メニュー

バドミントン部

2019.10.29

早慶定期戦 10月27日 早稲田アリーナ

今年も慶応に勝利!4年は大学最後の試合を終えた

  令和になって初めての早慶定期戦。男子は5複10単、女子は2複3単の団体戦が行われた。両校の意地がぶつかる試合となるが、リーグ1部校の実力を見せ、男女ともに勝利。早慶戦連覇の歴史を紡いだ。

 5面同時に進行しており、選手はそれぞれの試合に終われてベンチで、応援することはなかなか難しい。しかし、ひときわ声援を受けるダブルスがあった。桃井伶実女子主将(スポ4=石川・金沢向陽)・平野紗妃(スポ2=福岡・九州国際大付)組だ。昨年からペアを組み始めて2年。二人で挑む最後の試合。フルセットまで持ち込むが、有終の美を飾ることはかなわなかった。しかし、相手の意表を突いた平野のショットや、桃井のパワーのあるスマッシュなど、持ち味が光る場面も多くあり、着実に実力をつけてきたことがうかがえる試合となった。
 第1ダブルスは惜しくも負けてしまったが、佐原穗香(人1=近大和歌山)が接戦をものにし、松本茜(社4=福岡・九州国際大付)、中根智華主務(教4=東京・関東第一)・片桐悠夏(人4=西武台千葉)組がストレートで勝利。3-2で慶応を下した。

二人の連携で得点を重ねた

 そして、最後にコールされたのは渡辺俊和主将(スポ4=埼玉栄)と慶大主将の清水遼郁の主将戦。序盤は相手に連続得点をされる場面もあったが、しっかりとラリーを組み立ててミスを誘い、点を重ねてゲームを先取する。第2ゲームでは慶応を圧倒し、相手を寄せ付けない。12点差でマッチポイントを迎えると、最後はわずかに浮いた球をプッシュ。勝利を決めた瞬間、渡辺の声が響き渡る。ベンチにいた同期、後輩からも歓声が湧き、渡辺のもとに駆け寄って胴上げ。全日本学生選手権では中止となってしまった団体戦、その勝利を噛みしめた。

勝利した渡辺は胴上げされた

 下級生を見れば、4年が慕われていることは一目瞭然である。渡辺を始め、浅原大輔副将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)など、プレーでも、応援でも、ムードメーカーとして常に部の雰囲気を作り、チームの先頭を走ってきた。しかし、早慶戦を終え、これで4年は引退。代替わりを迎えるが、『早稲田魂』はこれからも受け継がれるだろう。競技生活を終えた者、新たな環境でプレーを続ける者、それぞれの活躍に期待したい。

(記事 山本小晴 写真 渡邉彩織、横澤輝、長村光)

試合後に撮影された早慶の現役、OBOGの集合写真



※試合後レセプションがあったため、コメントをいただくことはできませんでした。申し訳ありません。

結果

▼男子団体○12-3慶大

▼女子団体○3-2慶大