メニュー

ソフトボール部

2019.09.22

第52回東京都大学連盟秋季リーグ戦 9月21日 神奈川・日体大横浜健志台キャンパスグラウンド

学習院大に苦戦するも、新体制初陣を白星で飾る

秋季リーグ戦
早大
学習院大
○松下-澤、白石
◇(二塁打)なし ◇(三塁打)なし ◇(本塁打)澤

 早大ソフトボール部新体制の初陣となる東京都大学連盟秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)が行われた。相手は今秋から1部に昇格してきた学習院大学。前の試合では国士舘大と対戦して2−4で敗戦こそしたが、7回まではリードを奪うなど確かな実力を備えた好チーム。次戦の日体大戦へ向けて、是が非でも落とすことのできない初陣を振り返っていく。

遊撃の守備では慣れないながらも軽快にゴロをさばいていた、高橋尚希主将

 試合は初回から動いた。相手の1番打者に二塁打を浴びると、2つのワイルドピッチでランナーを本塁に返してしまった。2回には2死一、二塁からタイムリーを許し、点差は2点に。その直前に1死二、三塁の場面で相手の打球を遊撃の高橋尚希主将(スポ3=宮城・泉館山)が冷静にさばき、本塁へ送球。三塁走者を殺す好判断を見せていただけに、もったいない失点となった。一方の打線は初回から二イニング連続で盗塁死を喫するなど、投打ともに歯がゆい展開に。それでも3回表には下位打線の3連打で無死満塁のチャンスをつくると、1番竹村侑大(スポ2=埼玉・早大本庄)の犠飛で1点を返す。さらに続く1死一、二塁のチャンスで、2番高橋の当たりはライト前へ。落ちるかと思われた打球を、相手右翼手が好捕。一塁走者の浅田剛志(スポ3=大阪・清風南海)は戻ることができず、併殺に。序盤の良くない流れを断ち切れずにいた。

 これ以上失点を重ねられない早大の先発松下直矢(スポ3=京都・南陽)は、3回裏も2死三塁のピンチを招くが、どうにか切り抜ける。すると松下の粘りに打線が応える。四球と安打から無死満塁のチャンスをつくると、6番西村悠太郎(人2=福岡・筑紫丘)がセンターへ犠飛を放ち同点に追い付く。その後二者連続で凡退するも、なおも二、三塁。チャンスで澤優輝(人2=東京・国学院久我山)に回ってきた。初球を思い切り振り抜くと、打球は左中間のフェンスを越えていった。打った瞬間本塁打と分かる当たりで、早大は5対2と一気に試合をひっくり返した。援護をもらった松下はその後1失点こそしたが、7回まで投げ切り勝利を収めた。

公式戦の舞台で初めて7回を投げ切った

 新体制として迎えた初陣。序盤はミスが絡んで失点するなど重苦しい空気が立ち込めたが、終盤に逆転。地力の強さを見せつける試合展開となった。リーグ戦2試合にして、早大は早くも絶対王者日体大との試合を迎える。秋季リーグ戦優勝を狙っていく上でも落とすことのできない一戦。学習院大戦のように粘り強い試合を展開していけば、突破口を見つけることができるはずだ。

(記事、写真 大島悠希、吉田昭太)

コメント

高橋尚希主将(スポ3=宮城・泉館山)

――主将として臨む初陣となりましたが

まず1勝できて、ほっとしました。きょうの学習院大戦は自分としてはコールド勝ちしたかったですが、結構厳しい試合となりました。とりあえず1勝できたことにほっとしてます。

――自身はこれまでの三塁ではなく遊撃の守備に入られましたが

丹野(スポ4=兵庫・滝川)さんが抜けて、その穴を埋めるためにことしからショートをやろうと思ってます。慣れない部分はあったのですが、きょうはエラーはなかったです。前に守ったり、後ろに守ったりというポジショニングの部分で自分に合ったポジションを見つけられていないので、来年誰がショートを守るにしろ、丹野さんを超えるショート、それに匹敵するショートを見つけていければと思います。

――きょうのチームとしての収穫は

2点差とはなりましたが全員出て、1年生も活躍してましたし、上級生は刺激を受けた印象がありました。

――きょうは松下(直矢、スポ3=京都・南陽)選手が完投しましたが

インカレでは山内(壮起、スポ3=千葉・成田国際)が先発して松下に交代するという1つのパターンしかなかったです。ことしは松下が完投する力を身につけて、山内から松下、松下から山内という継投が可能になるので、いい経験にはなったと思います。この秋を通して、松下が先発する試合も増えてくると思います。

――次戦は日体大との一戦となりますが

この時期に日体大と戦えるのはいい経験になると思いますし、できれば全員出して王者の力を感じて欲しいと思います。その中で勝てれば、いい出だし、いい収穫になると思います。

吉原陸副将(スポ3=福島・安積)

――新体制に向けての意気込みは

全日本総合が終わってから新チームが始まるまで時間がそんなになくて、やることがいっぱいあるなと思っています。一つ一つ、やらないといけないことを潰していかないといけないかなと思います。

――これまであまり練習されてこなかったであろう内野を途中から守りましたが

インカレ、東日本の1カ月前からはずっと外野守備をやってました。それまでは先のことを見越して内野守備をしてました。守備に不安がないといえば嘘にはなりますが、それなりにこなせるかなと思ってプレーしています。

――5回には2つのゴロを軽快に捌きましたが

内野守備は慣れてないので守っていると緊張するのですが、しっかりと捌けたので良かったと思います。

――ソフトボールでは前の守備で警戒する場面も出てくると思いますが

二遊間が二人抜けてしまったので、セカンドとショートの穴埋めを早めにしないといけないので、自分だけではなくいろいろな選手が多くのポジションを守れるように練習してます。

――次戦に向けての意気込みは

あした日体大なので、勝つというのはもちろんなのですが、しっかりと自分に足りないものが見つかればと思っています。ただ新チームと始まってすぐに日体大と戦えるというのはプラスに捉えて戦いたいと思います。

松下直矢(スポ3=京都・南陽)

――どのような投球をしようと試合に臨んだのか

球種3種類あるんですけど、全部うまく使って打者を打ち取れればなという感じで臨みました。基本的にはドロップで打ち取るのを意識して投げました。

――公式戦初完投ということで、7回を投げてみて疲労などの手応えをどのように感じていますか

疲労はそんなになくて、手応えとしては球数が多かったので、これからはもっと球数を少なく、完投するならしていかないといけないかなという風には思いますね。

――これからの先発マウンドに向けて抱負をお願いします

初回の失点をなくせれば、初回をリズムよく3人で取れればと思います。

澤優輝(人2=東京・国学院久我山)

――試合にどのようなイメージで臨んだのか

秋季リーグ戦1試合目だったので、新チームの出だしということで、初めて勝つことももちろんなんですけど、自分も結果出せればいいかなと思って臨みました。

――結果的にはスリーランを含む2安打の活躍だったが、どのように感じていますか

今大会は首位打者目標にやっているので、その中でいい滑り出しができて非常に良かったと思います。

――同点に追い付いた後の打席でのホームランだったが、何か意識はしていたのか

特に点差とかは気にしてなくて、打席に集中して、きたボールをしっかり打つということだけで臨みました。

――今後に向けた抱負をお願いします

このままずっとアウトにならない打席を続けてどんどん打ち続けられればいいかなと思います。