メニュー

ホッケー部

2019.09.03

関東学生秋季リーグ 9月1日 早大東伏見グラウンド

秋リーグ開幕戦、東大に快勝

 関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)が開幕。早大は初日の第4試合に登場した。対戦相手は東大。第1クオーター(Q)、DF齊藤湧大副将(スポ4=栃木・今市)のアシストからFW村上和亮(政経2=東京・早大学院)が先制シュートを決めた。その後、DF中嶋鍊(スポ4=島根・横田)がペナルティーストローク(PS)とペナルティーコーナー(PC)で2得点、第4QにはFW平岩佑利(スポ1=奈良・天理)が追加点を獲得し、4-0で快勝。春季リーグに続き、初戦を白星で飾った。

 序盤から敵陣に攻め込み、先制のチャンスを作った早大。開始約9分、DF中嶋からFW今村光成(商4=東京・早大学院)、そしてMF大野誠弥主将(政経4=東京・早大学院)へとパスが繋がり、MF大野主将がそのまま一気にサークル近くまで駆け上がりDF齊藤副将にパス。DF齊藤が放ったシュートをさらにFW村上が押し込み、ゴールへと導いた。熟練した4年生の連係に加え2年生FWが絡んだ好プレーに、観客も盛り上がりを見せた。第1Q約10分には早大がPSを獲得。登場したのはDF中嶋。指の骨折が完治しておらず故障を抱えての出場となったが冷静にPSを決め、最大の好機を見事ものにした。第2Qに入り、追加点はならなかったものの攻撃の手を緩めず早大のペースをキープし続け、前半は東大に反撃の隙を与えなかった。

連係プレーで先制点を獲得したMF大野主将(左)、DF齊藤(中)、FW村上(右)

 試合後半は少しずつ相手に攻められる場面が見られるようになったが、それでも主導権を握っていたのは早大である。FW村上やMF大森悠人(政経2=東京・早大学院)が積極的にシュートを放つ中、第3Q終了間際にPCを獲得。ここでもDF中嶋がしっかりと決めきり、3-0に差を広げた。第4Qにも再びPCを獲得したが、ここは惜しくもゴールの枠を捉えられず。第4Q開始約7分にはFW平岩佑利(スポ1=奈良・天理)がサークルインし、ゴール直前から隙を狙ってシュート。さらなる追加点を決めた。試合終盤には相手が連続でPCを獲得したが、早大の守護神・GK山本健悟(社4=滋賀・伊吹)の好セーブにより失点を免れた。ラスト1分は自陣でのプレーが多くなったものの、MF山下翼(スポ3=滋賀・伊吹)らの巧みな技術によるディフェンスで相手の攻撃を阻止。無失点で試合を終えた。

好プレーを見せる手負いのDF中嶋

 春季リーグ3位という目標を達成した早大。秋季リーグは優勝を目標として挑んでいく。頂点への道は決して易しいものではないが、まずは初戦、最後まで主導権を握り続けて勝利を掴み、幸先のよいスタートを切ることができた。この勢いのまま、上位リーグ、そして決勝進出を期待したい。

(記事 小出萌々香、写真 渡邉彩織)

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
東大


コメント

 

MF大野誠弥主将(政経4=東京・早大学院)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

早い時間で先制点を決めることができて、自分たちのペースで試合を進めることができたので全体的に良かったのではないかと思います。

――関東学生秋季リーグに向けてどのような練習をしてきましたか

基本的なプレーのかたちっていうのはもう春季リーグと同じだったので、それの質を上げていけるように個人個人のスキルの見直しであったり、全体での意識っていうのを同じ方向に向けて意識して練習するようにしました。

――今回の試合を通して何か課題は見つかりましたか

自分たちのペースで基本的に進められていましたが、途中で結構ゆったりする時間があってちょっと相手のペースに合わせてしまうような場面が見られたので、緩急は大事だと思いますが、攻めるときは攻める、守るときは守る、そういったことをもっとメリハリをつけてプレーできたら良かったのではないかと思います。

――秋季リーグのチームとしての目標と個人としての目標をそれぞれ教えてください

秋リーグは優勝を目標に頑張っていきます。自分としては得点とかプレーの面ではこれといった目標はありませんが、チームに欠けているところを補足できるように自分が全体を見ながらプレーできればなと思っています。

――次の試合への意気込みをお願いします

次の試合がこのフル戦の結構キーとなる試合になるので、しっかり勝ち切って上位リーグ進出を決めたいと思います。

DF齊藤湧大副将(スポ4=栃木・今市)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

大野(大野誠弥主将)とちょっとかぶってしまいますが、まあ僕らのペースで入りも良かったですし、試合を展開できたので序盤から良かったと思います。

――先制点を決めたときはどのようなお気持ちでしたか

正直僕がシュートを打ちましたが、最終的に村上(FW村上和亮)か誰かが触って入ったんじゃないかと思うのでうれしかったですが、俺のゴールじゃないんだと少し残念な気持ちも正直ありましたが、決められて良かったです。

――今回の試合を通して東大の印象はいかがでしたか

練習試合とかは結構やっていたチームでしたが、それでも練習試合をみるとあまり点数が入らないとか、相手のペースでやってしまうようなプレーも結構多かったので、心配や不安もありましたが、実際試合になってそういうケースにはなることなくやれたので良かったと思います。

――秋季リーグの個人としての目標を教えてください

個人としての目標は僕14年くらいホッケーやってるんですが、これが最後のホッケーのシーズンなので、悔いの残らないように、最高成績を残せるように今後も三大会、リーグ戦、インカレ、早慶戦、まぁいければ全日本やっていきたいなと思うので、頑張っていきたいです。

――次の試合への意気込みをお願いします

次の試合も絶対に落とせない、目標に対して落とせない試合なので、今回は相手がちょっと言ってしまえば格下というのもありましたが、次はこれよりは確実にレベルが上がるので、しっかりと気を引き締めておごることなく、次も謙虚に頑張っていきたいと思います。

DF中嶋鍊(スポ4=島根・横田)

――今日の試合を振り返っての感想をお願いします

そうですね、僕、指が折れてたんですけど、その中で面白く活躍できたかなと。楽しかったですね、今日は。初戦だったので、目標としてた点数も取れてたので、まあチーム的にも個人的にもいい試合だったかなと思います。

――得点シーンを振り返って、いかがですか

一得点目はまあほんとにPSだったので、僕はほんとに何もしてないというか、ただゴール決めるだけだったので、皆の得点かなという風に考えてるんですけど、二得点目は今までやってなかったバリエーションの中で決められたので、しっかりPCのディフェンスの仕方も研究してたので、皆でミーティングして、いい流れで点取れたかなと考えてます。どっちも皆のおかげですね。

――秋季リーグの個人としての目標を教えてください

個人的にはきょうのPCもそうですし、得点に貢献することと、ディフェンスの一番後ろとしてしっかりゲームをコントロールする、なおかつディフェンスラインをしっかりと保つようなキープレーヤーになって、最終的にはチーム目標であり個人目標である決勝に進んで、リーグ戦優勝できるように、そういう目標で頑張っていきます。

――次の試合に向けての意気込みをお願いします

そうですね、まだ自分バキバキに折れたままなんで、骨が。それを治すことと骨折れてた方が上手いじゃねえかって言われないように、今日の自分を超えられるように次の試合も頑張っていこうかなと思います。