メニュー

準硬式野球部

2019.10.25

【前編】苦楽を味わった四年間 津奈木のエースは早稲田で輝く/前田直輝

 今季のヒーローは誰か。選手たちにそんな質問を投げかけた時、1番に挙がったのは頼れるリリーフエースの名前だった。「ピンチでも前田さんが投げているというだけで楽に守れる」(関大輝、基理2=茨城・江戸川学園取手)。「どんな場面でも出ていける。先発がある程度飛ばしていけるのは前田がいるから」(杉山周平、教4=神奈川・山手学院)。前田直輝(スポ4=熊本)は副将の名にふさわしい、誰からも信頼される投手へと上り詰めたのだ。

小学校時代、選手宣誓をする前田

 熊本県津奈木町に生まれた前田。津奈木小時代に教師がバットとボールを用意してくれ、狭いテニスコートで野球を始めた。ちょうどその頃テレビアニメ『MAJOR』が放送を開始。主人公・茂野吾郎に魅了された前田は、どんどん野球にのめり込んでいった。その後小学校の野球部に4年時から入部し、津奈木中でも野球部へ。すると監督が当時内野手だった前田の素質を見抜き、それから投手としてプレーするようになった。

中学時代に投手に転向した

 中学卒業後は全国屈指の公立進学校・熊本高に進学。勉学に励む傍ら、野球部でもエースとして活躍した。そんな前田が早大進学を決意したのは高3の秋に観戦した早慶戦でのこと。当時は早大と慶大の二択で迷っており、勝った方を目指そうと考えていた。当時の早大野球部は茂木栄五郎(平28文構卒=現東北楽天ゴールデンイーグルス)、重信慎之介(平28教卒=現読売ジャイアンツ)らを擁し、東京六大学野球リーグ戦春秋連覇、全日本大学野球選手権優勝などを成し遂げた『最強世代』。中でも観戦した2回戦で大竹耕太郎(平30スポ卒=現福岡ソフトバンクホークス)が胴上げ投手に輝く姿に、「同じ熊本出身のすごい人が早稲田のユニフォームを着てプレーしている。かっこいいな」と憧れを覚えた。

熊本高でもエースとして活躍した

 「早稲田に行きたい」。そう固く決意した前田は受験勉強の末、見事スポーツ科学部への入学を果たす。そして念願の野球部へ。しかしそこで待ち受けていたのは厳しい現実だった。練習は想像以上に苦しく、周囲のレベルも高い。そして何よりも前田の心を折ったのは、とある選手の行動だった。その男の名は竹田和真(スポ4)。石川県の強豪・金沢高でエースを務め、スポーツ推薦で入学した選手だ。投手として実力があるのはもちろんだが、竹田の凄さはそれだけではなかった。「寮の部屋もすごくきれいにして、トイレのスリッパもきれいに並べていた。自分はそういうところは誰にも負けないと思ってやってきたのですが…」。自分より実力があり、生活面でもきっちりとしている人がいる。「こいつには絶対勝てない」。大きな挫折を味わい、野球部を去ることとなった。そんな前田に声を掛けたのが、当時準硬式野球部で主将を務めていた金子裕介氏(平29スポ卒)だ。金子氏は前田と同じ熊本高出身。不思議な縁に「試合に出て野球を楽しみたい」という思いも重なり、他の同期からは少し遅れて準硬式野球の舞台に足を踏み入れることとなったのだ。

・・・後編に続く!

(記事 池田有輝、写真 前田選手のお父様提供)

関連記事

【後編】苦楽を味わった四年間 津奈木のエースは早稲田で輝く/前田直輝(10/25)