メニュー

ソフトボール部

2019.09.29

第52回東京都大学連盟秋季リーグ戦 9月28日 早大所沢キャンパスグラウンド

一挙12得点と打線が爆発! 国士舘大に完勝

秋季リーグ戦
国士舘大
早大 12 × 12
(4回コールド)○松下-澤、白石
◇(二塁打)澤 ◇(三塁打)中畑 ◇(本塁打)杉本、澤

 打線が驚異のつながりを見せた。先週の日体大戦では5回コールド負けを喫し、迎えた国士舘大戦。序盤は相手投手の好投で無得点に抑えられるも、3回に打線が爆発。杉本亮太(教3=神奈川・柏陽)、澤優輝(人2=東京・国学院久我山)の二者連続本塁打など、一挙12得点を挙げた。投げては先発の松下直矢(スポ3=京都・南陽)が、「キャッチャーの澤がうまくリードしてくれた」(松下)と、自責点0の好投。「新チームが始まってまだ不安定な中で、絶対に勝ちたかった」(杉本)試合で投打がかみ合い、4回コールド勝ちを収めた。

杉本からも本塁打が飛び出した

 1、2回は両投手の好投で両チーム無得点に終わった。先発の松下はドロップを効果的に使い、1、2回で計4奪三振。一方の早大打線も球威のある相手投手の球を捉えきれなかった。四死球や単打で走者を出すも、詰まらされた当たりで打ち取られ、得点には結びつかなかった。すると3回、相手の先頭打者が中前打で出塁すると、続く打者の当たりをセンターを守る石井智尋(スポ3=千葉敬愛)が後逸。ボールが点々とする中でバッターランナーも生還し、2点の先制を許した。

 しかし、3回裏の攻撃で流れは一変した。1番から二者連続の四球で走者がたまると、好機で中軸に打席が回る。3番・杉本の打球がセンターに抜けると、それを確認した二塁走者が一気に本塁を陥れた。続く澤は4球目を捉え、右中間に同点となる二塁適時打を放つ。中畑友博(スポ3=愛知・清林館)もこれに続き、右翼への走者一掃の三塁打。甘い球を迷いなく振り切った結果、「思い描いた通りの打球」(中畑)と会心の一打となった。4-2と早大は勝ち越しに成功。相手の失策が相次ぎ、その後1点を加えてなおも2死二、三塁。打者一巡の猛攻、この回二巡目の打席が回ってきた。1番・石井のセカンド強襲の当たりで走者2人が本塁に還り、7-2とリードはさらに広がる。なおも攻撃は止まらない。3番杉本、4番澤の二者連続本塁打が飛び出し、さらに相手の失策も絡んで一挙12得点のビックイニングとなった。特に杉本は、前体制では小技や足の速さが持ち味の選手であったが、新体制では長打も求められるようになった。「強く振ることを意識して練習している」(杉本)成果が着実に表れた結果となったと言えるだろう。4回も松下が続投。四球で走者を許しはしたが、空振り三振を2つ奪う投球。付け入る隙を与えず、最後もしっかりと抑えた。打線の爆発と松下の好投により、見事に4回コールド勝ちを収めた。

この回12得点目となる適時打を放ち勝負を決めた中畑

 早大らしい集中力のある攻撃が展開された試合。新体制となり、これまでの二試合にも増して強い打線のつながりが見られた。3回、2アウトになってからさらに7得点を挙げたことは、象徴的だ。また二者連続本塁打を筆頭に、中軸が高い長打力を見せてくれたことは心強い。過渡期を迎えるチームにとって、今後への明るい展望となった。次戦の中大戦でも、強い攻撃陣が見られることを期待したい。

(記事 新井万里奈、写真 細井万里男)

関連記事

学習院大に苦戦するも、新体制初陣を白星で飾る(9/22)

インカレ王者に力負け…。リーグ優勝が遠のく結果に(9/26)

コメント

杉本亮太(教3=神奈川・柏陽)

――きょうはどのような意気込みで試合に臨みましたか

新チームが始まってまだ不安定な中で、絶対に勝ちたかった試合だったので、自分が活躍できれば良いと思っていました。

――3回裏の打席(第2打席)で適時打(早大初得点)を放ちましたが、振り返っていかがですか

良い当たりではなかったんですけど、昨シーズンではバントとかをやっていて、打つということをやっていなくて、今シーズンの秋は打つことに集中してやっていこうという中でタイムリーが打てて良かったなと思いました。

――公式戦では久しぶりの本塁打を放ちましたが、振り返っていかがですか

久々のホームランすぎて、当たった瞬間にホームランか分からなくて、ちょっとどうしようと思ったんですけど、なんとか入ってくれて良かったです。

――前体制では主に代打などの出場が多かったですが、新体制ではレギュラーとして出場する中で、練習面や意識の上での変化はありますか

昨シーズンではバントなどをやっていて代打に備えるというかたちだったんですけど、結局打てないと最後は試合に出れないと思っていたので、強く振ることを意識して練習しています。

――次戦以降への意気込みをお願いします

次が中大戦で、これも大事な試合になってくると思うので、残りの試合全部勝てたらいいと思います。

中畑友博(スポ3=愛知・清林館)

――きょうは5番ファーストでの出番となりましたが、どのような意気込みで臨まれましたか

前体制ではバッテイングのことばかり考えていたのですが、現チームでは守備をした上で出たいと思っていたので、ノーエラーというのを目標にしていました。打つ方では、最近当たりが出ていなかったので、一本を出さなければという思いがありました。

――同点の場面で3回の打席が回ってきましたが

思い描いた通りの打球となりました。初球を見逃してしまったのですが、初球と同じような甘い球がきたので、迷いなく振りました。

――3回の第3打席の当たりで、コールド勝ちとなる10点差にリードを広げましたが

インコースにくると思い、何も考えずに振ったら打ち損じのような当たりとなりました。結果としてはレフトが守備でミスをして、ホームまで帰ってこれたので結果としては良かったです。ただ(内容としては)良くはなかったです。

――1打席目は、得点圏に打者を背負った場面で、相手の速球に詰まって凡退しましたが

インコース攻めをされることが自分は多いので、あのようなボールを捨てていかないと力ない外野フライとなってしまうので、コースや球種を絞っていかないといけないと思いました。

――次戦の意気込みをお願いします

1打席目で変えられないように頑張ります

松下直矢(スポ3=京都・南陽)

――きょうのピッチングを振り返っていかがですか

調子自体は悪かったんですけど、キャッチャーの澤(優輝、人2=東京・国学院久我山)が上手くリードしてくれたので、うまくはまったかなという感じです。

――秋季リーグ戦では先発を務める機会が多くなっていますが、試合に臨む面で気持ちの変化などはありますか

けっこう変化ありますね。今までリリーフだったので、試合前はあまり(肩を)つくらずに気持ちもリラックスした感じで臨んでいたんですけど、先発となると気持ちのつくり方が違うのでその辺りの難しさはまだありますね。

――その点できょうのピッチングはいかがでしたか

自分としてはつくれたつもりではいたんですけど、いざ試合に入るといつもの本調子ではなかったです。自分の思い通りにはならなかったので、そういう意味ではできていなかったのかなと思います。

――あすの中大戦へ向けて意気込みをお願いします

あすのピッチャーはほとんど山内(壮起、スポ3=千葉・成田国際)でいくと思うんですけど、山内が投げている時はチームを応援して、投げる時は投げる時で頑張って行けたらいいかなと思います。