メニュー

ハンドボール部

2019.06.29

守護神が大活躍!早関定期戦は2年連続の引き分けに

 今回で12回目となる早関女子ハンドボール定期戦。早稲田のホームである早稲田アリーナで開催されたことしの一戦は、手に汗握る一進一退の好ゲームとなった。関学大の攻撃に苦しめられる場面も多くみられたが、この日幾度となく好セーブを見せた大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)を中心とした守備で相手の攻撃をしのぐと、攻撃陣はサイドシュートやミドルシュートなど様々な形で得点を奪う。試合終盤にはどちらに試合が転んでもおかしくない白熱した試合展開になったが、両チームとも決勝点を決めることはできずに試合終了。史上初の引き分けとなった昨年に続き、引き分けで終わった。

  試合開始早々、吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)がカットインからシュートを決めて先制に成功したものの、その後は相手のミドルシュートを主体とした攻撃に苦しめられ攻め込まれる時間が続く。しかし、大沢が前半4分までに4本のシュートを止めるなどファインセーブを連発。集中した守備で相手になかなか得点を許さない。2点ビハインドになった前半10分過ぎには吉田、山根萌(スポ3=千葉・昭和学院)、杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)の3連続得点で一気に逆転に成功するなど、流れを徐々に引き寄せる。前半終盤には大沢が相手のポストシュートを左足一本で防ぎ、この日一番の歓声が起きた。前半終了間際、タイムアウト後の相手の7人でのセットオフェンスを防ぎきれずに同点に追いつかれてしまったが、その直後に早大もタイムアウトを取り、その後のセットオフェンスから残り2秒で吉田がミドルシュートを突き刺し勝ち越しに成功。1点リードで前半を終えた。

この日何度もファインセーブを見せた大沢

 リードで迎えた後半だったが、開始早々に追いつかれると逆速攻から逆転を許してしまう。関東学生春季リーグ(春季リーグ)前半戦の早大であればここから一気に連続得点を許していたかもしれないが、この日の早大はひと味違った。逆転をされた2分後にはこの日なかなかシュートチャンスをモノにできていなかった衣川直緒(社3=愛知・星城)がサイドシュートを突き刺し同点に追いつく。その後も2分間の退場などで苦しい時間が続いたが、岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)がカットインからシュートを決めるなど数的不利を感じさせず、相手に流れを渡さない。その後も常に2点差以内の一進一退の展開となったが、後半24分に北村早紀(スポ4=群馬・富岡東)が7メートルスローをセーブすると、試合はさらにヒートアップしていく。杉山主将のループシュートがポストに阻まれると、そのこぼれ球から関学大が速攻を見せるが、大沢がセーブし得点を許さない。逆に早大は阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)が相手のパスをカットするとそのまま持ち込んでゴールを決め。点差を2点に広げる。残り4分で2点差となり勝利に限りなく近づいたかと思われたが、そこから関学大に3連続得点を許し逆転されてしまう。しかし、衣川直がこの日2点目となるサイドシュートをニア上に突き刺し再び同点に追いつく。試合終了間際にはタイムアウト後のセットオフェンスからゴールに迫るも得点は奪えず、引き分けとなった。

7メートルスローをセーブした北村(中央)と駆け寄る杉山(左)、衣川紗菜(右)

  昨年に続いて引き分けとなった早関定期戦。試合内容から見ると、勝てなかったとも負けなかったとも捉えられるだろう。大沢のファインセーブに何度も助けられた一方で、数的不利でも得点を奪う場面や、相手に流れが傾きそうな場面でも連続得点を許さない粘り強さも見受けられた。春季リーグと今回の定期戦で培った経験や見つけられた課題を克服し、関東学生秋季リーグ、そして全日本学生選手権では、さらに強くなった早大の姿を期待したい。

(記事 稲葉侑也 写真 宅森咲子、栗林真子、杉原優人 )

第12回早関定期戦
早大 18 9-8
9-10
18 関学大
GK 大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)
LW 杉山瑞樹(社4=神奈川・横浜創英)
LB 吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)
PV 垣内三春(社3=富山・氷見)
CB 岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)
RB 山根萌(スポ3=千葉・昭和学院)
RW 衣川直緒(社3=愛知・星城)