メニュー

ハンドボール部

2019.05.11

関東学生春季リーグ 5月11日 神奈川・桐蔭横浜大学体育館

主力の穴埋められず。日女体大に大敗

関東学生春季リーグ(春季リーグ)第8節、1次リーグを5位で終えた早稲田は下位リーグに回り、1次リーグ8位の日女体大と対戦した。2次リーグ3連勝を目指した早稲田だったが、序盤から相手に先手を奪われる展開に。春季リーグこれまであまり出場機会のなかった選手も多く出場し総力戦で戦ったが、主力の穴は埋められず。1次リーグで大勝した相手にリベンジを許す結果となった。

 吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)、阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)の攻守の核を欠いた早大は序盤から劣勢を強いられる。攻勢を強める相手に対して、杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)、衣川直緒(社3=愛知・星城)の両サイドのゴールで食らいつくが、徐々に点差を離されてしまう。前半5分には早くも3点差をつけられてしまい、早大ベンチはたまらずタイムアウトを取った。「相手にあまり点を与えずロースコアの試合展開が理想だったが序盤から離されてしまったのでみんなで攻めていこうという話をしました」(紅林詩乃、スポ2=東京・佼成学園女)というように、このタイムアウトで思い通りにいかない試合展開を打破したいところであったが、タイムアウト後もなかなか状況は変わらなかった。攻撃は単発では得点を奪うも、なかなか連続得点を奪えない。守備は急造の守備陣が有効に守ることができず8点差で前半を終えた。

早い時間でのタイムアウトも試合展開を変えることはできなかった

 後半、何とか逆転したい早大は早々に1点を奪われるも直後に紅林が連続得点を奪い流れを引き寄せかける。しかし、衣川紗菜(スポ3=愛知・旭丘)が退場になると流れは再び日女体大に。一気に5連続得点を許し点差はこの日最大の13点にまで広がってしまう。その後、7メートルスローなどで少しずつ縮めていく。終盤、相手ゴール前に迫る機会を何度も作る猛攻を見せるが、追いつくことはできず、終わってみれば12点差の大敗となった。

7メートルスローを放つ衣川直

前節に続いて主力不在の穴を埋められず、1次リーグで大勝した相手に大敗を喫する悔しい試合となってしまったが、「後半は手ごたえを感じられた」と垣内が話していたように前半ちぐはぐだった守備も後半は少し良くなったように感じられた。また、前半6点しか奪えなかった攻撃も後半は10得点と徐々に良くなってきた。ただでさえ薄い選手層に怪我人が出て厳しい状況だ。だが、それは糧にし、チームとしても個人としても成長し、勝利をつかみとりたい。

(記事、写真 稲葉侑也)

関東学生春季リーグ
早大 16 6-14
10-14
28 日女体大
GK 大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)
LW 杉山瑞樹(社4=神奈川・横浜創英)
LB 紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)
PV 衣川紗菜(スポ3=愛知・旭丘)
CB 岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)
RB 山根萌(スポ3=東京・昭和学院)
RW 衣川直緒(社3=愛知・星城)
コメント

垣内美春(社3=富山・氷見)

――試合を終えての感想をお願いします

私はディフェンス専門だったんですけど、後半は手ごたえというか、守れたなと思うので、(紅林と)二人でディフェンスを合わせて3日くらいなんですけど、あしたもきょうの後半くらい本当に頑張りたいと思います。

――試合を振り返っていかがでしたか

自分がポストシュートを打てなかったのが悔しかったし、走れもしなくてフィジカルで負けたなと思いました。

――先週不在だったと思いますが、今週はどのような気持ちで臨まれましたか

戻ってきたらなんか人が全然いなくて(笑)、自分も体力が失われていて、でも隣に心強い後輩がいたので、頑張ろうと思いました。

――あと2試合、出場機会が増えるかと思いますが、意気込みをお願いします

先輩からもキーパーからも同期からも言われることを全部ちゃんとして、本当に勝てるように頑張ります。

紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)

――試合を終えての感想をお願いします

今ミーティングでも話していたんですけど、自分たちの力を発揮できずに最後の最後まで奥歯に何か詰まったみたいな感じというか、もっとできたなというのが正直な感想です。

――きょうは吉田、阿部の両エースが不在でしたが、試合前どのようなことを話されましたか

いないのは前日からわかっていて、このメンバーでやるしかないというのは決まっていたので、もうがむしゃらにやるしかないよねという感じだったし、むしろ、このメンバーで勝った方が自分たちにとってもプラスだし、面白いというのは話していました。

――試合を振り返っていかがでしたか

結構前半から相手の思うように走られて、速攻いかれて、自分たちが落ちていってというのが結構あって、後半はみんなアグレッシブに動いて攻めれたんですけど、それがもう少し前半からできていればもう少し点差が離れたとしても、もっと良い試合ができたんじゃないかなと思います。

――前半5分という早いタイミングでタイムアウトを取りましたが、どのような内容を話しましたか

試合前に、自分たちが決められなくても相手に決めさせずにロースコアでいければ勝機はあるよねという風に話していたのに結構序盤から離されてしまったので、これは自分たちの理想の展開ではないから単発で打つのではなくみんなで動きながら攻めていこうということを話しました。

――怪我人も多く様々なポジションをやられていますが、いかがですか

リーグ始まってからずっと本職のポジションではなくて。フローターは人生で一度もしたことが無かったので不安はたくさんあるんですけど、監督からしてほしいと言われた以上はやらなくてはいけないので、結構みんな本職ではないポジションをやっていると思うんですけど、自分にとってプラスになるチャンスだから、前向きにとらえられたらなと思います。

――残り2試合に向けての意気込みをお願いします

あしたもこの状況は変わらないので、少しでも相手に食らいついて、きょうのうずうずした感じと違う、自分たちの力を発揮した試合にしたいと思います。