メニュー

ヨット部

2019.09.26

第28回全日本学生女子選手権 9月21~23日 愛知・豊田自動織機海陽ヨットハーバー

470級で完勝 田中は三冠に王手

 男女混合が主流の学生ヨット界だが、年に数回女子だけで戦う大会が行われる。学生女子の大会の最高峰である全日本学生女子選手権(全女)が、愛知・蒲郡で開催された。早大からは470級、スナイプ級にそれぞれ1艇ずつが参戦。470級の田中美紗樹(スポ4=大阪・関大第一)・上園田明真海(スポ2=大分・別府翔青)組はすべてのレースでトップフィニッシュを果たし、優勝を飾った。

 3日間で各クラス計8レースが行われる予定だったが、台風の接近に伴う強風の影響で2日目は470級の1レースのみ消化。3日目は両クラスとも1レースも開催できず、470級は計4レース、スナイプ級は計3レースの結果で成績が確定した。先行きの読めない状況でも、全日本学生個人選手権(全日本個選)王者である田中の強さは健在だった。「法大と日大は気になっていて、特に日大は世界選手権に出ていたクルーが乗っているので少し気にしていた」(田中)という第1レースでトップフィニッシュを飾ると、以降はほかの艇を気にすることなく自らの走りに集中した。2日目の風も、強風を得意とする田中にとっては追い風に。落ち着いてレースを進め、見事すべてのレースを1着で終えた。実力通りの結果に二人とも納得の表情を見せた。

470級で優勝を果たした田中・上園田組のレースの様子

 スナイプ級にはフレッシュな1年生ペア、松尾華(スポ1=広島修道大鈴峯女)・鶴岡由梨奈(社1=東京・立教女学院)組が出場。クルーの鶴岡は公式戦初出場となった。「スタートから全然走りが良くなくて、追い上げることができないまま終わってしまった」(松尾華)という第1レースは21着。その反省を生かし、第2、3レースと右肩上がりに順位を上げていく。2日目の第4レースは「一番手ごたえがあった」(鶴岡)というが、最後のマークを回ったところでノーレースを知らせる鐘が響きわたった。スナイプ級で14位という結果に二人は浮かない表情。総合優勝を目指していたが、5位に終わり「もうちょっと美紗樹さん(田中)のために頑張りたかった」(松尾華)と悔しさをにじませた。

表彰式で笑顔を見せた

 470級とスナイプ級で明暗が分かれたが、結果以前に日頃出場機会の少ない女子選手たちが実戦で腕を磨いたこと自体が収穫だ。「軽風クルーとしてインカレを目指している」(上園田)、「練習をしっかり積んで一人前のクルーになりたい」(鶴岡)と、それぞれの今後への意気込みを口にした。全日本学生選手権(全日本インカレ)が開催される兵庫・新西宮ヨットハーバーは弱風が予想されるため、女子部員起用の可能性もある。470級を引っ張る田中以外に一人でも多くの女子選手がインカレに出場できるよう、躍進を期待したい。また、田中は全日本個選に続き個人優勝を果たし、全日本インカレの個人成績と合わせて三冠という目標に一歩近づいた。磨いてきた勝負強さを全日本インカレでも発揮できれば、三冠はもう目の前だ。

(記事 町田華子、写真 同志社スポーツアトム編集局提供、町田華子)

女子部員で記念撮影

結果

▽470級

田中・上園田組 4点 優勝

▽スナイプ級

松尾華・鶴岡組 46点 14位

▽総合

早大 50点 4位

コメント

470級スキッパー田中美紗樹(スポ4=大阪・関大第一)

――結果を振り返っていかがですか

狙っていた点数ではあるので、ちゃんと実現できてよかったです。

――納得のいくレースはできましたか

細かいミスはあったんですけど、あるのがヨットレースだと思うし、結果につながったという部分で良かったんじゃないかなと思います。

――動向を気にしていた艇はありましたか

法大と日大は気になっていて特に日大は世界選手権に出ていたクルーが乗っているので少し気にしてはいたんですけど、1レース目が終わって2レース目が始まってからは自由にコースを取ることができたので、あまり気にならなかったです。

――2日目は強風の中でのレースでしたが、その点については振り返っていかがですか

もともと大きなトラブルなくミスなくということを目標にしていたので、それは達成できたんじゃないかなと思います。

――今大会で見出した課題はありますか

結構毎回なんですけど、スタートの面でフリートのレベルがあまり高くない中でも全部成功したかというとそうではないので、本番の全日本インカレはもっとフリートのレベルが高い中で、スタート出られるように今後も取り組んでいきたいなと思います。

――普段と違うクルーと乗りましたが、コンビネーションはいかがでしたか

個人戦(全日本学生個人選手権)の後から、上園田(明真海・スポ2=大分・別府翔青)と乗り始めて、最初の頃はもともと乗っていた新井との感覚で乗ってしまってなかなか男子と違ってついてこられない場面も多かったんですけど、向こうも速くなっていったのと、私も分かり始めて、大会でそこまで大きなミスがなかったという点で改善できたかなと思います。

――最後に今後への意気込みをお願いします

全日本インカレ(全日本学生選手権)に向けて、今のところ定期戦以外では(470級は)勝てていなかったりするので、課題を明確に認識してチーム全体をレベルアップさせていくっていうところで、自分にできることを最大限やっていきたいと思います。

470級クルー上園田明真海(スポ2=大分・別府翔青)

――結果について振り返っていかがですか

美紗樹さん(田中美紗樹・スポ4=大阪・関大第一)の目標が三冠、全個(全日本学生個人選手権)もインカレもこれも取るっていうことだったので、すごく緊張してミスもいっぱいしたけど、最後は全部トップフィニッシュで終われたからよかったかなと思います。

――納得のいくレースはできましたか

結果1位だったからああよかったなという感じだったけど、途中抜かれそうなポイントとかいっぱいあったから、そこをゼロにしてインカレにつなげていきたいと思います。

――動作ミスとは具体的にはどのような場面でのミスですか

タックって言ってクローズで風に向かっていくときの動作が特に苦手です。あと美紗樹さんと乗るのも全個のあと2回乗っただけで慣れてなくて、コンビネーションの面でも不安があってずっと緊張していました。

――きのうは強風の中でのレースでしたがその点について振り返っていかがですか

美紗樹さんが強風得意なので、落ち着いてレースができました

――今後への意気込みをお願いします

自分もインカレを軽風クルーとして目指しているので、今回のレースでの失敗をしっかり振り返って生かせたらなと思います。

スナイプ級スキッパー松尾華(スポ1=広島修道大鈴峯女)

――結果をどのようにとらえていますか

もうちょっと美紗樹さんのために頑張りたかったなと思います。

――どのような目標を立てていましたか

総合優勝をしたいと思って頑張ってきました。

――第1レースは20番台でしたが振り返っていかがですか

スタートから全然走りが良くなくて、追い上げることができないまま終わってしまったので、次のレースからはスタートから攻めていこうというふうにしました。

――実際にスタートを改善することは出来ましたか

最初よりはできたと思います。

――初めてのペアで出場しましたが、コンビネーションはいかがでしたか

全然練習でも一緒に乗れていなくて、ほぼ初めての状態でレースに出たので、乗れていない分動作ミスとかも多かったです。

――今後への意気込みをお願いします

まずはヘルニアを治して、機会があれば来年はこの大会で優勝したいです。

スナイプ級クルー鶴岡由梨奈(社1=東京・立教女学院)

――結果を振り返っていかがですか

1レース目が特にスタートがうまくいかなかったです。あと初めてのペアだったこともあって、動作が合わない部分もあったのでこの結果につながったのかなと思います。

――公式戦初出場でしたが、緊張はありましたか

緊張もしましたし、出ることが決まったのが直前で、現地入りしてから初めて華(松尾華・スポ1=広島修道大鈴峯女)と乗ったので、正直不安もありました。

――3レース目が最高位でしたが、振り返っていかがですか

正直3レース目よりも2日目のノーレースになった時が一番手ごたえはありました。

――最後に今後への意気込みをお願いします

今回全然100%出し切れたかというと、動作でのミスもあって全然出し切れなかったので、クルーとしてしっかり動作ができるようになりたいという技術面と、陸でも海でもスキッパーの力になれるクルーになるために、練習をしっかり積んで一人前のクルーになりたいと思います。