メニュー

卓球部

2019.05.18

春季関東学生リーグ戦 5月10~12、16、17日 港区スポーツセンターほか

逆転優勝で春季リーグ戦2連覇を達成!グランドスラムへの『挑戦』始まるーー

 グランドスラム達成へ、確かな一歩を踏み出したーーー


 迎えた最終第7戦。第5戦で青学大に敗れ5勝1敗の早大に対するは、第6戦終了時点で6戦全勝、1位の座を守り続ける中大。勝敗数が並んだ場合、ゲームの勝敗差により順位が決定されるため、2敗以上喫した時点で優勝を中大に明け渡してしまう不利な状況。早大は負けられない戦いに挑んだ。試合は4-0で中大に1ゲームも譲らず終始優位な展開で早大が勝利。2年連続、通算3度目となる春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)優勝の快挙を果たした!


今年度主将の鎌田が自らの勝利で優勝を決めた


  優勝が懸かった大一番。先陣を切ったのは岩越帆香(スポ2=福岡・希望が丘)。相手を寄せ付けず3-1で勝利を挙げチームに勢いをもたらす。続く笹尾明日香(社2=神奈川・横浜隼人)も圧巻の強さを見せ3-0のストレート勝ち。岩越・笹尾組で挑んだダブルスでもストレート勝ち。「(団体スコア)3-0で(鎌田選手の試合に)回すんで!」との言葉通りの団体スコア3-0、あと1勝で優勝決定というシチュエーションで鎌田那美主将(スポ4=北海道・駒大苫小牧)に出番が回る。相手は強敵・梅村優香(中大)。春季リーグ戦ここまでシングルスでは無敗を誇るサウスポーに対し、「皆に力をもらった」(鎌田)と接戦を制し、最終スコア4-0で勝利。この結果、早大の春季リーグ戦2連覇が決まった。


岩越(左)と笹尾の頼れる2年生コンビが宣言通りの3連勝で鎌田へとバトンを渡した


 2年連続のグランドスラムへ向け確かな一歩を踏み出した早大。今年の早大の強みは下級生の成長にある。本リーグ戦において大車輪の活躍を見せた2年生ペア岩越、笹尾はもちろん。新たに加入した黒野葵(スポ1=東京・武蔵野)、真鍋雅(スポ1=岡山・山陽女子)がリーグ戦デビューを飾るなど、今後の活躍に期待が懸かる。春季リーグ戦において優勝に最も貢献した選手に贈られる殊勲賞を受賞した鎌田主将もシングルス、ダブルス合わせて9戦7勝と安定感を見せた。「新体制になってまた1からのスタート」(鎌田)。早大が次に挑むのは現在3連覇中の全日本大学総合選手権団体の部(インカレ)。史上初となる偉業達成へ向け、新たな『挑戦』が幕を開けた。


大会終了後に全員で集合写真!

(記事 涌井統矢、写真 小松純也)

結果


▽女子 第1戦

VS 東京富士大 ○4―1

○笹尾明日香3―0李楠

○鎌田那美3―1畠山ひなの

○岩越帆香・笹尾明日香組3―1松岡優香・千葉菜月組

●真鍋雅1―3松岡優香

○鎌田那美・金子碧衣組3―0小村歩未・畠山ひなの組


▽女子 第2戦

VS 日体大 ○4―0

○鎌田那美3―0石田茜

○加藤結有子3―2高橋花

○岩越帆香・笹尾明日香組3―1高橋花・関口綾乃組

○笹尾明日香3―0藤尾真結


▽女子 第3戦

VS 日大 ○4―1

●笹尾明日香1―3高原小麦

●金子碧衣1―3奥下茜里

○岩越帆香・笹尾明日香組3―1梅森美夕・高山結女子組

○岩越帆香3―0金崎愛美

●鎌田那美・金子碧衣組0―3奥下茜里・金崎愛美組


▽女子 第4戦

VS 大正大 ○4―1

○笹尾明日香3―0陳露

●鎌田那美2―3三輪咲里南

○岩越帆香・笹尾明日香組3―1小野寺咲和・嶋津葵組

○加藤結有子3―0小田嶋稚花

○鎌田那美・金子碧衣組3―0三輪咲里南・小田嶋稚花組


▽女子 第5戦

VS 大 ○4―1

●加藤結有子2―3杉本恵

●笹尾明日香2―3宮崎翔

●鎌田那美・金子碧衣組2―3三條裕紀・熊中理子組

○鎌田那美3―2三條裕紀

○岩越帆香・笹尾明日香組3―2秋山星・杉本恵組

○岩越帆香3―1熊中理子

●金子碧衣1―3石川梨良


▽女子 第6戦

VS 専大 ○4―2

○笹尾明日香3―1柴田理彩

●鎌田那美0―3木村香純

●岩越帆香・笹尾明日香組2―3枝松亜実・木村香純組

○黒野葵3―0永道麻依加

○鎌田那美・金子碧衣組3―0大島奈々・永道麻依加組

○金子碧衣3―1枝松亜実


▽女子 第7戦

VS 中大 ○4―0

○岩越帆香3―0瀬山咲希

○笹尾明日香3―0山本笙子

○岩越帆香・笹尾明日香組3―0瀬山咲希・山本笙子組

○鎌田那美3―1梅村優香



コメント

鎌田那美主将(スポ4=北海道・駒大苫小牧)


――優勝おめでとうございます!

ありがとうございます!


――2シーズン連続での優勝ですが、今のお気持ちはいかがですか

去年はグランドスラムを達成しているんですけど、今年からまた新体制になってまた1からみんなで頑張ろうというのは言っていて。色々な人の応援があったり、試合に出ているメンバーも出ていないメンバーも一丸となって頑張ってくれたので本当に嬉しい気持ちと感謝の気持ちです。


――昨年優勝した大会ということもあってプレッシャーなどもあったかと思いますが、どのような意気込みで大会に臨まれましたか

今年の目標も『グラウンドスラム達成』と『(全日本大学総合選手権団体の部)総合団体優勝』という目標なので、去年の結果は自信にしながらも気にせずに。また1から頑張ろうとみんなで話しているので、そのに関してはみんなで強い気持ちでやれたのかなと思います。


――春リーグ戦へ向けて、チームとしての強化した点はありますか

去年の4年生の2人が強かったので、その抜けた穴を埋めるためにダブルスとか個人の力と上げれるように色々な練習とか取り組みとかをしてきました。


――今回のリーグ戦を振り返っていかがでしたか

グラウンドスラムへ向けて、この春リーグへ向けてしっかり集中して皆頑張っていたので結果を出せたのはすごく良かったなと思います。


――山場となった試合、ポイントとなった試合はありましたか

前半戦で青学大に3-4で負けたんですけど、その時にまだ優勝の可能性が残っていたのでそこで皆が気持ちを切らさずに、また皆で頑張ろうという気持ちで戦えて、最後こういう風に思い切っていけたので結果的には良かったかなと思います。


――きょう試合は優勝をかけての一戦、どのような意気込みで臨まれましたか

(優勝するためには)4-0か4-1で勝たなければいけない状況で、絶対に勝ちたかったくて、皆で勝ちたいねって言って試合に入ったので、皆強気でいけたので良かったと思います。


――負けられない状況で、岩越選手と笹尾選手の2年生から3連勝でバトンが渡されました

2年生の2人が強い意気込みでやってくれていて、「(団体スコア)3-0で(鎌田選手の試合に)回すんで!」って言ってくれて。本当にそのシチュエーションでつないでくれて、「本当にすごい!」って思いました。皆頑張ってくれたので、自分がここで負けるわけにはいかないなと思って、皆に力をもらった感じです。本当に皆でつかんだ優勝だなと思います。


――殊勲賞を獲得されましたが、ご自身の春季リーグ戦の試合を振り返っていかがでしたか

殊勲賞はいただいたんですけど、きのうとかも負けたりとかで。良かった試合も悪かった試合もどちらもあったので、まだまだ全然実力が足りないなというか、もっと強くならなきゃいけないなという感じでした。


――今年度は主将になられましたが、個人としての目標はありますか

4年生で学生最後の年なので、今までより一番良い結果。自分の納得いく成績を出して終わりたいなと思います。


――チームのスローガンなどはありますか

『挑戦』というスローガンを掲げています。新体制になってまた1からのスタートなので、もっと新しいことに『挑戦』していきたいなと思って皆で決めました。


――関東学生選手権への意気込みをお願い致します!

シングルスもダブルスも関東学生で勝てたらその後の自信にも繋がると思うので、一回も入賞したことがないのでまずは入賞を目指して頑張りたいなと思います。