メニュー

ソフトボール部

2019.09.22

東京都大学連盟春季リーグ戦 9月21日 埼玉・早大所沢キャンパス

主軸が結果を残す! 投打がかみ合い、東京学芸大を撃破

東京都大学連盟秋季リーグ戦
早 大
東京学芸大
〇伊藤、増田―渡邉
◇(二塁打)小野寺

 1週間前から開幕した秋季リーグ戦(東京都大学連盟秋季リーグ)。その最初の2連戦でわずかに2得点しか挙げられず、得点力が課題となっていた早大。投手陣は先代から引き続きマウンドを守り続けている伊藤貴世美(スポ3=千葉経大付)と増田侑季(スポ2=香川・高松南)が安定した内容を見せてきている。それだけに、打線の奮起が求められたこの試合だったが、見事なつながりを見せ、6-0で快勝を収めた。

 先発の伊藤は初回、「思ったよりボールがコースに行かなかった」と甘く入った球を連打され、さらには四球も与えて満塁のピンチを招いてしまう。しかし、そこで自らタイムをかけ、自分のペースを取り戻すなどして後続は打ち取り、立ち上がりがさえない中でも何とか無得点に抑える。その後も、「しっかりとコースを突いた」と持ち前の安定感を発揮して相手打線をほんろう。スコアボードに0を重ねていき、5イニングを無失点という好投を披露した。

伊藤は今日も安定していた

 そんな中、打線は初回こそ無得点に終わるものの、2回にDPに入った増田の四球と瀬戸真咲(スポ1=東京・学習院女)の内野安打で得点圏にランナーを進める。そこで、続くラストバッターの鈴木茉菜(スポ1=東京・鴎友学園女)がきっちりと犠牲フライを放ち、早々に先制点を奪取することに成功する。さらに3回には無死から堀奈々美(スポ3=千葉経大付)と、渡邊佳子(スポ1=東京・学習院女)が連続でヒットをマークして無死一、二塁とさらなる追加点の好機を演出。そこで打席に立ったのは現体制でここまで4番に定着するも、なかなか快音が聞かれていなかった小野寺詩織(スポ3=千葉経大付)。「ストライクを振りに行くことだけを考えた」と頭の中をシンプルにして臨んだことが功を奏し、打球は右中間を真っ二つに破る大きな2点適時二塁打となった。さらに続く反町結佳(スポ1=愛知・瑞陵)も左前適時打で続きこの回に一挙3点を挙げる。これで勢いに乗った早大はさらに相手の守備の乱れに乗じるなどして、後半イニングで3点を追加。6回から伊藤をリリーフした増田も2イニングを零封し、試合終了。投打のかみ合う理想的な試合運びを見せてくれた。

4番の打棒がついに火を噴いた

 この試合では見ていて安心感をもたらす試合展開を披露してくれた早大。しかし次戦以降は今年のインカレ(全日本大学選手権)覇者の日体大と対戦するなどまだまだ気の抜けない試合が待ち受けている。この代となってからどこまで強豪校と戦うことができるのかを見極めるうえでも、重要なポイントとなってくる試合の行方から目を離すことはできないだろう。

(記事、写真 篠田雄大)

★強力な助っ人はまさかの…

代打として登場し、見事に右前打を放つ神

 今日の試合では、正規メンバーに加えて驚きのメンバーがグラウンドを駆け抜けていた。背番号13番…。先代で不動の1番打者としてチームに欠かすことのできない役割を担っていた神樹里乃(スポ4=北海道・とわの森三愛)だ。元来インカレ(全日本大学選手権)の終了をもって4年生はソフトボール部を引退することが決まるが、下級生に喝を入れ、チームに勢いをもたらすために進んでベンチ入り。試合中は率先して声を出して選手たちを必死に鼓舞する姿が目立ったが、極め付きは6回だった。無死一塁から9番・鈴木の代打としてバッターボックスに立つと、ライト前に鮮やかなヒットを放ち、さらなる追加点奪取の立役者となった。今後も部としての練習に帯同し、さらなる公式戦への出場も示唆した神。「この代こそは勝ってほしい」と、今後も背番号13は力強く後輩たちをバックアップしてくれることだろう。

(記事、写真 篠田雄大)

関連記事

新チームでの初陣は1勝1敗/東京都大学連盟秋季リーグ戦(9/16)

コメント

神樹里乃(スポ4=北海道・とわの森三愛)

――新体制の雰囲気を肌で感じられていかがでしたか

今まで私たちが出させてもらっていた中で、裏の仕事をやってもらっていて、今みんなが全面的に試合に出ているので、今まで抑えていた分をプレーで発揮できていると思います。

――6回に代打でヒットを放たれました

今日スタメンで出ていた鈴木(茉菜、スポ1=東京・鴎友学園女)の代わりに出させてもらったということで絶対にヒットを打とうという気持ちで打席に入って、結果的にチャンスを広げられてよかったと思っています。

――今後もチームに帯同されますか?

練習から一緒にずっとチームと一緒にやりたいと思っています。公式戦は出場できるときはしたいと思っています。

――後輩たちへメッセージをお願いします

初戦敗退はもう飽きたので、この代こそは勝ってほしいです!

小野寺詩織(スポ3=千葉経大付)

――3回の2点適時打の打席をふりかえってください

打ち気にならないようにとにかく打てたらいいなくらいの気持ちで自分的には打席に入ってあのような結果を出せたので、しっかりと気持ちを作って頑張りたいと思います。

――打った球は狙っていましたか

いえ。相手の投手もそこまで厳しいコースに投げてくるわけではなく、審判もあまり四隅を取らなかったので、何も考えずにストライクを振りに行くことだけを考えていました。

――新体制では4番に定着されていますが、ご自身の役割に関して意識されていることはありますか

自分の中では今までの4番バッターのようにガンガン打つというよりは、調子や場面によっては小技をするなどなんでもやるつもりでいるので、あまり4番打者という意識はなくて、単純に4番目のバッターだと思っています。

――下級生が数多く試合の出場していますが、その中でのご自身の役割に関してはどうお考えですか

今まで出ていた分しっかり結果を残して、チームを引っ張りたいと思っているんですけど、あまり自分にプレッシャーを与えすぎるのもよくないと感じているので、自分のペースでやっていきたいと思います。

――混戦のリーグ戦の中でのご自身の目標をお聞かせください

もうすでに東女(東女体大)に負けてしまっているし、2勝もできているので、大会というよりは新チームとしての戦い方を考えていけるような試合をしたいと思います。関カレ(関東大学選手権)もあるので、それに向けての予行演習という意味合いでも頑張りたいです!

伊藤貴世美(スポ3=千葉経大付)

――初回に連打などで満塁のピンチを招きましたが、ゼロでしのぎました

思ったよりボールがコースに行かなくて、決めたいところに決めきれなくて打たれてしまったので、これは違うなと思って自分でタイムをかけて切り替えたことで、抑えることができてよかったと思います。初回をしっかりと抑えようとピッチングを変えたんですけど、立ち上がりが悪いことがあまりなかったので、自分自身びっくりしました

――東京学芸大打線を抑えるにあたって意識されたことは何ですか

結構思い切り振ってくるので、ちゃんとコースを突いて、ただ審判もストライクゾーンなども考えてピッチングを組み立てました。

――ルーキーの渡邉(佳子、スポ1=東京・学習院女)とバッテリーを組まれていますが、意思疎通などはどのように図っていますか

なるべく普段から配球の話や試合の立て方、外野の動かし方なども含めて話すようにしていて、自分自身もサインを出したりして、なるべく早くサイン交換ができるようにしています。

――リーグ戦でのご自身の目標をお聞かせください

まず明日の国士舘大戦をしっかりと勝って、日体大戦も今まではなかなか勝てていなかったので、新チームではしっかりと自分たちがやってきたことを生かして、勝てるように頑張りたいです!。