メニュー

ソフトボール部

2019.05.18

全日本総合選手権東京都予選 5月18日  東京・青梅市永山公園グランド

「全員ソフト」で初戦突破!鬼門の準決勝へ駒進める

東京都予選
早 大
佐川急便関東
〇廣瀬、伊藤、増田―川崎、河野
◇(二塁打)小野寺、増子

 春季リーグ戦を終え、程なくして今年も全チームの頂点を決めるための戦いが幕を開けた。この大会には大学のみならず、全国の実業団やクラブチームもエントリーしている。そのような中で仮に予選を突破し、上位に食い込むことができれば、上野由岐子投手や山田恵里選手などソフトボール界のスタープレーヤーを擁するチームとの対戦も夢ではないのだ。そんな全日本総合選手権東京都予選に臨んだ早大は、この大会の初戦を3年連続で佐川急便関東とぶつかることとなった。昨年、一昨年と快勝を収めている相性のいい相手に対して今年も投打のかみ合った試合運びを演じ、終始試合の主導権を握り続けた。

 初回から早大打線が火を噴いた。先頭の1番・神樹里乃(スポ4=北海道・とわの森三愛)が相手のファンブルで出塁すると、2番・小野寺詩織(スポ3=千葉経大附)があわやホームランかという強烈なフェンス直撃の二塁打で二、三塁とチャンスを拡大。そして、3番・川崎楽舞(スポ4=千葉・木更津総合)がきっちりと中前に弾き返し、幸先よく2点を先制した。さらに2回にも初回同様、神と小野寺が連続で出塁に成功すると、4番に座った増子奈保(スポ4=東京・日出)が左中間を破る2点適時打を放って佐川急便関東を突き放す。4回にも神の2本目の安打を皮切りに、5番・岡田夏季(社4=神奈川・厚木商)の中前適時打で1点を追加。1,2番が出塁し、クリーンアップがそれを返すという理想的な攻撃を見せ、効果的に得点を重ねた。

頼りになる4番がしっかりと役目を果たした

 打線の援護を受けたこの試合の先発・廣瀬夏季(スポ4=北海道・とわの森三愛)は、全体を通して持ち前の安定感のある投球を披露。初回を危なげなく無得点に封じ、続く2回。安打と味方の失策が絡むなどして1死二、三塁のピンチを招いてしまうが、ストライク先行の攻めの投球でホームベースは踏ませず、流れを相手に渡さない。3回も三者凡退に抑えて最終的に3回無失点の好投でマウンドを降り、二番手・伊藤貴世美(スポ3=千葉経大附)に後を託した。

 4回からは、投手のみならず捕手も今年の公式戦では初めて交代した。不動の正捕手である川崎からマスクを譲り受けたのはリーグ戦では主に3塁コーチャーとしてチームを引っ張ってきた河野友里(スポ4=東京・鴎友学園)。「廣瀬と川崎が流れを作ってくれた」と途中出場でも動じることなく冷静に伊藤をリードし、4、5回を無得点に封じてみせた。6回からは増田侑希(スポ2=香川・高松南)とバッテリーを組み、連続で2塁打を浴びて1点こそ失うものの、その後は傷口を広げられることなくアウトを重ねた。7回も無失点に抑えて試合を締めくくり、5-1で快勝。2回戦へと駒を進めることとなった。

川崎<右>からアドバイスを受ける河野<左>

 「全員で戦って勝利することができた」と河野が振り返るように、この試合ではレギュラー陣の活躍のみならず、河野をはじめとするここまであまり出場機会のなかった選手が下級生を中心に多数出場。各々が勝利に貢献した。そんな中での翌日の対戦となるが、今大会は昨年、一昨年と2回戦での敗退が続いており、ある意味次戦は鬼門ともいえる戦いになる。また、そののちに行われた試合で、準決勝を戦うことが濃厚とされていた難敵・東女体大が東京富士大にまさかの敗戦。波乱の展開を予感させる結果となった。だが、対戦相手となる東京富士大は春季リーグ戦では2勝している相手。強豪校を倒し勢いづいていることは間違いないが、今日のような『全員ソフト』で地に足付けて戦うことができれば、きっと『波』は早大に味方してくれることだろう。

(記事、写真 篠田雄大)

関連記事

一丸となってつかんだ2連勝!下剋上に向け望みをつなぐ/東京都大学連盟春季リーグ戦(5/3)

日体大に完敗。覇権奪回へ向け課題浮き彫りに/東京都大学連盟春季リーグ戦(5/4)

コメント

河野友里(スポ4=東京・鴎友学園)

――今日の試合を振り返っていかがですか

しっかりと全員で戦って勝利することができたので良かったと思います。

――社会人と対戦する難しさはありましたか

今回の相手は3年連続でこの大会の初戦でぶつかっている相手ですが、基本的にはあまり知らない選手ばかりのチームとやることになるので、その点ではやりづらさはあります。また、社会人は学生とはベンチだったりプレー中のムードも違うので、それに流されず、いかに自分たちのムードをキープできるかというのを考えていました。

――途中からキャッチャーマスクを被られましたが途中から試合に入っていく難しさなどはありましたか

最初からペースを廣瀬や川崎が作ってくれていたので、特に自分としては難しさは感じなかったです。

――キャッチャーとして

投手が投げやすいような雰囲気を作ったりだとか、野手陣も含めていいプレーヤ―がそろっているので、一人ひとりがいい雰囲気で試合に向かっていけるように守りやすい環境を作っていけたらと思っています。

――リーグ戦では3塁コーチャーとして積極的に声掛けをされている姿をよく拝見しましたが、その際に意識されていることはありますか

3塁コーチャーを任されるときは、相手のノックの段階から外野手の肩の強さや捕手のポジショニングなどをしっかりと観察して、実際の試合の最中に私が迷わず判断してコールが下せるように準備しています。

――明日の試合の意気込みをお聞かせください

今日のいい流れを生かして一丸となって戦いたいです!

丹野ちさき(人3=岩手・一関第一)

――個人として今日の試合を振り返ってみていかがですか

最近バットを変えたので、思い切っていこうと思いました(笑)。

――社会人と対戦するのと大学生とやるのとでは違いはありましたか

特には感じませんでしたが、あまり相手のことをよくわかっていないチームとやるとい難しさはあります。

――センターを守られる機会が多いと思いますが、その際に気を付けていることなどはありますか

周りとの連携をしっかりととって、自分の取れる球をしっかりと捕るということを意識しています。

――6,7番などのランナーを返す役割の多い打順を任されることが多いと思いますが、打順に関して心がけていることはありますか

ダブルクリーンアップというものを意識して、下位打線でも得点力が落ちないようにチームとして打順が組まれています。自分の打順は後半の3番打者的ポジションだと思っているので、走者を返す役割をしっかりと全うできるように頑張っています。

――明日の試合の意気込みをお願いします

しっかりと相手投手の対策を練って、打つことができるように準備したいと思います。