メニュー

準硬式野球部

2019.08.30

全日本大学選手権 8月22~27日 愛知・パロマ瑞穂野球場ほか

「焼肉パワーで打てた」(竹本)/優勝コメント集 1~3年生編

4試合に登板し、チームに貢献した福川

福川千明(スポ3=兵庫・白陵)

――全国制覇を果たしました。感想をお願いします

最高です!

――全日では5試合中4試合に登板し、いずれも好投しました。振り返っていかがですか

正直できすぎですね。去年の清瀬杯(清瀬杯全日本大学選抜)でメンバーに入れなくて悔しい思いをしていて、その分今年の気合いは半端ではなかったと思うので、その気持ちで頑張れました。

――準々決勝からは三連投でしたが、疲れなどはいかがでしたか

肩の疲れはかなりきていましたね。でも気合いでどうにかなりました。

――全日本大学選手権(全日)を振り返っていかがですか

この大会に出て日本一になるのが最大の目標だったので、しっかり野球と向き合ってきて良かったなと思っていますし、少しは貢献できたと思うので満足感もあります。今回の大会で活躍できたのは、自分のことを気にしてくれる周りの人たちのおかげだと強く思っているので、身の周りの人全てに感謝したいです。

――特に感謝している人を挙げるとしたらどなたでしょうか

菅野さん(太一、商4=東京・早実)かな。あの人は人間的にもできた人で。あの人自身もこの大会に懸ける思いはすごく強かったと思うのですが、メンバーに入れなくてもメンバーの人たちを全力で応援してくれて。本当に感謝しかないですね。練習中も、あの人が本気でメンバーに入ろうとして練習を頑張っているのを見て自分も頑張れたので、本当に周りの人たちに助けられました。

中村康祐(教3=早稲田佐賀)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

素直にうれしいですね。自分が打席に立っていて、スタンドやベンチから「康祐頑張れ」という声が聞こえて、途中泣きそうだったのですが、最後に一本出せて安心しています。

――全日はどのような舞台でしたか

楽しかったですね。自分たちがどれだけできるのかなって思っていた中で、大阪経大から国士舘、きょうの九産大と手強い相手に自分たちが打ち勝った、守り勝ったという試合だったので。楽しく野球ができたしそれで結果も付いてきたので、いい舞台だったなと思います。

――来年はもう一度全日に戻ってきて優勝するということが目標になると思います。その際中村選手は中心的な役割を担うと思いますが、今後に向けて一言お願いします

今の4年生は一人一人が役割を持っていて、杉山さんとかも春は投げられないなりにチームのために学生コーチのような立場でやってくれていました。いま控えの(3年生以下の)選手でも何かしら役目は出てくると思うので、それをメンバーに入っていた自分たちが背中で引っ張って示していかないといけないなと思います。

『どすこいポーズ』で喜びを表す竹本

竹本周平(人3=鳥取・米子東)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

最高です! 大好きな4年生と優勝できたので言うことないです。

――全日では4打数3安打でした。好調の秘訣はありますか

出発する前日、昨年卒業された将太さん(水野、平31スポ卒)に、中西さん(壮登、政経4=東京・早大学院)と一緒に某高級焼肉店でご馳走になりました。その焼肉パワーで打てたと思います。

――全日はどのような舞台でしたか

相手は本当に強いチームばかりで、そのいいピッチャーから打てたというのは自信になりました。この経験を今度の秋季リーグ戦やオーストラリア遠征にも生かしていきたいと思います。

塚脇太陽(人3=千葉・市川)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

ずっと目標にしていた日本一なので本当にうれしいです。

――全日では攻撃でも守備でも安定したプレーが光りました。振り返っていかがですか

どうにかチームに貢献しようと考えた結果、自分は守備やランナーを進めるバッティングなど、チームを支えることが役割なのかなと思っていました。守備ではミスがなく、バッテイングではいいところで一本出せたりしたのでいい結果が残せたかなと思います。

――きょうはタイムリーがありました。振り返っていかがですか

自分の中では調子はいいと思っていて、チームも押せ押せだったのでどんどんいこうと思った結果、うまくいって良かったです。

池澤一真(スポ3=栃木・大田原)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

うれしいのもありますが、単純にチームとしてすごいなと。他人事みたいになりますが、そういう感情がありますね。

――春季リーグ戦ではけがの影響などで出場がなく、全日は久々の公式戦でした。ご自身のプレーを振り返っていかがですか

公式戦自体5ヶ月ぶりでしたし、(東京六大学春季)リーグ戦とかは全く関わっていないので、チームに全日に連れてきてもらってチームに優勝させてもらったという感じです。僕は何もしていなくて、チームがすごいという感じですね。

――来年も全日に戻ってくることが目標になると思います。今後に向けて一言お願いします

良くも悪くもメンバーに下級生が多かったので、メリットとしては高いレベルを経験しているから高い意識で練習に取り組めるのかなと思います。でも下級生から出ている人は分析とかもされやすくなってしまうので、それを乗り越えられるような練習をしてもう一回全日に来れたらいいかなと思います。

『バント職人』として活躍した須能

須能浩太郎(商2=東京・早実)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

関東大会(関東地区大学選手権)で立教にコールド負けしたところから始まったと考えてると、すごくチームとして成長できて、全日優勝という最高のかたちになったので良かったです。

――須能選手は今大会不調でしたが、準決勝、決勝では合計5つの犠打を決めるなど『バント職人』として活躍しました。振り返っていかがですか

個人的に調子が悪かったのですが、ただ打てないだけではチームに迷惑をかけるだけなので。バントとかフォアボールで出塁することとかで少しでもチームにに貢献できていたらうれしいです。

――今後に向けて一言お願いします

今回は4年生の力が大きかったのですが、1、2、3年生もスタメンで多く出ているので、ここから2年連続、3年連続、4年連続と記録を途絶えさせずに続けていきたいと思っています。

田中爽稀(法2=神奈川・柏陽)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

まだ実感が湧いていないのですが、ピッチングの内容が完璧ではないながらも最低限の仕事はできたのでそこはうれしいなと思います。

――全日での投球はいかがでしたか

今まで六大学で投げていて法政戦とかでも投げたのですが、相手の実力は変わらないと思うんですよ。ただ独特の雰囲気や「負けたら終わりの全日本」というプレッシャーがあった中で投げられたというのは大きな経験になりましたし、内容自体もそれほど悪くなかったのでこれを次につなげていきたいと思います。

――春季リーグ戦優勝時や全日出場決定時はマウンドに立っていましたが、きょうは中継ぎでした

僕はいつもいけるところまでという感じで、きょうは4回からだったのですが、僕は最後までいく気で投げていました。でも6回に制球が定まらなくなってしまって「これは限界だな」となりました。

――6回は1死満塁のピンチをつくりましたが、結果的には1失点でした。振り返っていかがですか

フォアボールとデッドボールで出したランナーでしたので、「本当にやらかしたな、どうしよう」と思っていました。すると監督(池田訓久監督=昭60教卒=静岡・浜松商)がマウンドに来てくださって喝を入れられて、そこで気持ちが切り替わって落ち着きました。ショートゴロ2つに抑えられて良かったなと思います。今後の課題としては、点を取った次の回ということで少し気負ってしまった部分があったので、そこを気負わずにもう少し楽に投げられるようにしていきたいです。

――秋季リーグ戦がもうすぐそこに迫っていますが、それに向けても一言お願いします

「もうリーグ戦か」という感じで休む間もないのですが、まだ4年生もいますし、全日本優勝したチームとして最後しっかり締められるようなピッチングをしたいと思います。

清水佑樹(スポ2=早稲田佐賀)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

率直にうれしいです。ただ自分の個人の感想としては(決勝で)3回で交代になって悔しかったです。

――全日での投球はいかがでしたか

自分の調子としては(春季)リーグ戦や(全日本出場)予選会以上で、球速のMAXも出ていました。調子自体は悪くなかったのですが、全国のレベルの高さを実感しました。

――来年以降もここに戻ってくることを目標にやっていくと思います。今後に向けて一言お願いします

とりあえずはここで気を抜かずに、秋リーグで下級生を中心に優勝できたらなと思います。

関大輝(基理2=茨城・江戸川学園取手)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

この一年間、この優勝のためにやってきたので本当にうれしいです。

――前日に死球で右腕を負傷されていましたが、状態はいかがですか

きょうもあまり右腕は曲がらなかったのですが、4番として使ってもらっている以上結果を残すべきだなと思っていたので、あまり痛みを感じずにできたのかなと思います。

――きょうも関選手の出塁から三度点が入りました

準決勝、決勝と先頭の機会が多く、自分が出塁して流れをつくることを目標としていました。きょうも4打席中3回出塁して、それが全部得点につながったので良かったです。

――『セキ・テギュン』と呼ばれていますが、どなたが名付けたのでしょうか

自分が高校1年生の時に、今の大学4年生の硬式(野球部)にいる藤野さん(恭平、人4=茨城・江戸川学園取手)が名付けて、それからずっと自分の代まで呼ばれていました。高校時代のあだ名という感じですね。

――由来などはあるのでしょうか

藤野さんに聞いていただければ(笑)。本当にわからないです、藤野さんが勝手に呼んでいたので(笑)。

――全日はどういう舞台でしたか

めちゃめちゃ楽しかったです。今までも全国大会に出たことはあるのですが、その中でも一番というか。去年(の清瀬杯)は優勝はしたのですが、自分は途中でスタメン落ちしてしまって。今回は全試合スタメンで、しかも4番という重要な打順を打たせていただき、少しはチームにも貢献できたと思うので。とても素晴らしい場所で、また来たいなと思いました。

――来年以降も中心選手としての活躍が期待されていますが、今後に向けて一言お願いします

今現在も若い力で勝ってきた部分もあるのですが、今回の全日に関しては4年生の力がすごく大きかったので、まだ来年は最上級生ではないですが、最上級生を全日に連れていくくらいの気持ちで学年としてやっていければいいなと思います。

優勝メダルを授与される新井健

新井健太(商1=東京・早大学院)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

本当にうれしいです。

――準々決勝まで1番での起用でしたが、全日でのプレーはいかがでしたか

最初すごく緊張していて、最初の回にエラーをしてしまいました。だいぶ緊張していた部分はあったのですが、試合自体は楽しめたのかなと思います。

――今後に向けて一言お願いします

近いところだと今週末からリーグ戦が始まるので、まずはそこで勝てるように。自分も、準決勝と決勝は出ていないのですが、リーグ戦で出られたら活躍できるように頑張りたいと思います。

鷲田拓未(スポ1=神奈川・日大高)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちをお願いします

1回戦から出させてもらっていて絶対優勝したいなと思っていたので、素直にうれしいです。

――きょうはスタメンではありませんでしたが、加藤大選手(人4=大分上野丘)のけがで緊急出場となりました。気持ちの面ではいかがでしたか

自分が考えていた出番、試合の入り方ではなかったのですが、大さんがああいうかたちで外れてしまって。今までずっと決勝までスタメンじゃなくても試合中にアドバイスをしてくださっていて、きょう初めてスタメンで出てすぐああいうかたちになってしまったので、その分頑張ろうというのはおこがましいかもしれないですが、そういう気持ちはありました。

――その中できょうは2安打を放ちました。またオープン戦で安打が出なかった中、全日ではいい当たりが多かったと思います。ご自身のプレーを振り返っていかがですか

1回戦で一本出たことで気持ち的にだいぶ楽になりました。どこと当たってもレベルが高いのはわかっていましたし、このような舞台に1年生から出させてもらうというのは貴重な機会なので、楽しんで思い切りやろうというのは考えていました。それで1回戦で一本でて「これでいけるかな」となって、どんどんいけたかなと思います。

――この先の準硬式野球人生もまだまだ長いと思います。今後に向けて一言お願いします

1年生のこういう時期に決勝戦でも使ってもらって、最後勝った瞬間にフィールドにいられたというのは本当にありがたいことだと思います。これから秋のリーグ戦も始まりますが、自分はまだリーグ戦というものを経験しておらず、まだまだ4年生から学ぶこともたくさんあると思うので、一試合一試合できる限り吸収して自分の力にしていければいいかなと思います。

(写真 池田有輝)

関連記事

最後まで光った4年生の活躍 35年ぶり7度目の全国制覇!/決勝 九産大戦(8/27)