メニュー

ホッケー部

2019.07.05

全日本大学王座決定戦 7月4日 大阪・立命館OICフィールド

SO戦で勝利!王座初戦を白星発進

 全国の強豪大学ホッケーチームが関西の地に集い、全日本大学王座決定戦が開幕した。関東第3代表として出場した早大はこの日、東海地区の中京大と対戦。序盤から得点が入らない展開が続き、両チームともに無得点でSO戦に突入した。GK高橋詩帆主将(スポ4=栃木・今市)の好セーブもあり2-1と1点リードで迎えた5人目、FW古屋萌杏(スポ3=埼玉・飯能)の相手の意表をついたシュートでゴールネットを揺らし、3-1で王座初戦を白星で飾った。

 中京大のセンターパスで試合は開始した。序盤からやや中京大ペースで試合は進行していく。第1クオーター(Q)14分にはゴール付近からシュートを打たれるピンチを迎えるが、ボールは枠外へ。第2Qの開始6分、中京大に与えたPCをGK高橋主将が右足でセーブしピンチを切り抜ける。クオーターの後半はMF的場朱音副将(教4=滋賀・伊吹)を中心に果敢に相手陣へ切り込むが、相手にカットされ攻め切れない展開が続いた。第3Qでも中京大ペースで展開されるものの、DF有賀瞳(スポ4=東京・成城学園)の好ディフェンスなどでゴールを守ると、クオーター終盤にMF的場副将が敵陣でPCを獲得。しかしMF南家未来(教3=京都・立命館)のシュートは惜しくも枠を捉えることができない。第4Qでは中京大の2度のPCを守り、春季リーグ戦最終戦を彷彿(ほうふつ)とさせるSO戦へ突入した。

SO戦でゴールを守るGK高橋主将(右)。この日も高橋の好守は健在だった

 SO戦のシューター1番手はDF有賀。相手からファールを受けPSを獲得するとこれを決め、幸先の良いスタートを切る。一方GK高橋の好セーブがこの日も光り、許したシュートは1人目の一本のみ。1-1と同点で迎えた4人目、DF村山陽香副将(創理4=東京・東学大付)が得意のターンシュートで得点を決めると、5人目のFW古屋萌杏(スポ3=埼玉・飯能)が「キーパーとの距離感が微妙なところを狙って打ち抜きました」と話すようにピックアップを応用したトリッキーなシュートが刺さり、3-1で勝利が確定。早大に歓喜の瞬間が訪れた。

SO戦で3得点目を決めたFW古屋を祝福するチームメイト

 リーグ戦最終戦と同様に、最後まで粘りのディフェンスでゴールを守り切り、SO戦へ持ち込ませた早大イレブン。春季リーグ戦の東農大戦に続きこの日の試合でもSO戦で勝利を飾り、早稲田の勝ちパターンはSO戦なのかと思わせるほどの戦いぶりだ。そして、王座2回戦の対戦相手は大会優勝経験もある立命大。「1点を決めにいきたい」(村山)という言葉通り、ひとつひとつのプレーを大切にしてチャンスをものにすれば、勝利の女神はきっと微笑むはず。立命大は強豪チームだが、早稲田らしいホッケーで大金星をつかみ取って欲しい。

(記事 細井万里男、写真 小出萌々香、山田流之介)

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL SO
早大
中京大
コメント

安岡裕美子監督(平16人卒=山形・米沢商)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

本当に守って、攻めるところ攻めてSOに持ち込んだので、そこで勝てるかなと思っていました。

――守りの展開となりましたが、ゲームプラン通りでしたか

そうですね、中京大の方は経験者がいるので、攻め込まれるかなというのは予想していたところなので、対応していました。

――SO戦は意識していましたか

リーグ戦の東農大戦もあったので、そこに持ち込めばというイメージが選手にもあったと思います。

――リーグ戦が終わってから王座へ向けて準備したことはありますか

守備の出方ですね。カウンターに対しての守り方とかを中心に練習しました。特に中京大戦に向けてそのあたりを対策しました。

――きょうの試合から見えた課題と収穫を教えてください

収穫は、ディフェンスの方でしっかり人数を掛けて守れば失点はしないなというところが見えたので、良かったと思います。課題は、やっぱり得点を取るというところで、前につながった時にフォローアップして、最後サークルで決めるというところが課題かなと思います。

――あすは立命大戦、強豪との試合となりますがあすへの意気込みをお願いします

まずは守備をしっかりと、春やってきたことを出して守って、何とかカウンターで得点してSOに持ち込むというのを意識してやりたいなと思います。

GK高橋詩帆主将(スポ4=栃木・今市)

――きょうの試合を振り返ってみていかがでしょうか

全体的にすごく足も動いていました。普段攻撃の際にボールが抜けてしまうことがあったのですが、トラップを前で止めてくれたので攻撃にもつながり良いゲームができたかなと思います。

――春季リーグ終了後から王座に向けて強化したポイントなどはありますか

ディフェンスの際に結構一枚岩のように出てしまうことが多かったのでそこを2人で取り切れるようにペアディフェンスの練習や、相手がリスタートする時すぐに5ヤード離れて誰が出るのかという切り替えの練習をしました。

――今回のゲームプランとしてはどのようなものを考えていましたか

できれば点を取ってそのまま勝ち切りたかったのですが、それが難しい場合はしっかり自分が守ってSO戦で勝てればと思っていました。

――60分間の中ではなかなか得点が決まらない状況が続きましたが

コーナーから1、2本だけだったと思うのですが、すごく走ってくれていたのでここで少し攻められた時に失点をしてはいけないなと思い自分は守りの方に集中していました。

――春季リーグ最終戦同様SO戦になりましたが、気持ちとしてはどうでしたか

リーグ最終戦がSOだったこともあって、個人的にはあまり緊張せずに行けたと思います。

――次戦の立命大戦への意気込みをお願いします

防戦が予想されると思うのですが、留学する選手たちがいてこのチームで戦えるのは最後だと思うので相手がどこであろうと皆で戦い抜きたいです。

DF村山陽香副将(創理4=東京・東学大付)

――今日の試合を振り返ってみていかがですか

3月の時に0-3で負けた相手だったので、まずは失点しないことに気を付けてやっていました。みんなよく走ってくれて、トラップも頑張ってくれて、全体としての動きは良かったと思います。

――全体的に守る展開となりましたがいかがですか

予想はできていたので、1人1人が声を掛けて、辛い時もあったんですけど、お互い励まし合いながら頑張れたと思います。

――リーグ戦が終わってからこの王座を迎えるにあたって、どのような準備をしてきたのでしょうか

基本的なプッシュとかトラップとか、できる人とできない人の差が大きかったので、そういう基礎から見直して、自分たちのしたいプレーを全体として振り返りました。

――SO戦で放ったシュートは、リーグ最終戦(東農大戦)のSO戦で見せたようなターンを使ったシュートになりましたが、振り返ってみていかがですか

自分の得意技というか、チームの5人の中であれをやるのは自分しかいないので、それで行こうというのは決めていました。

――あのシュートには名前はありますか

うーん。ターン(笑)。引っ掛けてターンみたいな、あのシュートの仕方も日本代表の選手が何人かやっていたりするので。有名ではあるんですけど。ターンですね。(笑)

――次の試合に対しての意気込みを教えてください

もっときょうよりも厳しい試合になるとは思うんですけど、きょう以上に全員が足を動かして、一点を決めにいきたいです。

FW古屋萌杏(スポ3=埼玉・飯能)

ーーきょうの試合を振り返っての感想をお願いします

結構苦しい時間が続いたんですけど、練習でしてた一枚目が出て二枚目のカバーとか、練習の成果が発揮できたのかなと思っています。あとは、ディフェンスの人が粘り強く最後までボールにいてくれたので、そこが最後の守りきれた要因かなと思います。

ーーSO戦で最後にシュートを決めた場面を振り返っていかがですか

SO戦は自分が最後だったんですけど、キーパーの高橋詩帆さんが止めてくれたんであまりプレッシャーがなく挑むことができて、良かったです。

ーーSOの時にしていた、ボールを空中でドリブルする技は何でしょうか

ピックアップです。自分キーパーなんですけど、人数の関係で今フィールドをやっていて、キーパーが一番やられて嫌なことをやろうって思っていて、最初ぽんぽんぽんってピックアップするとどこ来るかなって読めないので、最初それでいってキーパーとの距離感が微妙なところを狙って打ち抜きました。

ーー事前にやると決めていたのですか

はい、練習のときからみんなもそうだと思うんですけど、自分のやりかたを決めてやる感じです。

ーー春季リーグが終わってから今まではどのような練習をしてきましたか

主に中京大戦のとき自分たちは攻める場面より守る場面の方が多いので、ディフェンスのカバーの練習を主にやりました。あとは、最後自分たちゴール前で、ゴールの前まで行くんですけど決めきれるまでいけないので、ゴール前の詰めとか最後の詰めの練習をしました。あと、PCの練習も結構力を入れて、攻め、守りと共に練習をしました。

ーーあすの立命大戦に向けた意気込みをお願いします

結構立命館は強いと思うし、自分たちも人数少ないのでまた厳しい試合になるとは思うんですけど、きょうやって改善点とかも挙げられると思うので、そういった改善点をきょうしっかりミーティングで話し合って改善してあすの立命館戦でもみんなでいいパフォーマンスをできたらいいかなと思います。