メニュー

準硬式野球部

2019.09.23

東京六大学秋季リーグ戦 9月22日 早大東伏見グラウンド

打線沈黙で敗北を喫す 優勝への道険しく/慶大2回戦

2回戦
早大
慶大 X
(早)●福川、前田、安在、田中爽-吉田龍

 東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)制覇に向けてこれ以上敗北が許されない早大。しかしこの日の2回戦、投手陣は2失点で抑えたものの打線が沈黙。内野安打2本のみに抑えられ、2-0で屈辱の完封負けを喫した。これにより、優勝への道は一段と険しくなった。

3回にソロ本塁打を浴びた福川

 先発マウンドを託されたのは、リーグ戦初先発の福川千明(スポ3=兵庫・白陵)。初回は三者凡退で抑え好発進したが、2回。2死から四球を出すと後続に左中間を破る適時二塁打を浴び、先制点を許した。さらに3回1死、相手1番打者に甘く入ったストレートを捉えられた。打球は左翼手を超え柵の外へ。2失点目を喫し、この回で降板となってしまった。しかし救援陣が躍動。前田直輝副将(スポ4=熊本)が4、5回を、安在悠真(人1=早稲田佐賀)が6、7回を6人ずつでピシャリ。8回に登板した田中爽稀(法2=神奈川・柏陽)は先頭打者に二塁打を許したが、後続を封じて追加点は許さず。打線の反撃を待ち続けた。

好投した救援陣。左から前田、安在、田中爽

 その打線は初回、2番・須能浩太郎(商2=東京・早実)が四球を選ぶと、関大輝(基理2=茨城・江戸川学園取手)の進塁打などで2死三塁に。ここで打席に立ったのは4番・鈴木涼馬(商4=東京・早実)。先制打の期待がかかったが、あっけなく三振。以降、相手先発・古澤礼朗(3年)から無安打に抑えられる。しかし7回、慶大ベンチはノーヒットノーランの懸かる古澤を代え、2番手に出町赳人(4年)を送る。前日に出町から得点を挙げている早大。反撃ムードが高まった。打席には代打の鷲田拓未(スポ1=神奈川・日本大学)。4球目を完璧に捉え、快音が響く。しかしその鋭い打球は左翼手の正面へ。飛球となり、得点の希望はついえた。このままでは終われない早大。9回に意地を見せ、1死から関が内野安打で出塁する。しかし鈴木は右飛に倒れて2死。吉田龍平主将(スポ4=東京・小山台)はカウント3-2から4球連続ファウルで粘ったが、最後は二飛に倒れて試合終了。最後まで得点を奪えなかった。

最後の打者となった吉田龍主将

 「勝ちたかった。めちゃくちゃ悔しい」(福川)。もう1敗もできず、さらに打線の援護も期待できない。この厳しい状況の中で、満足のいく投球はできなかった。その後救援陣は好投したものの、打線は最後まで機能せず。白星から見放された早大。優勝への希望はさらに薄まった。しかし可能性はゼロではない。笑って秋季リーグ戦を終えられるよう、この先の試合で『早稲田らしい野球』を見せてほしい。

(記事 西山綾乃、写真 山田流之介、池田有輝、小山亜美)

関連記事

投打がかみ合い、秋の早慶戦白星スタート/慶大1回戦(9/23)

コメント

池田訓久監督(昭60教卒=静岡・浜松商)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きのうの試合もそうだったんですけど、打てないというのがきょう負けてしまった一番の理由ですよね。きのうの試合では慶応の流れになるか早稲田の流れになるのか全く分からない、なにか一つのきっかけで(流れが)来てしまうという。でもきょうは完全に打たれて(点を)取られるという、最初は2死から四球で走者を出してその後に二塁打、次はホームランですから。流れというよりは、うちが打てなかったことが敗戦の要因かなと思います。

――早大打線の改善点は何でしょうか

全日(全日本大学選手権)の時はあれだけ打てていましたからね。正直なところ、小さいきっかけで打てるようになるのではという思いもあったりして。特に全日で当たっていた鈴木涼馬(商4=東京・早実)とかまたいいところで当たりがでるといいなと。またホームランとかですね。でもやっぱり思うようにはいかなくて。大きな当たりを狙っている訳ではないのかもしれませんが、ちょっとバットが少し下から出ているように感じます。だからちょっとフライになってしまっているのかなという感じもしますけど、いずれにしても(調子は)良くないですね。

――7回に鈴木選手が飛び出してしまったプレイがありました

あれはエンドランのサインを出していました。あの時のバッター(吉田龍平主将、スポ4=東京・小山台)はボールに手を出さないといけなかったというふうにさっき反省をしました。ランエンドヒットという作戦もあるので、その時は打者が打たなくても走者が確実に走ってというようにできるんですけど、ちょっと戦術の認識を整理しないといけないとは思っています。

――ベンチの雰囲気はどうでしたか

渡部(椋雅、商2=神奈川・桐光学園)が元々元気印で、雰囲気をガラっと変えてくれるようなインパクトのある選手です。彼(渡部)と宮崎(翔、商3=埼玉・早大本庄)はリーグ戦(東京六大学リーグ戦)での実績もありますし雰囲気の面でも活躍してくれるので、ベンチにいれています。渡部が色々なところ、特に守備でいい活躍をしてくれていますね。なので、また明日から。とにかく明日はまず勝って、その後に強豪校が待っているので、勝ち点を取るための起爆剤になってくれたらという思いがあります。

――ミーティングではどのような話をされましたか

まずエンドランやランエンドヒットなどの戦術の確認や、相手ピッチャーに対してのデータをしっかりと試合中に共有すること。きょうの慶大のピッチャーはストレート中心に投げてくる選手なので、それ(ストレート)を狙えという指示を出していました。でも試合では、リズムに乗ってくると変化球も投げ込んできて、ストレートだけ狙うわけにはいかなくて。点を取るためにどうしたらいいか確認しながらいこうという感じですね。

――きのう大幅に打順を変更しましたね

そうですね。学業の関係で塚脇(太陽、人3=千葉・市川)が不在で、代わりの2番をと考えると、私としては須能(浩太郎、商2=東京・早実)がバントもよく決めていたというイメージがあって、小技もできるなということで、色々な形で機能できればと。あとは関大輝(基理2=茨城・江戸川取手)の調子がいい、鈴木涼馬には長打が期待できるのでこの打順にしました。

――投手陣の調子はいかがですか

きのうからピッチャーはよく投げてくれていると思います。立教の第3戦では初めてというくらい、ピッチャーがゲームメイクをできなかった試合になってしまいました。その反省を踏まえて、きのうきょうとピッチャーにはしっかりと投げてもらいました。その中でも福川(千明、スポ3=兵庫・白陵)がね、久しぶりの先発というのもあって、全日の時よりはストレートがきていなかったなと。ストライクゾーンにはきていましたけどね。絶好調の時の球ではなかったですね。まあでも、あそこを2点で抑えることができたのは御の字かなと思います。

――きょう、リーグ戦で初めて福川選手を先発起用した要因はなんでしょうか

正直なところ、久郷(太雅、創理4=静岡・沼津東)の調子が良ければ起用したかったんですけど。でも彼(久郷)は点数を取られても、終わってみるときちんとゲームメイクをしてくれていたというピッチングスタイルで。今の打撃の調子だと、やっぱりピッチングでリズムを作って、投球から試合をつくっていくという形がほしいんです。試合をつくっていける可能性のある選手として、福川を起用しようと決めました。

――あしたの試合に向けて一言お願いします

とりあえず元気を出して。相手が慶応なので絶対に負けられませんし、試合中の雰囲気だけでも良くしてやっていこうと。あと、選手たちが試合後に話していたのですが、このチームで野球ができるのが本当にあと少しなので、なるべく楽しんで臨もうという気持ちも大切かなと思いますね。あしたは良い雰囲気と、あとこのチームで野球をやるのはあと少しだ、楽しんでいこうという気持ちをぶつけることができたら、きっといい結果がでるかなと思います。

福川千明(スポ3=兵庫・白陵)

――きょうの結果を受けていかがですか

勝ちたかったです。めちゃくちゃ悔しいです。

――リーグ戦初先発でしたが、どのような気持ちで試合に入りましたか

負ければ優勝の可能性がほとんどなくなってしまう試合で自分に任せてもらえたので、とにかく勝ちたいというだけでしたね。

――その中で初回は三者凡退に打ち取りました。振り返っていかがですか

スロースターターなので初回が一番大事だと思っていました。甘い球はいくつかあったのですが、結果的に一番集中して臨んだ初回が無失点だったので良かったです。

――2回は2死からストレートの四球を出してしまいました

たまに入らなくなる時があるんですよね。それが来てしまったのですが、普通にすぐ切り替えました。

――先制打を打たれた球は何でしたか

カウントを取りに行った甘いストレートです。

――3回には本塁打を打たれましたが、その球は何でしたでしょう

甘いストレートです。

――ストレートの球威は好調だった全日の時と比べていかがですか

平均で5キロくらい球速が落ちている気がします。

――それはここ最近ずっとですか

先週しっかり調整しようと思ってやってきて、一昨日にやっと球威が戻ったと思ってきょうの先発に至ったので、抑えられなかったのが情けないです。

――試合に入る段階では球威が落ちている感じはなかったのですね

きょうは調子良くいけているなと思っていました。試合前までは。

――3回で降板となりましたが、その後ベンチから試合を見ていていかがでしたか

代わった時はまだ打線が点を取って勝てると思っていたので、後のピッチャーを全力で応援していました。

――優勝が難しくなってきましたが、今後に向けて一言お願いします

引きずっていてもいい事ないと思うので、きょうはいい経験ができたと思って次絶対やり返したいと思います。

安在悠真(人1=早稲田佐賀)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

シンプルに悔しいですね。負けてしまったので。

――きょうの投球を振り返っていかがですか

きょうは2イニング6人できれいに終わらせることができたので、持ち味は出せたかなと思います。

――ピッチングの調子はいかがですか

きょうはあんまり(調子が)良くなかったんですけど、短いイニングだったので、なんとか気持ちで抑えられたと思います。

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

あしたの試合にしっかりと勝って、勝ち点を取って、いい形で先輩方を送り出すということを目標にこれからも頑張っていきたいと思います。