メニュー

準硬式野球部

2019.10.07

東京六大学秋季リーグ戦 10月6日 早大東伏見グラウンド

好機をものにし、貴重な勝ち点奪取!  3連覇に向けて希望をつなぐ/明大2回戦

2回戦
早大
明大
(早)田中爽、○前田、安在、清水、杉山-吉田龍
♢(二塁打)鷲田(3表)

 きのう5日に引き続き、連勝を収めて優勝への望みをつなぎたい早大。曇天の下、手に汗を握る熱戦を制した。この試合を任された東京六大学リーグ戦初先発の田中爽稀(法2=神奈川・柏陽)は序盤を危なげなく抑える。すると打線は3回に先制点を挙げ、4回は渡部椋雅(商2=神奈川・桐光学園)の2点適時打などが飛び出し4点を追加。その裏、田中爽が味方の失策から連打を浴びるなどして2点差まで迫られるが、四人の救援投手がそのリードを守り切り、貴重な勝ち点を獲得した。

難しい球にもかかわらずスクイズを成功させた田中爽

 初先発のマウンドに上がった田中爽。「ついに来たか」(田中爽)と熱い思いを持ってこの試合に臨んだ。1回はキレのあるストレートで危なげなく三者凡退に切って取る。さらに2回、3回では走者を出しながらも味方の好守に助けられ、相手に得点を与えない。この快投に応えたい打線は3回、先頭の7番・鷲田拓未(スポ1=神奈川・日本大学)が初球を捉える。左中間に大きく弧を描いて飛んだ打球はわずかにホームランとはならず。だが、これが二塁打となり、先制の好機をつくった。さらに渡部が犠打を決めて1死三塁。ここで田中爽は3球目をスクイズ。外角低めのボール球を投前に転がし、貴重な先制点をもたらした。さらに4回、四球と犠打で1死二塁とすると、5番・鈴木涼馬(商4=東京・早実)が中前にテキサスヒットを放って好機を広げる。続く吉田龍平主将(スポ4=東京・小山台)のスクイズと、相手投手の暴投で2点を獲得。まだまだ早大の攻撃は終わらない。2死二、三塁で迎える打者は渡部。初球だった。外角高めを捉えた打球は左前へ。これが2点適時打となり、この回4点を追加した。

4回2死二、三塁で左前に2点適時打を放つ渡部

 だが、明大打線も黙ってはいない。4回、田中爽は味方の失策で先頭打者の出塁を許すと、後続に連打を浴び、無死満塁とされる。続く打者を三ゴロに抑え、ようやくアウトを1つ取るが、なおも満塁。ここで迎えた代打・辻義大(3年)が放った打球は左中間へ。これが走者一掃の適時二塁打となり、相手に3点を与えてしまう。猛烈な追い上げに苦しむ早大は、投手を前田直輝副将(スポ4=熊本)にスイッチ。前田の打たせて取る安定した投球で、この窮地を何とかしのいだ。続く5回、前田は1死から死球で出塁を許してしまう。走者を是が非でも得点圏に進めたい明大は盗塁を企図する。しかし、捕手・吉田龍が見事なストライク送球で捕殺。その後2死一塁とされ、後続に投取強襲打を放たれるが、こぼれた球を遊撃手・渡部が華麗にさばいて流れを渡さない。好守に助けられ、この回を0点で抑えた。あとは2点のリードを守り切るだけだ。6回は期待の新星・安在悠真(人1=早稲田佐賀)が危なげなく三者凡退で抑えると、続く7回はきのう先発登板した清水佑樹(スポ2=早稲田佐賀)が救援としてマウンドへ。先頭打者にこそ安打を許したが、後続は切って取った。そしてラストを任された杉山周平(教4=神奈川・山手学院)が安定した投球を見せ、8回、9回を打者三人ずつでピシャリ。序盤のリードを守り切り、5-3で勝利を納めた。

1回2/3を無失点に抑え、ガッツポーズをする前田

 『なんとしても連勝して勝ち点を』とこの試合に臨んだ早大ナイン。好機で貪欲に点を奪いに行く姿勢が、この日の勝利を決定づけた。さらに、抜群に安定感のある投手陣。この日のように投打がしっかりとかみ合えば、次の法大戦でも勝利を手繰り寄せることができるだろう。だが、まだ高みを目指せる。前カードまで好調だった関大輝(基理2=茨城・江戸川取手)は明大戦2試合で無安打と、打棒は鳴りを潜めている。「自分が打つしかないと思うので」(関)。このリードオフマンのさらなる活躍と、好機をものにして点につなげる力に期待したい。このカードで連勝したことにより、次週の明立戦で明大が1敗でもすれば早大の自力優勝が復活する。最終カード、早大は笑顔で有終の美を飾ることができるか。優勝への道が少しずつ開けてきている。

(記事 小山亜美、写真 榎本紗凡、新井万里奈)

関連記事

投手陣の活躍で明大を撃破!  虎の子の1点を守り切り先勝/明大1回戦(10/06)

帰ってきた背番号『18』 杉山周平/Today’s Feature 番外編(10/05)

コメント

吉田龍平主将(スポ4=東京・小山台)

――今日の試合を振り返っていかがですか

最初に5点先制できて、相手に点は取られましたけど、大量点で先に先行できたのは非常に大きかったかなと思います。

――今日、田中爽稀投手(法2=神奈川・柏陽)を先発に起用した理由は何ですか

今日の先発についてはすごく悩んだのですが、田中(爽)がきのう投げていなくて万全な状態ではあったので調子のいい田中を先発に抜擢しようと。思い切ったのですが、そういった経緯です。

――4回に田中爽投手がピンチを背負った時のタイムでは何を話しましたか

ノーアウト満塁だったので、でも思い切って投げるしかないと話して、非常に良い球を投げてくれるピッチャーなので、思い切ってとだけ伝えたと思います。

――後続の投手にはどんなアドバイスをしましたか

前田(直輝副将、スポ4=熊本)、清水(佑樹、スポ2=早稲田佐賀)、安在(悠真、人1=早稲田佐賀)は1、2イニングの短いイニングなので、このイニングに懸けろと言いました。後は考えずに一人一人全力を尽くしてこいと伝えました。

――4回にスクイズを成功させ、今日は安打もありましたが、打撃の調子はいかがですか

打撃の調子は非常にいいと思っています。練習でも良いですし、きのうきょうとヒットが出たので、この調子を持続して法政戦に持っていけたら良いと思います。

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

優勝については他の大学も関わってくるのですが、今自分達にできるのは法政大に2連勝することだけだと思うので、2週間しっかりと準備をして、いいかたちで臨んで、なんとしても2連勝するできるように頑張っていきたいと思います。

田中爽稀(法2=神奈川・柏陽)

――きょうは東京六大学リーグ戦初先発でしたが、どのような気持ちで臨みましたか

前日の夜に「いけるか?」と言われて、ついに来たかという感じで「いきます!」とだけ言いました。結構気合いが入っていましたね。

――先発をしたいという気持ちはずっと持っていましたか

機会があればしたいなとは思っていました。まずはチームのことを第一に考えて今まで中継ぎに徹してきたので、たまには先発もいいかなと(笑)。

――1回から3回まで素晴らしい投球でした。振り返っていかがですか

1回から3回、打者一巡ちょっとくらいですが、自分の投球ができたかなという感じです。3イニングというのは今まで中継ぎでもよく投げてきた回数なので、その経験が生きたかなと思いますね。

――4回に3失点して途中降板となってしまいました

内野ゴロ(の失策)から始まったのですが、不慮のランナーが出た時にどう対応していくかという部分で気持ちを切り替えられなかったかなと思いますね。ランナーが出た時にどういう球を投げていくか、どう対応していくかというのがこれからの課題だと思います。

――ピンチの場面で捕手の吉田龍選手がマウンドに来ましたが、どのような話をされましたか

まず攻め方の確認ですね。どういう球を投げたいかとか。後は「気楽にいけよ」とかそういう感じですね。

――降板となった後試合を見ていていかがでしたか

清水にしろ、ここのところ先発ピッチャーが早い回で降りて僕ら(救援陣)が出るということが多かったのですが、その時の先発ピッチャーの気持ちがよくわかりました。複雑な気持ちなんですよね。「めっちゃ応援したいんだけど、気持ちが乗らない…」みたいな。でも7回くらいになって気持ちが切り替えられてきてからはしっかり応援できました。

――次は最終週の法大戦です。優勝の懸かるカードになる可能性もありますが、それに向けて意気込みをお願いします

春も法政に連勝しているので、その時のイメージを取り戻して臨みたいです。僕も法政戦でいいピッチングができていたので、その時のいい感触を持って臨みたいですね。

渡部椋雅(商2=神奈川・桐光学園)

――今日の試合を振り返っていかがでしたか

とりあえず1勝出来て、2連勝できたのが大きいです。

――4回の第2打席はチャンスでしたがどのような心境でしたか

監督からスクイズはないと言われていたのでとりあえず甘い球がきたら振ろうと思っていて、その思い切りの良さが結果につながりました。

――適時打を打ったボールはどのようなボールでしたか

打ったのは真っ直ぐです。真っ直ぐで甘い球を狙っていたのでそこを狙いに行きました。

――三塁への盗塁はサインがあったのですか

ノーサインだったのですがピッチャーの投げる球が遅かったので甘い球を狙いました。

――怪我の影響はありましたか

ありませんでした。

――次が最後のカードとなりますが、意気込みを聞かせてください

前半で(ベンチに)入れなかった分後半で貢献したいと思っているので、4年生が最後笑っていられるように頑張りたいと思います。

関大輝(基理2=茨城・江戸川学園取手)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

2日連続で打てなくて、チームのみんなには迷惑をかけているなと思います。

――打順が1番になってやりにくさはありますか

やっぱり(打順が)1番なのは難しいですね。1番という打順は初めてで、慶大戦でいけるかなと思っていたんですけど、やっぱり1番は難しいなと。まず、1打席目の準備がしにくいというのと、走者がいないので守備が固いだとか、試合に入り切るのが大変だなと思います。

――打撃の改善点はありますか

打てなさ過ぎてフォームの改善もできていなくて。東大戦の時のようになってしまっているので、1週間休んで、立大戦のように大暴れできたなと思います。

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

次の試合も2連勝して優勝することができるかどうかなので、自分が打つしかないと思っているので、5安打、6安打できるように頑張ります。