メニュー

ラクロス部

2019.08.21

関東学生りーグ戦 8月18日 葛飾区奥戸総合スポーツセンター陸上競技場

中大に8点差をつけ大勝!持ち前のアタックが光る

1Q 2Q 3Q 4Q
早大 10
中大
▽得点者
関口3、吉見2、田代2、山邊、竹野、倉田

 炎天下の中、葛飾区奥戸総合スポーツセンターで中大との試合は行われた。立ち上がりは良く、早大は得点を重ね大幅に点差をつける。第1クォーター(Q)で5得点もあげ、試合を完全にリードする早大であったが、後半は少し失速をしてしまった。ドローでボールを奪う回数が減り、パスミスなども目立ち、第4Qで2失点を許してしまう。完璧とは言えない試合ではあったが、それでも10-2と8点差をつけて大勝した。

 第1Qから早大は果敢にゴールを狙い大きくリードをする展開となった。開始1分で、MF田代朋花(スポ4=埼玉・早稲田本庄)が中大のファールからのフリーシュートを決めると早大の猛攻が始まった。MF山邊七菜子(基理2=東京・日本女)からのパスをAT関口安香里(スポ4=東京純心女)が右サイドからしっかりと決め、早大は完全に試合の流れをつかむ。11分には山邊が、AT大津智紗子(教育4=東京・学習院女子)が得点を挙げると早大はなんと連続4得点に。第1Q終了間際には、追撃のシュートを相手ゴールに叩きこみ5−0で第2Qを迎えた。第2Qからは早大がゴールネットを揺らすことはなかったものの、好守が光る。ゴール付近まで攻めてきた中大に十分なプレッシャーを与え、G稲田初絵(スポ4=東京・都立国分寺)のファインセーブも飛び出した。しかし、ドローで第1Qほどボールを取ることはできず追加点にはならない。だが中大を無失点に抑え、早大が相手に大きく点差をつけたまま前半を終えた。

3得点の活躍を見せた関口

 幸先の良かった前半と異なり、後半は持ち味の積極的な攻撃のペースが少し落ちてしまった。とはいえ「練習でやってきたことだったのでしっかり決めなきゃと思いました」と関口が振り返るように開始2分、5分には関口が味方からのパスを受け2得点連続でゴールを決める。その後も早大らしい攻撃を果敢に行うが、徐々に相手のディフェンスが硬くなっていく。反対に、中大のアタックが増えていったが、早大は粘りのディフェンスを見せ、ゴールは破らせなかった。残り4分でMF倉持瑠々(文化構想2=東京・早実)が体勢を崩しながらも意地のシュートを決め、中大をまたも引き離し第3Qは8−0で終えた。一方、第4Qからは早大の連係ミスが目立つクォーターとなっていく。ゴール付近で味方からのパスを取りこぼし、相手に取られてしまいチャンスを逃してしまうことも。また今まで鉄壁のディフェンスを保っていた早大であったが、それも崩れてしまう展開となった。4Q開始直後に中大にゴールを割られ、今試合初めての失点となる。その後、早大は2得点をあげ、このまま試合を終了すると思われたが、残り40秒、中大のフリーシュートからまたもゴールネットを揺らされてしまった。最終クォーターに課題が見えた試合となったが、力の差を見せつけ10−2と中大に大差をつけて早大が勝利した。

快勝し喜ぶ選手たち

 今回の試合自体は快勝を収めたといえるだろう。相手に第3Qまで得点を挙げさせず、攻撃的なラクロスをできたことは選手にとっても自信につながるに違いない。また、早大の掲げる『ランアンドガン』というスタイルも随所に見られ、今後の試合に大きく期待できる結果になったともいえる。しかし、試合自体は完璧とは言えなかった要因がAT竹野翠(政経4=東京・西)のコメントにはある。竹野は「自分たちのミスで結構やられてしまうことがあった」と試合を振り返った。確かに後半は早大のパスミスや連携ミスが見受けられる場面もあり、ゴールまでで好機を逃してしまうこともあった。またオフェンス面に関しても「ブレイクシーンが全然なかった」と関口は語る。次戦の立大では課題を克服し、満足のいく試合になることに期待したい。

(記事 高橋さくら、写真 石井尚紀)

コメント

AT竹野翠主将(政経4=東京・西)

――今日の試合を振り返っていかがですか

最初自分たちにいい流れが持ってこれて、大量得点できたんですけど、第2Qから得点が止まってしまったので、相手の勢いが出たときに、自分たちがどう攻めるかをもう一回詰めなきゃなと思いました。

――第1Qにいきなり5得点でした。攻撃面で良かった点はありましたか

第1Qはシュートを結構決めきれてたのが大きかったです。でも第2Qは打ったけど決め切れなかったところがあったので、得点力としては、打てるときに決め切るのが大切になってくると思いました。

――終わってみれば10得点でした。理想的な攻撃に近づけたのではないですか

そうですね。けっこうライドとかも駆け上がりとかもできてましたし、インターセプトもできてたのに、ブレイクになったとき決めきれない時もあったので、(チーム目標の)ランアンドガンではブレイクで決めきるのを目標にしているので、そこはもう少しやれるなと感じました。

――一方で第3Qまでは無失点でしたが第4Qに2失点しました。

第4Qになって、私も含めて簡単なミスが増えてしまって、そのフォローも第3Qまではできてたのに、疲れると遅くなったりして、こういった自分たちのミスでけっこうやられてしまうところがあったので、最後まで走りきるってことをチーム全体で意識してやっていきたいと思います。

――次戦から強敵が続きます。意気込みをお願いします

日本一が目標なので、一戦一戦大切に、絶対に負けないように戦っていこうと思います。

DF金久保真優(政経4=東京・早実)

――前節同様に、『攻撃では二桁得点、守備では4失点以内』を目標に臨まれましたか

そうですね。でもディフェンスとしては無失点に抑えたいと思っていました。早稲田の苦手な低いところで待ち構えるディフェンスを中央がしてくることもあって、点を取るまで時間がかかるかなと最初は思っていたので、先制点を取って流れをつかむために、ディフェンスのメンバーで『無失点』を合言葉にしていました。

――中大のオフェンスに対するイメージはありましたか

1on1でくるイメージだったので、そこに対して私たちはダブルでとんで2人がかりでつぶそうという戦術があって、それをやろうと話していました。

――その戦術ははまっていましたか

でもやっぱり課題として相手に合わせてしまうところがあって、もっとダブルでとぶことができるのに引いて1人で守らせてしまったので、どんどんとんで狙うようにしていきたいです。

――第4Qに2失点を喫した点はいかがですか

無失点でいきたかった気持ちもあるんですけど、2年生が半分ゴーリーに入った中で2失点に抑えてくれたことはナイスファイトでした。

――ご自身は守備のタスク以外にクリアでも貢献されていましたが、きょうのプレーをどのように評価していますか

ディフェンス面では、無難に守ってしまったので、70、80点くらいです。もう少し狙っていかないと次の立教戦や日体戦では通用しないと思います。クリアに関しては、MFが疲れてしまう場面があるので、DFでもブレイクに絡めるように意識していて、絡むことができて良かったです。

――次の立大戦と日体大戦はヤマ場になりそうですか

そうですね。特に次の立教に勝つことができれば、ファイナル4に進むことがほぼ決まるので、絶対勝ち切りたいです。

関口安香里(スポ4=東京純心女)

――今日の試合を振り返ってみてまずはいかがでしたか

個人的に少し前まですごい調子が悪くて自分のプレーができていなかったんですけど、今日はアタックとしての役割をちゃんと果たせてチームにも貢献できたので良かったなと思いました。

今回の試合で3得点を挙げられていましたが、それぞれの得点の瞬間を振り返っていただいてもよろしいですか―質問

1得点目は後輩の吉見綾(スポ3=早稲田シンガポール)からのカットパスだったんですけど、すごい良いパスでそのまま打てば良いと思いました。2点目もウラからのカットで練習でやっていたことだったので、決めなきゃと思ってゴーリーも出てきたし思いっきりそのまま打ちました。3得点目は綾が揺さぶりをかけてDFが崩れていたので、視野が広くて打てました。本当に綾のおかげです。

――今回の試合ではかなりの大差をつけて早稲田が勝利したとは思いますが、OFの面で何か課題などは見えましたか

二桁得点は取ったんですけど、16点を早稲田は目指していたのでまだまだだなと思うのと、ブレイクのシーンが全然なかったので立教戦に向けてブレイクのシーンを増やせるようにというのが課題です。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

立教でかなり強敵だと思うんですけど、自分たちのランアンドガンを出来るように頑張りたいです。