メニュー

水泳部

2019.08.21

第95回日本選手権 関東地区予選 8月18日 千葉・秀明大ウォーターポロアリーナ

順位決定戦で見事勝利!最終予選への切符をつかむ

TEAM 1P 2P 3P 4P
国士館大
稲泳会 11
▽得点者
塗師3、大竹2、齋藤、徳用、小泉、百田、榎本、渋谷

 日本選手権の関東予選も3日目に突入。最終日を迎えた。稲泳会は予選リーグを4位で通過し、その後は着々と勝ち進んでこの日は7、8位決定戦に挑む。勝てば日本選手権の最終予選へ、負ければその道が断たれる大事な一戦である。相手は関東学生リーグでも対戦した国士館大。今シーズンは1勝1敗と接戦を繰り返す。今試合でも序盤は接戦に。しかし後半に入ると高い集中力を見せ、最後は点差を開いた状態で勝利を収めた。

 試合を動かしたのは、稲泳会。開始約1分30秒で塗師葵(社2=東京・藤村女)が松本桃子(先理2=神奈川大付)から受けたパスを、ゴール正面からバックシュートで決める。その後も再びバックシュートで塗師が開始早々2点目を追加した。しかし、国士館大も離されまいと稲泳会のディフェンスを欺くオフェンスで1点を返す。つかず離れずを繰り返し、第2ピリオドで同点に迫られた。ただ、稲泳会の果敢な守りで危ない場面も失点を抑え、ここでも塗師がサイドからのバウンドシュート。セットカウント4-3で前半を折り返した。

得点の起点となった松本

 後半は順当に点を重ねていく。徳用万里奈(平30社卒=埼玉・秀明英光)のシュートから、大竹いこい(平30スポ卒=東京・藤村女)、百田恵梨花主将(社4=埼玉・秀明英光)、小泉まお(平31教卒=東京・中大付)と、4連続得点。第3ピリオドは失点を0に抑えて、一気に差を広げた。第4ピリオドでも最初に得点したのは稲泳会。齋藤有寿(平30スポ卒=山形工)がフリーの状態からミドルシュートを決めた。ここでペナルティを取られ、ペナルティスローを与えてしまったがこの失点の危機をゴールキーパー・松岡美有(平31スポ卒=埼玉・秀明英光)が体を張って救う。10点目は2年生・榎本有希(スポ2=千葉・芝浦工大柏)がサイドから正面に受けたボールを力強くシュート。榎本自身も「やりたかったプレーができた」と理想の形を体現した。しかし、試合終了に近づくと守ってはいたもののバックシュートで相手に1点を献上。カウンターからも再び1点を追加される。最後の最後でミスが目立ったが、後半に取った点を守り切り、11-6で試合を終えた。

パスコースを見定める渋谷紗代(スポ1=埼玉・秀明英光)

 日本選手権最終予選への切符をつかんだ稲泳会。百田は、「すごく良い試合だった」と試合を振り返った。関東学生リーグ戦から約1カ月半が経った今、その時期と比較すると繰り出す技やチームの連携は大きく進歩したように思える。きっと日本選手権の最終予選でも連携のとれたチームワークを見せてくれることだろう。また、次の公式戦は日本学生選手権(インカレ)である。早大が最も力を入れている大会だ。インカレまで1カ月を切った。早大は全力で大会に臨む。

(記事 佐鳥萌美、写真 山本小晴)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

コメント

百田恵梨花主将(社4=埼玉・秀明英光)

―― きょうの試合を受けていかがですか

しっかり点差をつけてできました。流れも良くて、それぞれの良いところ、ストロングポイントがよく出ていました。OGの方と学生の連携もうまくいき、すごく良い試合だったと思います。

――どのような対策を立ててきょうの試合に臨まれましたか

やることは基本変わらないので、自分たちのやるべきことをやろうと思いました。ディフェンスをしっかり守るということだったり、オフェンスで無理なパスを投げないだったり、そういう部分を詰めました。やることは変わらずに、自分たちのやるべきことをやろうという感じでした。

――実際やってみていかがでしたか

ちゃんとやるべきところはできていたので、これだけの点差がありますし。点を決めきるところは決めきれていましたし、1、2年生の良いシュートも見ることができましたし、すごく良かったと思います。

――3日目の試合となりますが疲労等はありますか

そうですね。昨日とかも3試合あったのでみんな疲れていると思います。

――序盤から守りが徹底されているように見えました

守れているところは守れているのですが、それぞれで回されてしまったり、ペナルティーを取られたり、退水を取られたりするので細かい部分がちょっとまだですね。1対1でやられている部分があるので、そこを少し詰めていきたいと思っています。

――後半に一気に得点を重ねましたがその要因は

自分たちに点が入って、こっちに流れが来たのでちょっと気持ちにも余裕ができたかな思います。

――3日間の試合が終わりましたがいかがですか

とりあえず7位でこの次の最終予選に進めるので、きょうやって駄目だったところは突き詰めて、良いところは良いところで生かして最終予選も勝ち抜けるように頑張ります。

――次はインカレですが、意気込みをお願いします

インカレは学生だけでOGの方もいなくて、またちょっとずつメンバーだったりやることだったり変わってくるので、インカレもしっかり勝ちきれるように頑張りたいと思います。

  

榎本有希(スポ2=千葉・芝浦工大柏)

――きょうはどのような対策をして試合に臨まれましたか

2日間試合をしてきて、自分の中でミスしてしまった部分があったので、そこはしっかりと修正していこうという風に思いました。あと交代があるので、出たときはしっかり泳いで、相手に泳ぎで競り勝つように、頭の中でイメージして試合に臨みました。

――実際やってみてどうでしたか

ちょっと後半バテてしまったのですが、前半からカウンターとかを出すことができたので、まあまあ良かったです。

――攻撃の形がうまくはまっているように見えたのですが

高校の頃に左サイドをやっていて、上からシュートを打つというのも泳ぎとは別の武器として持っていて、それをきょうやることができてすごく嬉しかったです。

――序盤は接戦でしたがそれついてはいかがですか

接戦の中でミスは許されないので、出たときはすごく緊張しましたし、でもその中でも先輩方や後輩が点を決めてくれたので、心に余裕ができました。

――きょうの自身の得点シーンを振り返っていただけますか

本当に私がやりたかったプレーなので、本当に嬉しいです。

――今大会での収穫はなにかありますか

今回OGさんのいるチームでたくさんのことをディフェンスもオフェンスも吸収することができました。後輩も同じ大会に出ているのですが、たくさん「頑張ってください」とか言葉をもらって、改めて応援してくれている人のためにも頑張らなきゃなと思いました。

――次の公式戦はインカレですが、それに向けて意気込みをお願いします。

今回の試合はOGさんがいて助けられた部分もあったと思うのですが、インカレは学生たちだけなので、1つ1つのプレーにきちんと責任を持って臨みたいと思います。