メニュー

バドミントン部

2019.06.18

関東学生選手権 6月17日 千葉・塩浜市民体育館

松本、吾妻、吉田の3人がベスト8に進出、最終日につなげた!

 梅雨の晴れ間に暑さが感じられたきょう、女子シングルスAブロック4・5回戦が行われた。11日の3回戦を勝ち抜いた松本茜女子副将(社4=福岡・九州国際大付)、吾妻咲弥(スポ3=福島・富岡)、平野紗妃(スポ2=福岡・九州国際大付)、鈴木ゆうき(社2=宮城・聖ウルスラ学院英智)、吉田瑠実(スポ1=埼玉栄)が出場。平野、鈴木ゆは惜しくもベスト16に終わったが、松本、吾妻、吉田の3人は最終日の準々決勝に挑む。

 4回戦を終え、鈴木ゆは 「難しかったですね」と試合を振り返る。ハイクリアーと鋭いカットで相手を揺さぶるいつものプレーは見られなかった。第1ゲーム、サイドアウトに苦しみ、なかなか思うようにショットが決まらない。「まず入れること」を意識したが相手に翻弄され、このゲームを落とす。第2ゲームも同様の展開が続き、相手に連続得点を許し、4点ビハインド。速いタッチでシャトルに触れるが、そのシャトルはコートの外へ落ちる。それからも攻撃を仕掛けるがミスをしてしまい、得点につながらない。相手の逆をつくショットで1点を返し、巻き返しを図りたいところだったが、かなわず11-21でゲームセット。平野もゲームを先取してからの逆転負けを喫し、平野、鈴木ゆは4回戦敗退に終わった。一方、松本、吉田はストレートで相手を下し、吾妻は第2ゲームを奪われるが、ファイナルゲームを制して3人が5回戦へと駒を進めた。

自分らしいプレーが発揮できなかったという鈴木ゆ

  続く5回戦にまず登場したのは松本。昨年度の関東学生選手権は大会途中で棄権し、悔しい思いを経験した。最後の関東学生選手権、強い気持ちを持って臨んだ。8-11と3点差でインターバルを迎えたが、そこから12連続ポイントでゲームポイントを握り、逆転して1ゲーム目を奪う。松本の勢いは止まらない。相手のスマッシュを確実にレシーブして攻撃に転じ、得意のカットが決まり、第2ゲーム開始早々またも連続得点。苦しい体勢からも力強いショットを放ち、さらに点差を広げていく。フェイントも光った。ストレートに押し込むと見せかけてクロスにヘアピン。相手は反応できず、20-9。相手のミスで最後の1点を得て、ベスト8進出を決めた。吉田はフルセットに及んだ試合でしっかりと勝ちきり、1年生ながら5回戦を突破。吾妻も25-23のジュースに勝利し、準々決勝はルーキー吉田とエース吾妻の同校対決となった。

松本は応援を力にベスト8進出を決めた

 ベスト8に3人残り、大躍進を遂げている女子部だが、体調不良など、決して万全の状態ではない中試合に挑んだと言う。それでも、「きょうは応援あってこその勝利だと思っています」と松本が語ったように、個人戦であっても1人で戦っているわけではない。応援が力になっているのだ。19日には女子ダブルスも始まる。快進撃はまだまだ続く。

(記事、写真 山本小晴)

結果

▽Aブロック女子シングルス

▼4回戦

松本茜○2-0(21-17、21-19)田中月菜(日大)

吾妻咲弥○2-1(21-14、14-21、21-15)福島早希(日大)

平野紗妃●1-2(21-8、11-21、12-21、)石井奈都(専大)

鈴木ゆうき●0-2(14-21、11-21)柳井咲耶(法大)

吉田瑠実○2-0(21-14、21-8)横山澪(専大)



▼5回戦

松本茜○2-0(21-13、21-10)森咲和佳(専大)

吾妻咲弥○2-0(25-23、21-16)河村芽生奈(共愛学園前橋国際大)

吉田瑠実○2-1(19-21、21-10、21-9)小沼みなみ(慶大)


関連記事

女子部が活躍。4人が4回戦に進出を決めた/関東学生選手権(6/11)

コメント

松本茜女子副将(社4=福岡・九州国際大付)

―― きょうのコンディションは

体調を崩してしまって、金曜日の練習もあまりできていなくて、土日も練習できない状態であまりコンディションは良くなかったんですけど、逆に練習しなかったから足とかはすごく軽くて。気持ちは楽だったかなと思います。

――4回戦はなかなか得点につながりませんでしたが、振り返っていかがですか

相手が1年生っていうのもあってすごくフレッシュで。相手がすごくつないでくるので、自分が先に疲れてミスをするという場面が多かったです。途中で自分が疲れてミスをしてしまったのが原因かなと思います。

――5回戦の1ゲーム目、イレブンを取られてから12連続得点でした

そうなんですか(笑)。相手も結構ラリーしてくるタイプで決め球もなかったので、ラリー戦になると思ったんですけど、自分から先に先に攻めていかないと自分が後々きつくなると思ったので、まずは先に攻めようって気持ちで、焦りすぎずラリーしてもいいけど攻めるときは自分からっていう気持ちでラリーしていました。

――きょうはレシーブの調子が良いように感じたのですが意識していたことは

特にないんですけど、常に男子と練習したり、試合前は男子と試合したりして、速い球をずっと受けていたから女子の球にうまく対応できたのかなと思います。

――試合中うなずいている様子が見えましたが、応援は聞こえていましたか

応援はすごく力になりました。あんまりコンディションがよくない中でも、応援してくれる声できついときにもう一踏ん張りできたというのはあるので、きょうは応援あってこその勝利だと思っています。

――最終日に向けての意気込みをお願いします

次勝てばベスト4で、インカレ(全日本学生選手権)出場に近づくので、これまで3年間(インカレの)個人戦に出られていないのが、個人的には課題になっていて。今年こそは最後、インカレに出たいという思いがあるので、まず1勝してインカレに近づけるのと、ここまで来たからには優勝目指して最後の関東選手権(関東学生選手権)なので、自分の力を出し切れたら良いなと思います。

鈴木ゆうき(社2=宮城・聖ウルスラ学院英智)

―― きょうのコンディションはいかがでしたか

2日間練習がなかったのもあって、コート感覚とかが正直あんまりなくて、それでいいやってなっちゃったところもありました。難しかったですね。カットとか打ってつないでっていう自分のタイプが最初からできなくて。ちょっとだめでした。

――負けてしまった原因は何だと思われますか

体力的な部分も1つあると思っていて。あとは自分のミス。ラリーになるとどうしても苦しくて、逃げちゃうところがあったと思います。

――相手に振られる展開が多かったです

コート感覚がなかったので、1ゲーム目はサイドアウトが多くて。すごく出ちゃっていて。相手のボディ周りにしたり、まず入れることを意識したりしたら、逆に(相手が)取りやすくなっちゃって。それで自分が振り回されました。いつも自分がする大きな展開が1つもできなかったです。

――今回の試合を振り返ると悔しさが残るという印象でしょうか

悔しい気持ちもあるんですけど、あんまり深く考えない(笑)。次また頑張ろうと思います。

――ダブルスに向けて一言お願いします

ダブルはやっぱり狙っている部分もあるので、しっかり取り組んでいきたいと思います。