メニュー

バレーボール部

2019.09.14

秋季関東大学リーグ戦 9月14日 千葉・キッコーマンアリーナ

最後まで攻めの姿勢を崩さず日大に勝利

 秋季関東大学リーグ戦(秋季リーグ戦)二週目、早大はきょう先週の2試合で関東1部の強豪・明大、東海大を撃破した日大と戦った。第1セットを危なげなく先取するも第2セットで相手の『攻め』の姿勢に苦しみセットを落としてしまう。しかし第3セット以降早大も負けじと攻め続け日大を圧倒。セットカウント3-1(25-15、19-25、25-21、25-23)で勝利し開幕3連勝を飾った。

 

試合は中村駿介(スポ3=大阪・大塚)のサーブミスで始まった。武藤鉄也副将(スポ4=東京・東亜学園)のクイックですぐに追いつくもサーブミスが目立ちなかなかブレークすることができない早大。しかし3-4から青学大のサーブミスで同点になると村山豪(スポ3=東京・駿台学園)のクイックで初めてのブレークを取る。その後は落ち着いて点を重ね続ける。16-9の場面から中村が1枚で日大の強烈なスパイクを阻止すると早大にさらなる拍車がかかった。このまま主導権を引き渡すことなく宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)に代わって出場した中島明良(法1=京都・洛南)がクロススパイクを決めて25点目。危なげなくセットを先取した。迎えた第2セット、早大は序盤から日大のスパイクやクイック、フェイントといった様々な攻撃に苦戦しなかなか主導権を握れない。レセプションアタックも決まらない中で武藤副将のクイックなどで点数を重ねていく。両校譲らぬ展開が続くも一歩前に出たのは日大。17-18から日大はフェイントなどでブレークを取り続けた。17-21で早大陣営がタイムアウトを取り巻き返しを図るも日大の勢いは止まらない。結局5連続得点を許し点差は6点に。宮浦のスパイクや村山のクイックで反撃するも時遅し。23-25で早大は秋季リーグ戦初めてセットを落とした。

早大の攻撃陣を操る中村

  立て直しを図りたい第3セット、日大のレセプションアタックから始まった。3-4の場面からサービスエースが決まりこのセットも日大ペースでいくかに思われた。しかしその後は両校一進一退の攻防が繰り広げられる。16-15で吉田がスパイクを決めると徐々にペースは早大になり始めた。終盤にはこの試合2度目となる村山のバックアタックにより20点目。そして武藤副将のスピード感のあるクイックにより23-19と4点リード。最後は大塚達宣(スポ1=京都・洛南)のパイプ、宮浦のスパイクがそれぞれ決まって第3セットは早大が獲得した。迎えた第4セット、このセットの立役者は大塚だ。レフトからのスパイクやパイプを織り交ぜながら10点以上を獲得した。そんな大塚の活躍や武藤のブロックが功を奏し中盤まで連続得点を重ね続けた。セット終盤にはなかなかブレークを取ることができない展開となるもサイドアウトは着実に取り続けた早大。25-23でこのセットも獲得し見事勝利をものにした。

第4セットの立役者・大塚

  この試合で目立ったのは堀江主将をはじめとする上級生の盛り上げだ。サッカーやバスケットボールと比較してとても狭い空間の中で行われるバレーボール。狭い空間の中では雰囲気が伝染しやすい。それは良い方向にも悪い方向にも向かうのだ。東日本大学選手権では悪い雰囲気が伝染してしまい立て直すことができなかった早大だがきょうは違かった。上級生の1点1点を取るごとの喜びでいい雰囲気が伝播していったかのようであった。その結果つかんだ勝利ともいえる。確実に早大はプレー面だけでなく成長し続けている。

(記事 萩原怜那 写真 松谷果林、友野開登)

セットカウント
早大 25-15
19-25
25-21
25-23

日大
スタメン
レフト 吉田悠眞(スポ2=京都・洛南)
レフト 大塚達宣(スポ1=京都・洛南)
センター 武藤鉄也(スポ4=東京・東亜学園)
センター 村山豪(スポ3=東京・駿台学園)
ライト 宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)
セッター 中村駿介(スポ3=大阪・大塚)
リベロ 堀江友裕(スポ4=和歌山・開智)
コメント

堀江友裕主将(スポ4=和歌山・開智)

――今のお気持ちをお願いします

3-1でしたが勝ててよかったです。

――明大、東海大に勝っていた日大との闘いでしたがなにか意識しましたか

今までもストレートで勝てるという意識が日大に対してはなかったし、その上連勝していたのでいつもよりかはしっかりやらないといけんなということが全体としてありました。

――試合では日大のどのようなところに苦戦しましたか

やはり思い切ってスパイクを持ってくることやサーブも攻めてきたり揺さぶってくるところです。それに対して自分はレセプションを任してもらって攻撃陣には攻撃に集中してもらうということを完ぺきではなかったですがある程度できたのかなと思います。

――第2セット取られてからどのようなところを修正していきましたか

サーブで攻め込まれてファーストブレイクやサイドアウトが取れていない状況でした。きょうはレセプションの高さがなくてセッターの駿介(中村、スポ3=大阪・大塚)があまり良くトスを上げれていなかったのでやはり強いサーブでも高さを作っておけば(駿介は)Bパスからでも上げられるセッターなのでそう言ったことを意識して、できたかどうかは分からないですがレセプションの高さを修正しようと(チーム内で)話していました。

――きょうはいつもよりも堀江さんがチームを盛り上げている印象でしたがそれについてはいかがでしたか

後輩が本当にすごくて、悠眞(吉田、スポ2=京都・洛南)も秋から出てもちゃんと活躍できる選手なので僕はおだて役というかチームを盛り上げればチームの歯車がかみ合うかなと勝手に思っています。チームが劣勢であってもその盛り上げるということがキャプテンとしての仕事なので継続してやっています。特にきょうは1セット取られたりして雰囲気が悪くなったりということがあったので意識はしていました。

――あすへの意気込みをお願いします・

一戦一戦勝つだけなのであすは順大できょうのように乱されるかもしれないですがこっちのやることはぶらさずにいいバレーをして勝てたらいいなと思います。

村山豪(スポ3=東京・駿台学園)

――きょうの試合を振り返って

1セット目は早稲田の形がしっかりできていましたが、2セット目はあのように先にいかれてしまって。相手ももちろんすごくいいチームなので、やはり1セット目のようにどんどん先に攻めていかないとなと感じました。ずるずるといってしまったのを反省しています。

――この夏重点的に練習したことや意識したことなどはありますか

早稲田にいる時間が短く、代表としての期間のほうが長かったです。試合が多かったので、試合では日本では経験できないような高さとパワーをたくさん体感できました。ミドルブロッカーはやはり駆け引きが重要なポジションだと思っているので、色々なことをを自分の中で吸収できたのが大きな収穫でした。

――きょうはバックアタックも決められていましたが、普段から練習に取り入れているのでしょうか

練習でも駿介(中村、スポ3=大阪・大塚)と結構合わせる練習をしていました。いけそうだなと思ったのでトスを上げてもらいました。いまは後衛のときに真ん中でレシーブしているので、攻撃に参加できるときはどんどん入っていきたいなと。自分の役割はやはり攻撃にあると思っているので、今の自分の課題としてしっかり意識するようにして、バックアタックにも挑戦しているという感じです。

――ラリーになる場面がとても多かったですが、体力的にきつい部分はあるのでしょうか

お互いにレシーブがすごく良かったので、ラリーが続いている時に前衛だとしんどい部分もありますね……。なかなかボールが落ちないときも多かったです。

――あすに向けて

あすも粘られる試合になると思っています。(順大は)器用な選手がたくさんいるチームなので、それに負けないくらいのサーブやブロックをやっていけたら良い試合になると思うので、しっかり頑張りたいです。

吉田悠眞(スポ2=京都・洛南)

――きょうの試合を振り返っていただけますか

自分はミスを出さないというポジションなのにシャットやサーブミスなどミスが多かったので、そういう点ではまだまだ改善していかなくてはいけない課題が見つかった試合でした。

――リーグ戦が2週目に入りましたが、ご自身の調子はいかがですか

悪くもなく良くもなくという感じですが、これからどんどん相手も強くなっていくので、より調子を上げていかなくてはいけないなと思っています。

――スターティングメンバーの中でのご自身の役割をどう捉えていますか

コートの中では下級生なので盛り上げることも大事ですが、今は自分が上手くいっていない時に逆に先輩たちに盛り上げてもらっている立場なので、そこをもっと自分が盛り上げていくという気持ちを持ってやっていかなくてはいけないと思っています。

――きょうは守備でもいいプレーが見られましたが、守備で意識していることはありますか

自分は涼平さんが抜けて入ったということで守備範囲とか関係性とかがまだまだ浅く誰に任せるかとか迷ってしまうことが多いので、まず足を動かして取りに行く、そこから判断するという風には意識しています。

――あしたへ向けて一言お願いします

あしたはライト攻撃が早かったり展開が早いチームなので、そういう面では自分が遅れないようにして、きょうミスを出してしまった分あしたはミスを出さないようにチームに貢献していけたらいいなと思います。