メニュー

水泳部

2019.09.27

第95回日本選手権最終予選会 9月23日 静岡・浜松市総合水泳場

宿敵に快勝!日本選手権への出場権をつかむ

TEAM 1P 2P 3P 4P
国士館大
稲泳会
▽得点者
塗師4、徳用、百田、土屋、渋谷

 各チームが日本選手権本戦(日本選手権)に向けしのぎを削り合い、迎えた予選会最終日。稲泳会は日本選手権に進むべく、8位決定戦に挑んだ。対戦チームは今シーズン何かと因縁のある国士館大。本戦に出場できるのは8位までのため、ここで勝たなければ本戦出場への道が断たれてしまう。そんな条件の中始まった試合、稲泳会は時間を追うごとにいい動きを見せていく。第1ピリオドは危ない場面も見られたが3点を奪取すると、第2ピリオドでも3点を追加。試合後半に入ると、守備を徹底し、連携したチームワークで8-4と快勝した。

 第1ピリオド、センターボールを取られ、守備に回ると退水を誘発されるが、ここでは国士館大が攻撃時間を使い果たしシュートまで打たれることはなかった。攻守が入れ替わり、稲泳会もパスを回してシュートのタイミングを伺う。中に入った土屋セナ(創理3=千葉・芝浦工大柏)がシュートを放つが、相手2人に囲まれ枠を捉えることができない。先制点を取ったのは国士館だった。懸命に稲泳会も守るが上手く交わされ、正面から打ちこまれた。しかし、稲泳会も黙ってはいない。攻撃のターンになると、ゴール正面から塗師葵(社2=東京・藤村女)が2人のディフェンダーに囲まれ体勢を崩しながらも、力強くシュートを突き刺した。この1点が稲泳会を鼓舞し、第1ピリオドまでにさらに2点を追加。流れは確実にこちらに傾いた。第2ピリオドに入ると1点を返されるが、すぐさま徳用万里奈(平30社卒=埼玉・秀明英光)が敵陣の隙をつく軽いループシュートで4点目を決める。第2ピリオド開始約1分20秒の場面では、相手の退水から百田恵梨花主将(社4=埼玉・秀明英光)が確実に決めた。チームが待ち望んでいたキャプテンのシュートは鮮やかだった。その後、塗師が自身3得点目を決め、前半は6-3で折り返す。

今試合チーム最多得点を決めた塗師

 後半に入ると、ここでも塗師が奮闘する。シュートは相手ゴールキーパーの手をかすめたものの、その力強さからまっすぐにゴールへ。塗師を称える声が選手間に飛び交う。しかし、その後は危ない場面が散見された。「退水(※)を取られたりすることも多かった」と百田が言うように、第3ピリオドでは退水を3度取られてしまうが、それでもその中で失点は1に抑えた。残す第4ピリオドではプレスで圧倒し、相手に得点の隙を与えない。「一対一での守りが最後の方は機能していた」と塗師が話すように、守備がうまく連携していた。稲泳会の攻撃は、相手の退水からタイムアウトを取り、チャンスメイク。丁寧にパスを回して、最後はミドルから土屋がシュート。きれいに枠を捉えた。第4ピリオドは1得点に終わったが、最後まで攻撃の手を緩めずに強さを見せ、最終スコアは8-4。

試合を終え笑顔を見せるメンバー

 最終戦を快勝した稲泳会。ただ、チームに慢心した様子はない。「(日本選手権の)初戦で勝てたことがないので、今までとは違うというところを見せて勝つ」と百田はすでに先を見据えている。2週間後に迫った日本選手権。稲泳会はこの間にどれだけ成長できるかがその後の勝敗にかかってくるだろう。4年生の百田にとってはこの大会が大学生活最後の大会。チームもキャプテンを中心にこれまで以上にまとまっている。男子部が負けてしまった分、女子部がインカレで3位を逃した分、今度はチームが笑顔で終わる瞬間をぜひ見たい。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

 

(記事、写真 佐鳥萌美)

コメント

  

百田恵梨花主将(社4=埼玉・秀明英光)

――勝利した今の率直な気持ちを聞かせてください

日本選手権に無事勝てていけるので良かったです。

――国士館大とは関東予選以来の再戦となりましたが、どのような思いで試合に臨まれましたか

みんなが落ち着いてやればそんなに心配はないと思っていたので、自分たちのやるべきことをやり、点数を取ってちゃんと1点1点守るようにしました。ちゃんとやれば大丈夫だと思っていたので、それができたので良かったです。

――序盤、百田選手はたくさんのディフェンダーに囲まれてしまう場面が散見されましたが

中で自分がボールを持ちすぎているというのもあったと思うので、下がられたときに外側に空いているところがあるので、そこにパスアウトができればもっと良かったと思います。

――5点目は百田選手が決められましたが、うまくいった感触はありましたか

退水(を誘発した)の時だったので、自分が打たなければいけない場面で、絶対決めようと思って入ったので、決めきれて良かったです。

――守備の面はいかがでしたか

自分たちが水着とかを掴まれている部分はあったのですが、逆に自分たちも掴み返してしまっている部分も多かったので、そういう部分をなくして退水を取られないように、本戦までにしっかり修正したいと思います。

――本戦に向けた意気込みをお願いします

稲泳会は本戦には毎年出場してるんですけど、初戦でいつも勝ちきれなくて終わってしまうので、勝って今までとは違うというところを見せて流れを変えたいです。

塗師葵(社2=東京・藤村女)

――きょうはどのような意気込みで試合に臨まれましたか

きょうは本戦出場がかかった大事な試合だったので、もう絶対に勝ち切ろうという気持ちで挑みました。

――実際やってみていかがでしたか

本当はもうちょっと点数を離して、安全な試合をしたかったんですけど、2点差、3点差に縮まっちゃうこともあって、ちょっとどきどきしながらやっていました。

――今回は4得点されて難しいシュートも決められていましたが、シュートは狙っていましたか

今回は学生だけじゃなくてOGの方もいらっしゃって、自分がもし外したとしてもカバーしてくれる人たちがたくさんいるという安心感を持ってできたのが良かったのかなと思います。

――きょうの守備はどうでしたか

最初の方に簡単に何点か取られてしまったのが痛かったんですけど、最後の方ははみんなで上からどんどん当たって一対一で守るというのが機能していたので、良かったかなと思います。

――きょうの収穫はなにかありましたか

個人的には今大会、入っていなかったシュートが割と入ったので自信につながったということが良かったのかなと思います。チームとしては、もちろん良いプレーもあったんですけど、やっぱりまだまだ課題も多いので、あと2週間頑張っていきたいです。

――日本選手権へ向けた意気込みをお願いします

今シーズンはあと2週間しかなく、4年生の恵梨花さん(百田)と出れるのも最後かもしれないので、最後笑って終われるように練習から取り組んでいきたいと思います。