メニュー

ソフトボール部

2019.05.05

第51回東京都大学連盟春季リーグ戦特別ページシステム 5月3日 東京・市営福生野球場

一丸となってつかんだ2連勝!下剋上に向け望みをつなぐ

 レギュラーシーズンを登り調子で終え、この日、早大は春季リーグ戦の順位を決定づける重要な戦いを迎えようとしていた。今リーグ戦から復活した「特別ページシステム」である。これはいわゆるプレーオフ制度のようなもので、レギュラーシーズンで1位になれなかったチームにもリーグ優勝のチャンスがある。一方でトーナメント制のため負けた時点で上位進出の芽は摘まれてしまうと同時に、レギュラーシーズンの順位を下回る結果に終わってしまう可能性もあるのだ。リーグ戦を3位で終えたことで、下位チームとのヤマに入った早大だったが、「この戦いにかける意地を見た」と川崎楽舞(スポ4=千葉・木更津総合)が語るように、彼女らとの戦いは決して一筋縄でいくものではなかった。1位・日体大、2位東女体大への挑戦権を得るための1日を振り返っていこう。

特別ページシステム
国士舘大
早 大
〇廣瀬、伊藤―川崎
◇(二塁打)神、

試合を決めたのは川崎の一振りだった

 まず初戦はレギュラーシーズンを6位で終えた国士舘大とのぶつかり合いとなった。レギュラーシーズンでの対戦では6-0と快勝を収めた相手だったが、この試合では苦戦を強いられ、互いに点を取り合う展開となる。1回表に先発の廣瀬夏季(スポ4=北海道・とわの森三愛)が「全体的に球が高かった」と捕手の川崎が振り返るように、三塁打2本でいきなり先制点を献上。しかしその裏の攻撃で安打と四球などで1死満塁の好機を作ると、打席に入ったのはこの試合で5番に座った岡田夏希(社4=神奈川・厚木商)。しっかりとセンターへの犠飛を放ちすぐさま同点に追いつく。さらに続く堀奈々美(スポ3=千葉経大附)の打席で相手投手が暴投し、2点目をあげて逆転に成功。しかし廣瀬がピリッとせず、直後の2回表に2死三塁から9番打者に適時二塁打を浴びて同点に追いつかれてしまう。だが続く2回裏、丹野ちさき(人3=岩手・一関第一)、廣瀬の連打と古川晴野(スポ4=神奈川・厚木商)の犠打で1死二、三塁と下位打線で絶好の好機を演出。そして迎えた1番・神樹里乃(スポ4=北海道・とわの森三愛)がライトへの2点適時二塁打を放って4-2と勝ち越しを果たす。廣瀬は3回こそ三者凡退に抑えて何とかリードを保ち、3回2失点で降板。4回からはレギュラーシーズンでわずか1点しかとられていない伊藤貴世美(スポ3=千葉経大附)がマウンドに上がった。

 伊藤は4回こそ危なげなく三者凡退に抑えるものの、5回に歯車が狂いだす。1死から2番打者にエラーで出塁を許すと、3番打者にもライト前へ運ばれ傷口を広げてしまう。ただ、いつもの伊藤であればこのような場面でも冷静に打者を料理し、本塁生還は決して許さない投球を見せてくれる。ところが、これが特別ページシステムの恐ろしさなのか。「以前の対戦でも打たれたような球を投げてしまった」と続く4番打者にまさかの逆転3ラン本塁打を被弾。4-5と終盤に逆転されてしまい、早大は大きな正念場を迎えることとなる。だが、「絶対勝ちたいと常にみんなが同じ方向を向いていた」と主将の増子奈保(スポ4=東京・日出)が言うように、決してチームが下を向くことはなかった。6回裏、国士舘大の投手の乱調により、4者連続四球で1点をもらうような形で同点に追いつく。そして、なおも満塁のチャンスで打撃好調の3番・川崎が打席に入る。「ピッチャーゴロになるかと思ったが、ベンチの声援のおかげで抜けてくれた」と、初球を振りぬくと打球はセンター前へ。ランナー2人が生還し7-5と土壇場での逆転に成功した。伊藤もその後は集中力を取り戻す。1死から味方のエラーで走者を出してしまうが、後続を圧巻の連続三振に切って取りここで試合終了。7-5で何とか初戦をものにし、同じ日に行われる2回戦への進出を決めた。

(記事 篠田雄大、写真 篠田雄大、西杉山亮)

特別ページシステム
東京富士大
早 大
〇伊藤―川崎
◇(本塁打)神 (二塁打)小野寺

伊藤は見事に修正し完封勝利を挙げた

 そして2回戦の相手はこれまたレギュラーシーズンでは3-1と勝利を収めている5位・東京富士大。だがこの試合も決して楽な試合運びではなく、1回戦とは一転し、緊迫した投手戦を演じることとなる。先発は、前の試合で今シーズン初の被本塁打となる3ランを浴びるなど苦しんだ伊藤。しかしこの登板では、前試合で4イニングを投げた疲労を感じさせない貫禄の投球を披露した。三振こそ一つしか奪えなかったものの、「1球の恐ろしさを知った」と丁寧にコーナーをついて打たせて取る投球を続け、着実にスコアボードに0を並べ続けた。しかし味方打線も相手の先発投手に苦しめられ、3回まで一人の走者も出すことができない。4回裏に先頭の神が左安打でようやく出塁するも、後続が抑えられて得点はならず、終盤まで0-0が続いた。

 だがついにその均衡が破られる。6回裏、2死走者なしから迎えたのはこの試合で唯一となる安打を放っていた神。「しっかりとタイミングを合わせてミートすることを心がけた」とカウント1-1からの3球目を一閃。打球はあっという間に右翼フェンスを越えて値千金の勝ち越しソロ本塁打となった。待望の援護点を得た伊藤は最終回、1死から三遊間をしぶとく破られて出塁を許す。さらに続く打者にきっちり送りバントを決められて得点圏にランナーを進められ、勝利目前でピンチを迎えてしまう。だが、「腕がきつかったが意地で投げた」と気迫の投球で最後の打者を捕邪飛に打ち取りゲームセット。早大が投手戦を制し、次の日に控える上位校との対戦に駒を進めることができた。

 この2試合を連勝で締めくくったことによってリーグ戦の順位を3位以上で終えることが確実となり、全日本大学選手権(インカレ)の出場も確かなものとなった。「とにかく一丸となって戦い抜いた2試合だった」と主将・増子が振り返るように、必死になって挑んできた下位チーム相手にチーム全体が集中力を発揮し、点を取られてもしっかりと取り返す意地の攻撃を見せた。投手陣では伊藤の奮闘が光った。初戦で一時勝ち越しとなる3ラン本塁打を浴びるなど苦戦するも、次戦ではしっかりと修正して完封勝利をマーク。左のエースとしての風格を漂わせた。また、同日に行われた日体大と東女体大の対戦結果により、次の日の対戦相手が日体大となることが確定。苦しい展開の2試合を『みんなの力』でしっかりとものにし、チームの士気もまさに「アゲアゲ」(増子)状態。最高のチーム状態の中、レギュラーシーズンでの借りを返すべく強豪校相手に下剋上を達成してみせる。

(記事、写真 篠田雄大)

関連記事

白星こそならずも強豪日体大相手に互角に渡り合う/東京都大学連盟春季リーグ戦(4/21)

リーグ最終戦を勝利で飾り、いざ特別ページシステムへ!/東京都大学連盟春季リーグ戦(4/24)

コメント

増子奈保主将(スポ4=東京・日出)

――今日の2試合を振り返っていかがですか

疲れました(笑)。見ている人たちは楽しい試合だったと思いますが、自分たちは死ぬかと思いました(笑)。みんなで点を取られたけれどそれをしっかり取り返せたし、みんなで抑えることができたし、とにかくチーム一丸となって戦い抜いた2試合だったと思います。

――今日のご自身の内容を振り返っていかがですか

100満点中レフト前に1本打った分の5点くらいですかね。主将としてもっとやることはあると思うし、結構力が入っていた部分もあったので、ここまで来たらやるだけだなというところまで来ているので、もっと試合を楽しむというか、トライする気持ちを持ってプレーすればよかったかなと思います。

――1試合目は点を取って取られてという苦しい展開府だったと思いますが、それを打開できた要因は何だったのでしょうか

絶対勝ちたいというチームが同じ方向を向いていたからというのが大きいですね。あとどれだけ点を取られても取り返す力がついたというのがリーグ戦を通しての大きな収穫だったのでそれも要因の1つかなと思います。

――連勝で1日を締めくくりましたがチームの雰囲気はいかがですか

本当に今は波に乗ってアゲアゲな感じですけど、今日はみんな疲れてますね(笑)。もうここまで来たらあとは勝つだけだねというのはミーティングで話しあっているので、みんなもそういう気持ちで明日に臨むと思います。

――明日の意気込みをお願いします。

東女体大に敗れた日体大と連勝した私たちでは勢いが違うと思いますし、私たちに4年生にとっては最後の春季リーグ戦なので、全力でぶつかって絶対に勝ちたいと思います!

川崎楽舞(スポ4=千葉・木更津総合)

――今日の2試合を振り返っていかがですか

なかなか疲れる試合でした笑笑。でもやはりどのチームもこのページシステムにかける思いは強いのだなあとひしひしと感じました。

――1試合目の国士館大戦では投手陣が本来の力をあまり発揮できていなかったように見受けられましたが、その原因は何だったと思いますか

廣瀬があれだけ連打を浴びてしまうのは私が記憶した中ではほとんどなくて私自身が驚いて冷静さを欠いてしまったかなと思います。彼女は気持ちで投げるタイプなので、ちょっとそれが空回りしちゃったのかなっていう感じですかね。

――1試合目に勝ち越しタイムリーを打たれましたがそれに関してはいかがですか

ピッチャーゴロかと思ったんですけど抜けてくれて本当に良かったです。みんなの声援のおかげです。

――2試合目の伊藤投手は初戦に3ランを浴びるなどしてしまいましたが。2試合目は完封勝利としっかりと修正しました。どこが良かったですか

ライズボールという球種は他の球種と比べるとかなり握力を使う球種なのですが、それを廣瀬が予定よりも早く降板することになってしまったので、伊藤が早くマウンドに上がることになってしまったんですね。なので伊藤がそのライズボールを投げすぎて握力がなくなってしまって手の力が抜けてしまっていたので、ひやひやする場面が結構ありました。でもその分しっかりと無駄なボールをなくして丁寧に投げて締めるところは締めてくれたので、アイツもやるときはやるんだなと思いました(笑)。

――明日の試合の意気込みをお願いします

インカレ出場を確定させることができてひとまず安心しているのですが、ここまで来たら勝ちたいので、リーグ戦で負けている日体大と東女体大を倒して優勝したいと思います!

神樹里乃(スポ4=北海道・とわの森三愛)

――今日の2試合を個人的に振り返っていかがですか

2試合目の最初の打席に出塁できなかったのが、役目を果たせなかったなと思います。ただ1試合目はしっかりと役割を果たせて得点できたので良かったと思います。

――2試合目の勝ち越しホームランを打ったことに関してはいかがですか

この試合では1打席目に空振り三振をしてしまい、2打席目もタイミングが合っていない中でのポテンフライになってしまったりとなかなかタイミングがあっていなかったです。しかしこの打席ではしっかりとタイミングを合わせてミートを心がけて、普通どおりにやった結果、最高の形になったので良かったと思います。

――2試合を通して打撃絶好調ですが、好調の要因は何ですか

ベンチやスタンドからの保護者の方々の声援や、チームの勝ちたいという強い思いに後押しされて、いい結果がここまで出ていると思います。

――明日の試合の意気込みをお願いします。

初回から先頭打者としてしっかり出塁して、チームとしては当たり前のことを確実にやって勝利を目指したいと思います。

伊藤貴世美(スポ3=千葉経大附)

――今日の2試合のご自身の内容を振り返っていかがですか

国士館大戦は、相手の継投を見誤って、1球に泣いたなという印象があって前回センター前ヒットを打たれた球を同じような球を投げてしまったのがあの3失点の原因かなと思います。2試合目は腕がきつかったんですけど意地で投げたという感じです。

――1試合目は3ランを浴びるなどしてしまいましたが、2試合目は一転して完封勝利をあげられました。何か修正した点などはありましたか

1試合目で1球の恐ろしさを知ったので2試合目はとにかくインカレ(全日本大学選手権)の出場を決めるためにしっかりと挙げるところを上げて、落とすところを落とす、コーナーに投げ切るということを意識して投げました。

――今日ご自身で一番良かった球種などはありますか

今日はライズボールがよかったです。

――明日の試合への意気込みをお願いします

今日の2試合でかなり疲れがたまってしまったのですが、きょう以上に良いテンポで日体大に勝てるように頑張りたいです。