メニュー

空手部

2019.10.31

関東大学選手権 10月27日 東洋大・総合スポーツセンター

男子団体組手は悔しいベスト8。全日本出場は1種目にとどまる

 全日本大学選手権(全日本)への出場を懸けた戦いである関東大学選手権が、東洋大・総合スポーツセンターで行われた。台風の影響で会場・日程を共に変更して開催された今大会。男子組手はベスト8に入賞したものの、女子組手は勝利を挙げることができず。形も男女ともに予選敗退となり、全国へ駒を進めたのは男子組手のみという悔しい結果となった。

 男子団体形は3年連続の『久留頓破(クルルンファ)』。4年間を共にした佐川開人(商4=埼玉・早大本庄)と鈴木捷太(スポ4=群馬・太田)にとっては、最終学年としての特別な演武となった。今回は、謝勁文(修士2=台湾・第七)をメンバーに加えて臨んだが、3人で一丸となり、気迫のこもった演武を披露した。緊張もあった中で「練習通りできたのであまり悔いはない(鈴木)」と振り返ったが、点数は思うように伸びず。無念の予選敗退となり、全日本の舞台に再び立つことは叶わなかった。また、女子団体形は速さと力強さが特徴の『燕飛(エンピ)』を披露。4年生の猪越優蘭(政経4=埼玉・早大本庄)と永田一紗(スポ4=茨城・水城)に、団体形としては新メンバーの細田悠乃(社3=沖縄・開邦)を加えて臨んだ。3人の強みである技の力強さを活かし、息の合った迫力のある演武を見せる。試合後には4年間で一番まとまりがあったと振り返り、やり切ったという安堵の表情も見られた。しかし、他の強豪校に1歩及ばず予選で敗退。男女共に、全日本への出場権を逃した。

息の合った演武を見せる女子団体形

 女子団体組手の初戦は千葉工業大。早大の先鋒はルーキー土谷菜々子(スポ1=北海道・札幌北)が登場した。序盤は相手に攻め込まれ2−0とリードを許したが、怯まずに中段突きと上段突きで追いつき、2−2の引き分けで終えた。続く中堅・田部明音(法2=東京・早実)は積極的に攻めたが、体格で勝る相手に苦戦を強いられる。立て続けに得点を許し、0−6で敗れた。後がない状況で大将を任されたのは、同日の女子団体組手にも出場した細田。序盤から果敢に攻めて先制打を決める。リードを保って勝ちきりたいところだったが、その後相手に上段突きを打たれてしまう。その後も追加点を許し、1−3で惜しくも逆転負けを喫した。続いて行われた全日本出場校決定戦では、東海大と対戦。先鋒の土谷は序盤から攻撃のチャンスを伺うが、相手に先制されてしまう。その後巻き返しを図るも後半にさらにポイントを連取され、0−3で敗戦。中堅の細田は序盤に突きで先取するもその勢いに乗ることができず、終盤に連続で得点され点差が拡大してしまう。その後も追いつくことはできずに大量リードを奪われ、1−7で試合終了。全日本への出場権を逃した。

素早い攻撃でチームの勝利に貢献した長沼

 男子団体組手は1回戦では3勝2敗とやや危ない立ち上がりとなるも、2回戦はストレートで勝利。特にルーキー・長沼俊樹(スポ1=東京・保善)はわずか14秒で6ポイントを奪うなど、圧巻の戦いぶりを見せる。続く3回戦では、前回ベスト8の拓殖大との対戦となった。先鋒の長沼が確実に勝利を挙げ、次鋒は芝本航矢(スポ3=東京・世田谷学園)。攻め急いだ2回戦とは対照的に、カウンターでの突きで小刻みに得点を重ねて快勝した。勝利まであと1勝となる中堅では吉田翔太(スポ2=埼玉・栄北)が登場。序盤は互いに見合う展開の中、相手にプレッシャーをかけて隅へ追い込んでいく。しかし、コート際から飛び込んだ相手の鋭い突きが決まり、リードを許してしまう。その後中段蹴り、上段突きで得点して逆転するが、またも相手の上段突きを防げず同点に。吉田は勝ち越し点を挙げるため果敢に攻め込むも、逆に上段突きで迎え撃たれてしまい3-4で惜敗した。ここまでの2試合では中堅までの3人で勝利を決めていただけに、早大陣営に焦りが見え始める。副将の笹野由宇主将(スポ4=東京・世田谷学園)はカウンターを狙うも、積極的に仕掛けてくる相手にペースを掴めず徐々に点差を広げられてしまう。勝負は2勝2敗の振出しに戻り、プレッシャーのかかる場面で大将を任されたのは野澤颯太(法1=長野・松商学園)。試合は序盤から激しい突きの応酬が続くが、要所で連続して相手の突きが決まり、常にリードを奪われる展開に。野澤も足払いや蹴りで積極的に仕掛けるものの、一歩及ばず6-9で敗北。ベスト8で惜しくも敗退となり、目標の3位にはあとひとつ届かなかった。

  全種目での全日本出場を目指していた早大にとって、今回の結果は決して満足のいくものではなかっただろう。しかし全日本の舞台は2週間後に迫り、また現チームとしての集大成となる早慶戦までも残り1か月を切っている。下を向いてばかりではいられない。残された期間で課題を克服し、最後に再び『躍進』の時を迎えることができるか。

(記事、写真 名倉由夏、布村果暖)

結果

▽男子団体組手

1回戦 〇早大3-2東海大

2回戦 〇早大3―0明海大

3回戦 ●早大2-3拓殖大

▽女子団体組手

1回戦 ●早大0-2千葉工業大

敗者復活戦 1回戦 ●早大0-2東海大

▽男子団体形

予選ラウンド5位

▽女子団体形

予選ラウンド4位