メニュー

米式蹴球部

2019.06.24

新人戦 6月23日 早大・東伏見グラウンド

新人戦、日体大に勝利!次戦につながる試合に

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大 BIG BEARS 10 18
日体大 TRIUMPHANT    LION

 6月23日、途中雨が降るなどの悪天候の中、東伏見グラウンドで早大米式蹴球部BIG BEARSの新人戦は行われた。相手は日体大だ。前半は早大優位に進んだものの、ミスもあり点数は拮抗(きっこう)。後半に入ると途中危ない場面も見られたが、着実に得点を重ね18−8で早大が勝利した。


 第1クオーター(Q)は日体大からのオフェンスで試合開始。OL/DL坂本崇(スポ1=東京・城北)の好タックルに続き、OL/LB城風太(文1=神奈川・鎌倉)がインターセプトに成功。チャンスが訪れるシーンもあり、早大優位で試合は展開した。しかし、得点にはつながらず。アサイメントなどのミスもあり、両者第1Qは無得点に終わる。試合が動いたのは第2Q。中盤に早大がQBからRBへのエクスチェンジでファンブルロストをしてしまい、相手にボールをリカバーされてしまう。ここから一気に攻め込まれ、先制点を献上。早大はモメンタムを奪われてしまう。直後のポイントアフターTDはWR/DB植田晃志郎(人1=埼玉・川越東)が好タックルで防いだが、0-6となり、日体大を追う展開に。その後も、モメンタムを奪われたまま苦しい試合が続く。だが後半、早大も意地を見せる。RB/DB田村光(スポ1=東京・城北)がWR/DB佐久間優毅(政経1=東京・早実)にラテラルパス。そのまま佐久間が左サイドから右サイドへ大きく展開をするスペシャルプレーでTDを奪う。これで6-6の同点に。そして田村が右奥を駆け抜け、ポイントアフターTDも成功。早大に2点が追加され劣勢を巻き返す。直後、日体大も負けじとスペシャルプレーを試みるが、早大ディフェンスがそれを防ぎきり、8−6で前半を終えた。

勢いのある好タックルを随所で見せたディフェンス陣


 優位なまま前半を終え後半に突入したが、第3Q直後の早大のオフェンスは得点に結びつかず。その後のディフェンスでRB/LB若原碧飛(社1=東京・早実)が相手を抑え込み、またも早大のオフェンスに。しかし、ここで痛恨のインターセプトをされてしまう。そこから日体大にランとパスで残り40ヤード付近からエンドゾーン手前まで攻めこまれ厳しい展開に。絶体絶命のピンチとなった早大だが、粘りのディフェンスをみせなんとか失点を防ぎ第3Qを終えた。だが、第4Qになっても早大のピンチは変わることはない。オフェンスがエンドゾーン内でペナルティーを犯し、セーフティーとなり失点。8-8となり同点となってしまう。その後のディフェンスでも攻め込まれ、日体大の流れを断ち切れない。だが、相手の反則とOL/DL亀井理陽(法1=東京・早実)のQBサックが決まると少しずつ早大がモメンタムをつかみ始める。RB/DB萩原奎樹(政経1=東京・早大学院)が自陣から敵陣15ヤードまで攻め込むことに成功。その流れのままQB佐藤誉(商1=東京・早大学院)がTDを決め、14-8となり勝ち越しとなった。QB西坂公秀(政経1=東京・早実)からWR/DB大串健人(スポ1=東京・佼成学園)のパスが通りポイントアフターTDを獲得。16-8となり日体大を突き放した。その後、大串がインターセプトも決めるなど、早大優位に試合が進む。終盤には相手のセーフティーにより2点も加わり、結果的には18-8で試合が終了した。

QB佐藤のTDで勝ち越しに成功


 今回の試合は新入生らしい勢いのあるプレーが多く見られた試合であったといえる。「みんなが全てのプレーで諦めずにやって、そこが逆転に繋がって最終的に勝てた」とゲームキャプテンを務めた亀井が言うように危ない場面もあったものの、早大は粘りのプレーを見せ得点を重ねていった。そして、その『粘りのプレー』が一番表れたのはディフェンスだった。特に第4Qでの自陣のエンドゾーン付近での好ディフェンスは今回の勝利に大きく貢献したと言えるだろう。また、オフェンスも相手の隙を突くようなランが多く見られた。ただ、やはり新人だけあり、ミスも目立った試合となってしまったのは否めない。実際、オフェンスでのパスミスは何度か早大のピンチを招いてしまった。ここに関しては、高岡勝監督(平4人卒=静岡聖光学院)も「楽しみ」と言うQB3人の成長に期待したい。また、次戦の中大戦までにどこまでこれらの課題を修正できるかが勝負となるであろう。

試合後グラウンドで選手たちに話をする高岡監督


(記事 高橋さくら 写真 小田真史、小野寺純平、後藤泉稀、杉原優人、友野開登、松下恭子)

コメント

高岡勝監督(平4人卒=静岡聖光学院)


――きょうの試合はいかがでしたか

やはり新入生はフレッシュでいいですね。


――今年の新入生の印象はいかがですか未経験からも多くの選手が入ってくれて、彼らが今後どのように成長していくのかが楽しみですね。期待しています。


――QBは3枚体制でしたがそれぞれの印象はいかがですか

それぞれ高校の時から注目していた選手たちで、石原は駒大戦でも出場したりしていて。それぞれ全然違うタイプのQBなので、今後成長してくるのが楽しみですね。


――次戦への意気込みをお願い致します

思い切りプレーしてもらって、2連勝したいと思います。



OL/DL亀井理陽(法1=東京・早実)


――きょうの試合を振り返っていかがですか

結構あっという間に始まった感じがします。練習を始めたのが試合の1週間前で、少し不安もあったんですけど、みんなが気持ち出してしっかりやってくれたので、そこが勝利につながったのかなと思います。


――新入生の雰囲気はいかがですか

仲がすごく良くて、チームワークという面で結構強みかなと思うんですけど、仲が良すぎるあまり、なあなあになっちゃう所もあると思うので、自分がキャプテンとしてしっかり締めたいと思います。


――どのような流れでキャプテンに決まりましたか

新入生期間になんの前触れもなく指名されて、結構びっくりはしたんですけど、指名されたからにはやるしかないと思いました。


――逆転勝利という結果でしたが、いかがでしたか

みんなが全てのプレーで諦めずに最後までやって、そこが逆転に繋がって最終的に勝てたのかなと思います。


――早実の時は野球部でしたが、アメフトを始めたきっかけは何ですか

同級生に誘われたのもあるし、上級生に吉村(優、基理3=東京・早実)選手や、早実野球部からアメフトを始めた渡辺大地(社4=東京・早実)選手がいたので、そういうルートで自分も興味があったので入りました。


――来週の試合への意気込みをお願いします

絶対2連勝して終わりたいと思います



WR/DB佐久間優毅(政経1=東京・早実)


――きょうの試合を振り返って感想をお願いします

1つTDをとれたのでよかったと思います。チームとして勝てたのでそれが1番よかったです。


―TDとれた時のことを振り返って感想をお願いします―

数少ない練習の中で成功することができて良かったです。


――高校時代、野球部に所属されていたと伺いましたが、大学に入ってアメフトを初めたきっかけは何ですか

アメフト部員に「お前なら試合に出れるよ」と誘われて入りました。


――実際にアメフトをされてみていかがですか

楽しいです。戦略がいろいろあるので、野球よりも頭を使うなという印象です。


――来週の試合に向けて、意気込みをお願いします

来週は、相手が強いと聞いたので、全員で点を取って勝ちたいです。



QB佐藤誉(商1=東京・早大学院)


――試合を振り返っていかがでしたか

序盤は少し固くなってしまった部分もあって、なかなか自分の思うようなプレーができなかったんですが、最後に自分のスペシャルプレーでゲームの流れを変える重要な場面できっちり決めきることができたのが良かったと思います。


――TDされたプレーについて振り返っていかがでしたか

試合前から自分がやると決まっていて、あそこをちゃんと取り切るということが自分の最低限の役割だったので、そこを果たせたので良かったと思います。


――高校でアメフトをプレーされていましたが、大学との違いどうですか

スピード感とか全体的な体の大きさというのが全然高校と違うので、そこをもう少し1年生の時から徐々にトレーニングを積み重ねていって、フィジカル面でレベルアップできたらなと思います。


――1年生の他の2人のQBの印象はどうですか

QB石原(勇志、スポ1=東京・足立学園)は高校の時から戦うことが多かったんですけれども、走るのに優れたQBで、しかもショートパスも決めるところは決めるのですごい良くて、QB西坂(公秀、政経1=東京・早実)の方は身長が高いのでパスがうまいQBですね。


――他の2人のQBに負けないストロングポイントやアピールポイントは何ですか

自分は、2人にはアジリティ部分やウエイトトレーニングを重ねてフィジカル部分や下半身の部分で絶対負けないように頑張ります。


――来週の試合の意気込みをお願いします

来週はきょうよりもう少しつらい試合になると思うので、自分が試合に出たら必ず自分のドライブでTDをします。きょうの課題だった部分もこの1週間に詰めていって、絶対に中大に勝ちたいと思います。



RB/DB萩原奎樹(政経1=東京・早大学院)


――試合を振り返っていかがでしたか

緊張しました。


――自分のプレーを振り返っていかがでしたか

前半セーフティーのポジションをやっていたんですけど、あまり何もできていなかったので、RBで頑張ろうと思ってロングゲインできたのでよかったです。


――印象に残るランでのロングゲインがありましたが、振り返っていかがですか

引き分けていた状況だったので、そしてずっと自陣にいたので、敵陣に絶対行ってやろうと思っていました。


――高校と大学の違いは感じていますか

みんな闘志が高校の時とは違って、熱かったです。


――今後アピールしていきたい所はありますか

倒れないで、1ヤードでも前に行くことです。


――来週の試合に向けての意気込みをお願いします

今週はTDできなかったので、TDしたいです。