メニュー

バドミントン部

2019.09.18

関東大学秋季リーグ戦 9月16日 神奈川・日体大健志台キャンパス

男子は強敵に惜敗。女子はリーグ2勝目を手にした!

 リーグ戦3日目は男女明暗が分かれる結果となった。リーグ1勝1敗の女子部は総じて安定した試合運びで専大を破った。対し、男子はシングルスとダブルスともに活躍した大林拓真(スポ2=埼玉栄)が白星を挙げるがあと1勝がとれず2−3と強敵日大に敗北した。

  男子は惜しい敗北となった。ベトナムから帰国したばかりの大林が第1シングルスと小野寺雅之(スポ3=埼玉栄)との同門ペアとして第1ダブルスに参戦し活躍。どちらの試合も快勝したが、第2シングルスの渡辺俊和主将(スポ4=埼玉栄)と第2ダブルスの友金利玖斗(スポ2=兵庫・神戸村野工)・緑川大輝(スポ1=埼玉栄)組が敗北。吉村徳仁(スポ4=富山・高岡第一)が第3シングルスでフルセットの粘りを見せるも一歩及ばず、2−3と強敵相手に惜敗に終わった。

強敵相手に実力を見せつけた小野寺(左)・大林組

  女子は上級生と下級生ともに活躍を見せた。第2シングルスで登場した吉田瑠実(スポ1=埼玉栄)は緩急をつけて相手を前後に揺さぶり着実にミスを誘って得点を重ねる。第1ゲームではクリアがアウトになるミスが度々あり、シーソーゲームが続いた。しかし、第2ゲームからミスが減り、かつ素早いフットワークで相手の球を確実にとって終始優位に立ち、チームに1勝をもたらした。しかし、2−0で勝ったにも関わらず吉田は試合後「技術面でも自分のやりたいことができずに終わってしまったので、課題が多いです」と反省を口にした。吉田をはじめとしてシングルスは全て、ダブルスは1つ勝利し、4−1でリーグ2勝目を手にした。

白星を挙げた1年生の吉田

 リーグ2勝目をつかんだ女子部と2連敗となった男子部で明暗が分かれた。女子はそれぞれが活躍できたが、男子は小野寺、大林の2人のみが白星を挙げる結果となった。強敵日大相手であったが、これから先を勝ち進むにはそれぞれが活躍をしなければならない。この悔しさをばねに後半戦を戦い抜けるか。また、女子は良い流れのまま勝つことができるか。勝負の後半戦が始まる。

(記事 北﨑麗、写真 望月清香)

結果

▽男子団体●2-3日大

シングルス1 大林拓真○2-0(21-18、21-11)

シングルス2 渡辺俊和●0-2(15-21、14-21)

ダブルス1 小野寺雅之・大林拓真○2-0(21-17、21-16)

ダブルス2 友金利玖斗・緑川大輝●0-2(16-21、16-21)

シングルス3 吉村徳仁●1-2(14-21、21-10、15-21)


▽女子団体○4-1専大

シングルス1 鈴木ゆうき(社2=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-0(21-17、23-21)

シングルス2 吉田瑠実○2-0(21-19、21-13)

ダブルス1 桃井伶実女子主将(スポ4=石川・金沢向陽)・平野紗妃(スポ2=福岡・九州国際大付)●0-2(11-21、12-21)

ダブルス2 吾妻咲弥(スポ3=福島・富岡)・鈴木ゆうき○2-0(21-14、21-13)

シングルス3 松本茜(社4=福岡・九州国際大付)○2-0(21-14、21-19)


コメント

大林拓真(スポ2=埼玉栄)

――夏は特にどのようなことに取り組んできましたか

海外の試合や国内の試合は色々ありますけど、1回終わるごとに学べることが結構たくさんあります。大阪インターナショナル2位だったり、去年1回戦負けしていた国際大会で予選負けしなかったりしていて、この春リーグ2位で結構積み重ねてきたこととか、今までやってきたことが、きょうの2勝につながったと思います。

――シングルスでは終始相手よりも優位に立ってプレーできていたように感じたのですが、ご自身で振り返っていかがでしたか

ベトナムから今朝帰ってきて試合だったので、思ったプレーができないのはコンディション的にも当たり前だと思います。でも、その中で自分のできることを全部やってしっかり競ることなく勝てたというのは、忙しかった中でも良かったのかなって思います。

――ダブルスでは小野寺選手とペアでしたがどのような攻め方をしていこうと考えていましたか

自分はシングルスプレイヤーでナショナル入っていますし、先輩はダブルスプレイヤーでナショナル入っているので、そんな先輩と組めているから絶対負けられないっていうプレッシャーもあります。でも、逆にすごく頼もしいです。あと海外遠征とか多くてシングルスばかりで組んで練習することがあんまりできないので、作戦的にこうしようとかはないです。去年インカレ(全日本学生選手権)優勝したときも、学生の大会があるときも、楽しんでプレーしようっていうのは2年生になっても崩れてないです。

――きょう全体の試合を通してどのように感じていますか

きょうと最終日しか出られなくて、日大戦で相手もすごく強いチームなので、こんなこと言ったら失礼かもしれないですけど、勝たせたいというか。でも結果的には負けてしまったので、自分が2勝したとかそういうことよりも負けたことが普通に悔しいです。

吉田瑠実(スポ1=埼玉栄)

――今大会に向けて夏の期間はどのような練習に取り組んできましたか

足が動かなくなってしまうので、相手よりも自分の方が足が動くように練習しました。

――今大会は団体戦でしたが、どのような戦い方をしたいと考えていましたか

自分が出たところは落とさずに頑張りたいと思っていました。

――個人戦と団体戦では緊張感という点で違いはありますか

違いますね。団体戦の方が安心してできます。

――それはやはり応援の力でしょうか

はい。仲間とかだと思います。

――きょうは自分のやりたかった戦い方ができましたか

できなかったです。技術面でも自分のやりたいことができずに終わってしまったので、課題が多いです。後半戦も頑張りたいと思います。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

出たところは全部取ります。