メニュー

卓球部

2019.09.09

秋季関東学生リーグ戦 9月4、5日 港区スポーツセンター

「最初から全力で」、開幕3連勝でリーグ後半戦へ!

 秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)がいよいよ開幕を迎えた。4年生にとっては最後のリーグ戦となるだけに有終の美を飾りたい早大。4、5日は港区スポーツセンターにて計3試合が行われた。初日は筑波大に4-0のストレート勝ち。2日目に行われた2試合はどちらも4-1で危なげなく勝利を収め、3連勝でリーグ戦前半を終えた。

初戦の筑波大戦に4番手で登場した鎌田主将


  初戦の相手は筑波大。「最初から全力で」(鎌田那美主将、スポ4=北海道・駒大苫小牧)との言葉通り笹尾明日香(社2=神奈川・横浜隼人)、岩越帆香(福岡・希望ヶ丘)の2年生コンビが幸先良く2連勝。続く鎌田主将・金子碧衣(スポ4=愛知みずほ大瑞穂)組も4年生の実力を見せつけ快勝を収め、3-0で迎えた第4戦に主将の鎌田が登場。序盤はカットマンに苦戦も、「2セット目からは大事なところで焦らないように集中できた」(鎌田)と落ち着きを取り戻し、終わってみれば3-1の快勝。チームも大事な初戦を4-0のストレートで勝利した。

ダブルスに臨む笹尾・岩越組。2年生コンビはシングルス、ダブルス共に無敗。


 2日目は日体大戦と専大戦の2試合が行われた。1試合目の2番手には1年生の黒野葵(スポ1=東京・武蔵野)が登場。3度デュースに持ち込むフルゲームの接戦を制し、チームに勢いをもたらす。4番手の金子こそ相手のバック強打に苦しみストレート負けを喫したものの、その後の鎌田・金子組ダブルスで安定のコンビネーションを見せ、ファイナルスコア4-1で勝利。続く第3試合では1番手の鎌田がゲームオールの接戦を繰り広げたが惜しくも敗れ、不安の募る幕開け。続く笹尾も第1ゲームを落とし、チームに暗雲が立ち込める。しかし、「リーグ戦が始まる前(調子が)があまりよくなくて」と本調子ではない中、笹尾が2ゲーム以降は粘りのラリーを展開する。デュースを3度制すなど3-1で逆転勝ち。勢いに乗った早大はそこから3連勝で、2戦目も4-1での勝利。開幕3連勝でリーグ制覇へ上々の滑り出しとなった。

1年生の黒野がチームを勢いづける勝利を挙げた


 「まずは前半戦でしっかり勝ち切ること」(鎌田)との目標通りの3戦全勝で、リーグ戦前半を折り返した早大。鎌田、金子の4年生がシングルスで苦戦する中、1年生の黒野や笹尾・岩越の2年生コンビがチームに勢いをもたらすゲームを展開。下級生の活躍がチームを支えている。しかしリーグ戦後半では春のリーグ戦上位チームとの連戦が控えているだけに、経験豊富な上級生の活躍が必須。「このチームで戦う最後のリーグ戦なので全員で絶対優勝する」(鎌田)。四年間の全てを懸け、リーグ戦後半へと挑む。

(記事 涌井統矢、写真 坂田美咲、大島悠希、小野寺純平)



結果

▽女子 第1戦

VS 筑波大 ○4―0

○笹尾明日香3―1田口瑛美子

○岩越帆香3―0望月樹奈

○鎌田那美・金子碧衣組3―0平川咲・望月樹奈組

○鎌田那美3―1中田玲奈


▽女子 第2戦

VS 日大 ○4―1

○笹尾明日香3―0高橋花

○黒野葵衣3―2関口綾乃

○岩越帆香・笹尾明日香組3―0石田茜・後木玲奈組

●金子碧衣0―3後木玲奈

○鎌田那美・金子碧衣組3―1藤尾真結・関口綾乃


▽女子 第3戦

VS 専大 ○4―2

●鎌田那美2―3木村香純

○笹尾明日香3―1大島奈々

○岩越帆香・笹尾組3―0大島奈々・永道麻依加組

○岩越帆香3―1柴田理彩

○鎌田・金子碧衣組3―0枝松亜実・木村香純


コメント

鎌田那美主将(スポ4=北海道・駒大苫小牧)

――最終学年での最後のリーグ戦でしたがどのような意気込みで臨まれましたか

そうですね、私たち4年生にとっても最後なんですけど、まずはこのチームで戦う最後のリーグ戦なので全員で絶対優勝するという強い気持ちを持って挑もうという気持ちでした。


――このリーグ戦に向けてインカレ以降、チームとしてどのように準備されましたか

そうですね、インカレではベスト16で負けてしまって入賞もできなかったので、秋リーグではまずチームワーク的な部分でそれぞれひとりずつ役割を持って、チームワークを大事にしようというところから入りました。


――初日の試合はチームとして振り返っていかがでしたか

最初から全力で一番いい雰囲気を作ろうという話をしていて、サポートの準備とかもスムーズにやって頂いて、そのおかげで結構一番からも頑張って集中して入れたので、そこで一番の笹尾が思い切ってやってくれたことで勢いに乗れたかなと思います。


――初日の試合を個人として振り返るといかがでしたか

最初、ダブルス出させて頂いて、流れを切らさずできて良かったと思うんですけど、その後のシングルスでちょっとまだ力みというかちょっと修正点が多かったので修正していきたいと思います。


――カットマンとの対戦で、工夫したことや対策を教えてください

結構カットに負けたりで焦ってしまうことが多いので、きょうはゆっくり入ろうと思って臨んだんですけど、結局1セット目焦ってしまって。2セット目からは大事なところで焦らないように集中できたので良かったと思います。


――このリーグ戦でのチームとしての目標を教えてください

まずは前半戦でしっかり勝ち切ること、一戦一戦頑張って全勝して、後半戦にいいかたちでっていう流れを持って臨めるようにそうですね。一戦一戦頑張っていきたいと思っています。




笹尾明日香(社2=神奈川・横浜隼人)

――今回のリーグ戦の個人としての意気込みをお願いします

このチームで戦う最後の団体戦なので、シングルス、ダブルスの全部を勝つことが目標です。


――これまでの3試合を振り返っていかがですか

どのチームも強いので、厳しい戦いではあったんですけれど、何度か危ない場面もありましたが、切り抜けて3戦連勝することができてよかったです。


――専大戦では2番手での出場でしたがどのような意図があったのですか

監督の意図です(笑)。


――個人とダブルスでどちらも無敗でここまでやってきましたが、ご自身の状態としてはいかがですか

リーグ戦が始まる前(調子が)があまりよくなくて、でもそれではいけないと思って何とか調整して、いっぱい練習をして、絶好調なわけではないんですけど、何とか戦える所までは調整できているかなというかたちです。


――次戦の日大戦の意気込みをお願いします

日大も強い選手がいっぱいいますし、後半戦の最初の1戦ということで勢いが大事だと思うので、全員が一丸となって戦って勝利したいと思います。