成長も著しい。双方の連係により充実したチーム体制ができ上がっている。接戦が予想される次戦で勝負の鍵を握るのは、「ディフェンス」と「FW勝負」だろう。シーズン開幕当初から課題に掲げ取り組んできたディフェンスは、試合を重ねるごとに着実にステップアップし、強みと呼べるほどに成長した。前節の慶大戦でも、「手負いの虎」(相良南海夫監督、平4政経卒=東京・早大学院)となった慶大の力闘により苦戦を強いられたものの、ゴール際での粘り強いディフェンスが功を奏し、トライを許さなかった。しかし、ラックサイドでゲインを切られる場面も散見されたため、隙を逃さず攻め込んでくる明大相手にどこまで修正できるか注目だ。また、FWについても、春シーズン後からスクラムに本格的に注力した結果、強豪にも押し負けない戦力となった。だが相手は『重戦車』を武器とする明大。いかにスクラムで優位に立つかが、強力なBK陣を生かすために重要となる。ブレイクダウンでの攻防も、試合の主導権を握らせないために競り勝ちたいところ。FW勝負を制し、得意とする「展開ラグビー」に持ち込むことができれば、勝機は早大に訪れるはずだ。

ゲームメイクの鍵を握る岸岡

 赤黒と紫紺を身に着けた観客で満員の東京・秩父宮ラグビー場、鳴り響くサポーターのコール、漂う独特の緊張感。両校のプライドをかけた伝統の戦いには、大学ラグビーの魅力がふんだんに詰まっている。ラグビーW杯から1か月。日本中で高まったラグビー熱が次に向かうは12月1日、早明戦だ。未来の日本代表たちの躍動を、見逃すな。

(記事 山口日奈子 写真 千葉洋介、山口日奈子)

      

早大メンバー
背番号 名前 学部学年 出身校
横山 太一 スポ2 東京・国学院久我山
森島 大智 教4 東京・早実
小林 賢太 スポ2 東福岡
三浦 駿平 スポ4 秋田中央
下川 甲嗣 スポ3 福岡・修猷館
大﨑 哲徳 文構2 東京・国学院久我山
幸重 天 文構4 大分舞鶴
丸尾 崇真 文構3 東京・早実
◎齋藤 直人 スポ4 神奈川・桐蔭学園
10 岸岡 智樹 教4 大阪・東海大仰星
11 古賀 由教 スポ3 東福岡
12 中西 亮太朗 商2 東京・早実
13 長田 智希 スポ2 大阪・東海大仰星
14 桑山 淳生 スポ4 鹿児島実
15 河瀬 諒介 スポ2 大阪・東海大仰星
リザーブ
16 宮武 海人 政経2 東京・早大学院
17 久保 優 スポ3 福岡・筑紫
18 阿部 対我 社2 東京・早実
19 中山 匠 教4 東京・成城学園
20 柴田 徹 社4 神奈川・桐蔭学園
21 河村 謙尚 社2 大阪・常翔学園
22 吉村 紘 スポ1 東福岡
23 梅津 友喜 スポ4 岩手・黒沢尻北
※◎はゲームキャプテン、監督は相良南海夫(平4政経卒=東京・早大学院)
関東大学対抗戦Aグループ星取表(11月24日現在)
  帝京大 早大 慶大 明大 筑波大 青学大 日体大 成蹊大
帝京大

●32‐34

11/30 11:30

秩父宮

●17‐40

◯24-22

◯80‐7

◯59‐30

◯78‐7

早大

◯34‐32

◯17‐10

12/1 14:00

秩父宮

◯52‐8

◯92‐0

◯68‐10

◯120‐0

慶大

11/30 11:30

秩父宮

●10‐17

●3‐40

●14‐17

◯35‐3

●27‐30

◯101‐0

明大

〇40‐17

12/1 14:00

秩父宮

◯40‐3

◯59‐33

◯63‐12

◯103‐0

◯139‐5

筑波大

●22-24

●8‐52

◯17‐14

●33‐59

11/30 14:00

江戸川

〇46‐23

◯87‐19

青学大

●7‐80

●0‐92

●3‐35

●12‐63

11/30 14:00

江戸川

●18‐37

〇21‐17

日体大

●30‐59

●10‐68

◯30‐27

●0‐103

●23‐46

◯37‐18

11/30 11:30

江戸川

成蹊大

●7‐78

●0‐120

●0‐101

●5‐139

●19‐87

●17‐21

敷島

11/30 11:30

江戸川

※秩父宮は秩父宮ラグビー場、熊谷および熊谷Bは熊谷ラグビー場、帝京大Gは帝京大学百草園グラウンド、早大Gは早大上井草グラウンド、足利は足利市総合運動公園陸上競技場、江戸川は江戸川区陸上競技場、秋葉台は秋葉台公園球技場、明大Gは明大八幡山グラウンド、菅平は菅平サニアパークM/C、筑波大Gは筑波大つくばグラウンド、敷島は群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場、上柚木は上柚木公園陸上競技場、たつのこFは茨城たつのこフィールド、ケーズデンキはケーズデンキスタジアム水戸、大和は神奈川大和スポーツセンター競技場、駒沢は駒沢オリンピック公園陸上競技場。

 
関東大学対抗戦Aグループ順位表(11月24日現在)
順位 チーム 試合 得点 失点 得失 トライ
早大 6 6 0 0 383 60 323 58
明大 6 6 0 0 444 70 374 66
帝京大 6 4 0 2 290 140 150 44
筑波大 6 3 0 3 213 191 22 32
5 日体大 6 2 0 4 130 321 ‐191 15
5 慶大 6 2 0 4 190 107 83 28
7 青学大 6 1 0 5 61 323 ‐262 8
8 成蹊大 6 0 0 6 65 546 ‐481 7
勝ち数の多い大学を上位とし、勝ち数が並んだ場合は同順位とする。