メニュー

準硬式野球部

2019.10.06

東京六大学秋季リーグ戦 10月6日 東京・立川公園野球場

投手陣の活躍で明大を撃破!  虎の子の1点を守り切り先勝/明大1回戦

1回戦
明大
早大
(早)清水、〇前田、杉山-吉田龍

 優勝へ望みをつなげるため、絶対に負けられない明大との一戦。早大が三投手の無失点リレーで投手戦を制した。先発の清水佑樹(スポ2=早稲田佐賀)が5回1安打無失点の好投を披露。すると6回裏、1死満塁から相手投手による暴投によって1点を先制する。この1点を前田直輝副将(スポ4=熊本)、杉山周平(教4=神奈川・山手学院)の継投によって守り抜き、1-0で勝利。勝ち点奪取に王手をかけた。

先発し、好投した清水

 夏のような強烈な日差しがグラウンドに照り付ける中、プレーボールは宣告された。先発のマウンドに上がったのは清水佑樹(スポ2=早稲田佐賀)。前のカードである慶大3回戦では、打線の援護を受けながら4回4失点と精彩を欠いた投球となってしまったが、この日は安定感のある投球を披露。5回に1死から四球と安打によりこの日唯一となるピンチを背負ったが、後続を右飛と見逃し三振に打ち取り、先制点は許さず。5回無失点と先発の役割を全うした。

絶妙なセーフティーバントを決めた須能

 打線は6回、それまで走者を出しながらも無得点に封じ込められていた相手投手の高島泰都(2年)を責め立てる。先頭の2番・塚脇太陽(3=千葉・市川)が四球で出塁すると、続く中村康祐(3=早稲田佐賀)の犠打が相手の野選を誘う。さらに、この日4番に座った須能によるセーフティバントで満塁の大チャンスを迎え、1死後に6番の吉田龍に打席が回る。ここでベンチの指示は『ノーサイン』。しかし、初球ボールからの2球目、吉田龍がスクイズの構えを見せる。すると、相手投手がそれに反応してしまったのか投球が上に大きくそれ、早大は暴投で1点を先制する。後続が倒れ追加点を取ることはできなかったものの、「チャンスは後半」という吉田龍の見通し通り、試合中盤で好投手である高島から泥臭く1点をもぎ取ることに成功した。

好救援を見せた前田

 清水の後を受け継いだのは前田。打たせて取る投球でテンポ良く2イニングを無失点に抑え、杉山にバトンを渡した。「6人一人一人抑えていくような気持ちで」臨んだという杉山は、2回を一人の走者も出さない完璧な投球を見せ試合を締めくくった。「きょうはみんなベストに近いような球を投球してくれた」と三投手の球を受けた吉田龍が語っていたように、早大の投手陣が力を発揮。強力な明大の打線に対し無失点リレーで虎の子の1点を守り抜き、見事接戦ながら勝利を手にした。

 「きょうの試合はピッチャーが本当に良く投げてくれて、それに尽きますね」と試合後に池田訓久監督(昭60教卒=静岡・浜松商)が振り返るように、三投手の無失点リレーが勝利を手繰り寄せた。決して楽な試合展開だったとは言えない。しかし、このような接戦を落とさない強さこそが、『王者』の『王者』たる所以なのだろう。逆転優勝へ「もうとにかく負けられない」(池田監督)状況には変わりはないが、あす6日の2回戦もこの日のようなリードした状況で盤石のリリーフ陣につなげるような展開に持ち込み、勝ち点を取りにいきたい。

(記事 山田流之介、写真 西山綾乃、小山亜美、金澤麻由)

関連記事

帰ってきた背番号『18』 杉山周平/Today’s Feature 番外編(10/05)

早稲田の秋はまだ終わらない! 激戦制し、2つ目の勝ち点獲得/慶大3回戦(9/24)

打線沈黙で敗北を喫す 優勝への道険しく/慶大2回戦(9/23)

コメント

池田訓久監督(昭60教卒=静岡・浜松商)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうの試合はピッチャーが本当に良く投げてくれて、それに尽きますね。清水(佑樹、スポ2=早稲田佐賀)が5回、その後に前田(直輝副将、スポ4=熊本)が2回、杉山(周平、教4=山手学院)が2回と9イニングを強打の明治打線を封じ込めてくれたのがまずは一番の勝因ですね。相手のピッチャーが良いっていうのはわかっていましたから、色々な指示は出していたんですが、なかなか上手くいかなくて、その中で数少ない相手のミスから生まれた好機で獲った1点を守り切ったっていうのは、今のうちの力からすると一番良い勝ち方ができたのではないかと思います。

――相手のミスでの得点となりましたが、その時はどのようなサインを出していましたか

あの時はノーサインでしたね。スクイズを頭の中では考えていましたが、(サインで)出してはいません。相手が勘で2球目を外してきて、それが結果的にワイルドピッチとなったのだと思います。

――代打・竹下直輝選手(スポ4=東京・小山台)はスクイズ失敗となりましたが

竹下は全日(全日本大学選手権)の九州産業大学戦、似たような場面でスクイズを頭に入れて打席に送ったことがあって、その時にライトオーバーの2塁打を打ったので、そのイメージがあって積極的な打席を期待していました。でもストライクを見逃すような感じになってしまったので、2ストライクで絶対に決めないといけなくなってしまうんですけど、バントのサインを出しました。でも上手くかみ合わなかったですね。

――きょうの打順では塚脇太陽選手(人3=千葉・市川)が2番に戻りました

塚脇の良いところがしっかりとストライクとボールの見極めをすることができる、きょうもフォアボールでの出塁がありましたが、調子が良ければ打って出るというのもあるんですが、2番打者なので相手にゆさぶりをかけることができるという意味での起用となりました。

――代打・川原崚選手(商1=東京・早実)は初起用となりましたね

彼は高校時代から実績のある選手ですので、最近バッティングの調子が上がってきているとも聞いていましたし、長打でのチャンスメイクをしてほしい、単打でもいいからとにかく出塁してほしいという期待をして起用しました。

――あしたの試合に向けて打線の改善点はありますか

あしたもそんなにたくさん打てる試合展開にはならないと思うので、相手のミスだろうが、数少ないヒットで作ったチャンスをしっかりと点に繋げて、きょうのようにロースコアで試合を終えることができたらと思います。

――この試合の投手陣を振り返っていかがですか

清水がまずは5イニング、あれだけしっかりと投げてくれたのが大きいですね。もっと長く投げさせてもいいなという風にも思っていたんですけど、攻撃での起点をつくるという意味で、思い切って5回裏で清水を変え、早めに継投するという。次に投げるピッチャーへの不安は全くなかったので。全日でもそれで勝ってきたので、それを思い描きながら代打を送りました。その後に投げた前田、杉山がしっかり2回を抑えてくれたので、ピッチャーに関しては本当に言うことが無いですね。

――今夏復帰した杉山投手について

彼が入部してからストレートとスライダーも切れるピッチャーで、練習を積んでいけば、社会人からでもプロに行ける実力は持っているんじゃないかと思っていました。でもけがなどで選手としては残念なかたちになってしまいました。その中でも今年に入って私のそばにいてくれる機会が増えて、的確なアドバイスをしてくれたり、きっかけになる言葉をかけてくれたり、とても助かっている部分がありました。ここにきてピッチャーとして、短いイニングではありますけど、チームに貢献してくれるようになったというのが嬉しいですね。途中で紆余曲折はありましたけど、ベンチワークなどでもチームにプラスになってくれると思います。

――今の杉山投手の調子はどうですか

調子自体は悪くはないと思います。でも本人も自覚しているとは思うのですが、スタミナの部分が不安で、その中で役割をしっかり伝えたうえで彼がそれをやりきるというのがチームにとって一番いいと思っています。以前のように先発で完投といった役割は求めていないので、まあ彼もクレバーなので、自分が何をすることがチームにとって1番いいかというのはわかっていますし、それがきちんとかみ合っていると思います。

――あすの試合に向けて意気込みをお願いします。

もうとにかく負けられないので、明治に連勝して勝ち点を取らないと次につながらないと思っています。それはチーム全体でもわかっていることですし、きょうのような形で勝てたらいいと思います。

吉田龍平主将(スポ4=東京・小山台)

――もう負けられないという中で明大戦を迎えました。チームとしてどのように試合に入りましたか

負けられない一戦ではあるのですが、強い相手にも隙はあると思っていたので、変にプレッシャーを感じずに、きょうの一戦に懸けるというかたちで試合に臨みました。

――相手先発は好投手の高島泰都選手(2年)でしたがいかがでしたか

いいピッチャーでした。特に序盤はストレートが走っていましたし、手も足も出ないという攻撃だったと思うのですが、清水も良かったのでチャンスは後半かなと思っていました。しっかり我慢ができたかなと思います。

――ご自身としてはいい当たりの安打がありました。調子としてはいかがですか

調子は悪くないと思います。あれは狙い球を絞って強く打ちにいけたので、それがいい結果につながったと思います。

――投手陣は無失点に抑えましたが、捕手として球を受けていていかがでしたか

きょうはみんなベストに近いような球を投球してくれました。六大学の中で一番打っている明治打線をこれだけ抑えられたので、そこは自信にしてあしたも抑えられたらいいのかなと思います。

――2回戦に向けて一言お願いします

あしたも相手はいいピッチャーが出てきますし、厳しい戦いにはなると思います。ですが僕らは勝つしかないので、強い気持ちを持ちつつ、硬くなりすぎず楽しむという気持ちも持ってやれたらいいのかなと思います。

杉山周平(スポ4=神奈川・山手学院)

――きょうは1点差での登板でしたが、いかがでしたか

いつも終盤の緊迫した場面で登板することを想定しているので。何とか前の二人のピッチャーも無失点でつないでくれましたし、6人一人一人抑えていくような気持ちで登板しました。

――あすに向けてお願いします

もう少しあすは打ってくれると思うので(笑)。そこはバッター陣に期待をして。あすも投手陣全員でできるだけ失点を少なく済むように準備していきたいと思います。