メニュー

ウエイトリフティング部

2019.05.28

全日本選手権 5月24~26日 岩手・江刺中央体育館

鈴木梨羅が優勝!収穫を得る大会に

 日本におけるウエイトリフティングの大会で、最も大きな、そして日本一の称号を手にする、最高峰の舞台。それが全日本選手権だ。岩手・江刺中央体育館で3日間行われた今大会。早大からは8人が出場。1人が優勝、2人が表彰台に上る結果になった。早大の選手は、全日本選手権でもいつも通りに、堂々とした試技を見せた。

 初日、女子45kg級に鈴木莉乃(スポ1=岩手・盛岡工)と鈴木梨羅(スポ3=千葉・松戸国際)が出場。鈴木莉乃は、スナッチ1本目57kgを成功させるものの、2、3本目を失敗して、折り返す。C&Jでは、80kgを成功させ、3本目83kgに挑戦するが、失敗に終わる。ただ、トータル137kgで2位に輝く。鈴木梨羅は「一週間くらい前に、ベスト3kgアップして、75kgが取れた」と語るように、スナッチの調子が良く、3本目で自己ベストとなる75kgを成功させる。C&Jでもスナッチの勢いのまま2本目95kgまで成功し、迎えた3本目。大学新記録を狙うために、98kgに挑んだ。「自分的には重かった」と振り返る鈴木梨羅。ジャークで拳上することが出来ず、トータル170kgで大学タイ記録に終わったが、見事優勝を果たす。鈴木梨羅は悔しさを滲ませると同時に、「次に進めるような思いが出来て良かった」と前向きに今回の結果を捉えていた。次こそは、大学新記録、そして日本新記録の更新を達成する姿に期待せずにはいられない。

日本一に輝いた鈴木梨羅

 2日目、女子71kg級に戸田妃乃子(スポ3=福岡・九州国際大附)と吉武温子(スポ1=沖縄・那覇国際)が出場。戸田は4月初めに腰を怪我した影響により、重量を抑えて臨んだ。スナッチ70kg、C&J80kgを記録し、トータル150kgだった。ただ、6本の試技を全て成功させた。さらに、棄権せず試合に出場し、「痛くないフォームを掴めた」と振り返るように、ポジティブな収穫も得ることが出来た。今は苦しい時間を過ごす戸田だが、怪我を治し、復活する姿に期待したい。吉武はスナッチ82kgからスタートしたが、1、2本目を失敗し、迎えた3本目。見事2本目までの失敗を修正し、82kgを成功させる。C&Jは1、2本目を成功し、3本目で自己新記録となる103kgに挑戦する。そして、見事成功。今まではスナッチに強いイメージだったが、C&Jでも成長を見せ、今後、更なる記録を残してくれるだろう。3日目は、女子76kg級に西村深聡(スポ2=京都・鳥羽)と女子87kg級に佐熊汐梨(社2=岩手・水沢)が出場。西村は、股関節を痛めた影響から、スナッチの重量を抑えて70kgからスタートし、77kgまで成功させた。しかし、C&Jが始まると、股関節の影響を感じさせない試技を見せる。西村も「動きが軽かった」と語るように、3本目で自己新記録の109kgを成功させ、4位と好結果を残した。佐熊は、地元での開催ということもあり、多くの声援が飛ぶ中、試技に挑んだ。スナッチは3本目を失敗し、70kgで折り返す。C&Jでは2本目まで成功し、迎えた3本目。94kgを成功させたかに見えたが、惜しくも右ひじのプレスアウトにより失敗に終わる。ただ、見事3位に入り、故郷に錦を飾ることが出来た。

拳上させる西村

 今大会、調子が良かった選手も怪我を抱えている選手も、全日本選手権という舞台から、それぞれ収穫を得ることが出来た。また、見附絵莉(平27スポ卒=兵庫・三木東)がスナッチの日本新記録を樹立するなど、OB・OGの活躍も目立った。先輩たちの試技を目の当たりにして、部員たちは大いに刺激を受けたことだろう。今回得た経験を日々の練習に生かし、今シーズンを進み続けてほしい。

(記事 西杉山亮、写真 西杉山亮、吉田昭太)

結果

▽男子

73kg級

知念勇樹 スナッチ123kg C&J155kg トータル278kg 4位

▽女子

45kg級

鈴木莉乃 スナッチ57kg C&J80kg トータル137kg 2位

鈴木梨羅 スナッチ75kg C&J95kg トータル170kg 1位

49kg級

新川百音 スナッチ65kg C&J86kg トータル151kg 4位

71kg級

戸田妃乃子 スナッチ70kg C&J80kg トータル150kg 10位

吉武温子 スナッチ82kg C&J103kg トータル185kg 5位

76kg級

西村深聡 スナッチ77kg C&J109kg トータル186kg 4位

87kg級

佐熊汐梨 スナッチ70kg C&J90kg トータル160kg 3位

鈴木梨羅(スポ3=千葉・松戸国際)

――きょうのコンディションを教えて下さい

スナッチは結構調子が良くて、一週間くらい前に、ベスト3キロアップして75kg取れたんですけど、それが今日試合で3本取れて、3本目に75kg自己ベスト取れて良かったと思います。C&Jの方は4月にあった全日本学生個人選手権とかに比べたら、調子が落ちていて。でも大学新記録を狙いたい気持ちがあったので、調子が落ちていたけど、頑張りました。悔しい結果ではあったんですけど、慢心せずに次に進めるような思いが出来て良かったなと思います。

――スナッチが伸びている要因は何か教えて下さい

スナッチが伸びた要因は、フォームが安定してきたこと。試合で取れたってことは練習で重い重量、3kgアップ出来たことがしっかり自信になって、今回3本取れたかなと思います

――C&J3本目の手応えはどうだったか教えて下さい

自分的には1、2本目もすごく重くて、3本目はもうやるしかないという思いでやったんですけど。結構、自分的には重かったんですけど、後で動画を見たら1、2本目より意外と軽かったりして。取れたなっていう悔しい思いがあるんですけど、次は大学新記録だけじゃなくて、日本新記録を期待できるように頑張っていけたらいいなと思います。

――次の大会に向けて一言お願いします

次の大会がいつになるかわからないですけど、それまでにこれから筋肥大期に入るので、ベースアップをしっかりしつつ、種目もフォームの精度を高めて、頑張っていきたいと思います

戸田妃乃子(スポ3=福岡・九州国際大附)

――怪我はいつ頃からされていたのか教えて下さい

怪我は4月のほんとに頭から、4月の1日に怪我して、治るかなと思ったけど、そのまま引きずって、全日本選手権まで延びる形になりました。

――棄権されずに出場した意図を教えて下さい

私は全日本学生個人選手権より全日本選手権にかけて頑張ろうと思っていて。その気持ちがあったから、怪我してでも出たくて。全然本調子じゃないけど、記録だけは残したくて出場しました。

――出場して見つかったポジティブな面は何か教えて下さい

スナッチが60kgでジャークが80kgまでしか練習では触ってなかったんですけど、スナッチが70kg出来たことがとても良かったと思います。ジャークは引く動きの時に腰が痛くて、目指している重量まではいかなかったんですけど、でも自分の体の感覚として、痛くないフォームを掴めたかなって思います。

――次の大会に向けて一言お願いします

私は、7月に国体予選が地元福岡であるので、そこで、今より腰の怪我を治して、自分の調子を整えて、新記録が出るように頑張ります。

西村深聡(スポ2=京都・鳥羽)

――スナッチの重量を抑えた理由は何か教えて下さい

今回は、先々週ぐらいから股関節のほうを痛めていて、スタートにしようと思っていた重量が練習に中々取れなくて。股関節の痛みもあったので、調整も全然出来なくて。来週には国体予選が控えていて、今回は抑えて、国体予選でスタート重量しようと思っている重量を今回の3本目でしっかり取ることを目標にして、スタートは結構抑えました。

――階級を前の試合から変更した理由は何か教えて下さい

本当は増量とかもない71kg級で出たかったんですけど。全日本選手権ってトップ10人しか選ばれないので、自分が色々な試合を調べて、選手がどこの階級に行くのかっていうのを予想した時に、自分より強い人が10人くらいいて、76kg級で出た方が出られる可能性が高いと思って、階級上げたんですけど。結果71kg級でも出られたという(笑)。それでもエントリーしてしまったので、慌てて増量しました。

――C&J自己新記録について感想をお願いします

ずっと練習で股関節痛くて、いつもスナッチでキャッチの時に痛みが出てしまうんですけど。今日はそんなに痛みもなく、ジャークもアップの時点で結構動きが軽かったと言うか、重くなかったので。それでコーチからもしかしたら3番狙いにいけるんじゃないかって言われて、ジャークのスタート重量を変えて攻めにいきました。

――次の試合に向けて一言お願いします

ライバルが京都の国体選手候補なんですけど、ライバルの方が早稲田の先輩で、強い人がライバルになるので、とりあえずスナッチもジャークも自己ベストか自己新記録を出して、国体選手に選ばれるように頑張りたいと思います。