メニュー

ホッケー部

2019.04.23

関東学生春季リーグ 4月21日 早大東伏見グラウンド

開幕2連勝!決勝リーグ進出を決める

 関東学生春季リーグ(春季リーグ)の初戦、立大を相手に白星スタートを切った早大女子ホッケー部。今季2戦目の相手である学習院大との試合に臨んだ。第2クオーター(Q)まで両チーム無得点だったが、早大は第3Qでペースつかみ一挙3得点。相手にオフェンスさせる隙を与えずリーグ戦2連勝となった。また、この試合の勝利により1部リーグプールAの2位以上が確定したため、プールA、Bの上位2チームによって行われる決勝リーグへの進出が決まった。

 第1Q開始直後は両チームともスペースを広く使えずボールを奪い合う展開に。クオーター中盤、MF南家未来(教3=京都・立命館)がシュートを放つが惜しくも相手GKに阻まれる。第2Q開始6分、学習院大のペナルティコーナー(PC)を守ると、早大は10分にPCを獲得。しかしここでも2度のチャンスをものにすることができない。GK高橋詩帆主将(スポ4=栃木・今市)は第1Q、第2Qを「自分たちのペースがなかなか作れなくて得点できなくて苦しい展開だった」と振り返った。

攻守で勝利に貢献したDF有賀

 第3Qで試合は動いた。開始1分、MF的場朱音副将(教4=滋賀・伊吹)が勢いよく敵陣に攻め入ると、相手の反則でペナルティストローク(PS)を獲得。シューターのDF有賀瞳(スポ4=東京・成城学園)がこれを決め、試合の均衡を破った。さらに開始7分にもPCを獲得すると、FW古屋萌杏(スポ3=埼玉・飯能)が追加点を挙げさらに勢いに乗る。クオーター終了間際にはDF村山陽香(創理4=東京・東学大付)の右サイドから絶妙なパスをゴール前のFW渋谷ビアンカ(国教2=東京・文京学院大女)が受け止め、待望のゴール。観客席からはいつにも増して大きな歓声が上がった。3-0で迎えた第4Qは一進一退の攻防が続く場面もあったが、ゲームは終始早大ペース。中盤で与えた2度のPCも守り切り、2試合連続の完封勝利を収めた。

FW渋谷のゴールに歓喜する早大イレブン

 この学習院大戦では接戦が予想されたが、DF有賀を中心とした守備陣と攻撃陣が噛み合い3得点零封と快勝。さらに、安岡裕美子監督(平16人卒=山形・米沢商)が目指す、経験者と初心者の融合が結実したゲームであったと言えよう。ただ、安岡監督が言う「ディフェンスのところのリスクの高いパス」など、課題も見つかった。次戦は絶対王者・山梨学院大戦。今までとは違った厳しい戦いが予想される。強敵相手にも早稲田らしいホッケーで立ち向かい、ホームの地で大金星を挙げてほしい。

(記事 細井万里男、写真 新藤綾佳、涌井統矢)

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
学習院大
関連記事

接戦制し先勝!決勝リーグへ視界良好/関東学生春季リーグ(4/16)

コメント

安岡裕美子監督(平16人卒=山形・米沢商)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうは勝たなくてはいけない試合だったので、得点が取れたので勝てて良かったです。

――3-0で勝利しましたが、勝因は何だったでしょうか

ハーフタイムで攻めれるような指示をして、そこから3クオーターで得点できるようにパターンができたので良かったと思います。

――反対にこの試合で見つかった課題はありますか

まだディフェンスのところのリスクの高いパスだったりというのがあるので、その辺が課題かなと思います。

――2連勝となりましたが、チームの状態は全体的にいかがでしょうか

そうですね、雰囲気も初心者と経験者が交じった中でいい形できているので、いい感じだと思います。

――次戦は関東王者の山梨学院との試合になりますが、どのように立ち向かっていこうと思っていますか

まず守備をしっかりと固めて失点がなくなるように早めのチェックをすることと、あとはカウンターで得点を取れるように練習したいなと思います。

GK高橋詩帆主将(スポ4=栃木・今市)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

前半、自分たちのペースがなかなか作れなくて得点できなくて苦しい展開だったんですけど、ハーフタイムでしっかりと切り替えられて、得点ができたのでよかったかなと思います。

――きょうの試合は何か目標やテーマはありましたか

一番の目標というのはもちろん勝利なんですけど、その勝利の中にも『3点以上の差をつけて勝つ』っていう目標を立てていたので、それをこなせてよかったかなと思います。

―開幕2連勝ですが、チームの雰囲気はいかがですか

混戦の中の勝利ですし、きょう得点を決めたのが初心者から始めた子であったり、下の学年の子だったりなのでそれが自信につながればいいかなと思います。チームの雰囲気は良いかなと思います。

――2試合連続で完封ですが、GKの位置からご覧になっていて、ディフェンスの状態はどのように感じられていますか

結構攻める場面が多い試合だったので、危ない場面も多かったんですけどカウンターの処理が前にしっかりといけていたので、あとはアウトレットのパスとかをもうちょっと詰めていければいいのかなと思います。

――前回の初戦からきょうの試合までの間でなにか取り組まれていたことはありますか

混戦になることが想定されていたので、狭いスペースでの大人数のディフェンスに対する攻撃の仕方であったり、逆にディフェンスの方ではカウンターで攻められた時の少ない人数でのディフェンス対応の仕方とかを詰めてやってきました。

――次戦は強敵の山梨学院大戦ですが、そこへ向けての意気込みをお願いします

今までみたいに自分たち優位の展開ではなくなると思うので、オフェンス面でもディフェンス面でももっと改善していかなきゃいけないこともあるし、攻撃の部分で、作戦もしっかりと山梨学院大へ向けて取り組んでいければなと思います。目標を1つに定めていればチームのやることは統一されていくと思うので、やることがバラバラにならないように、みんなの意識を統一させられるような練習を組んだり、フォーメーションを組んだりして私はサポートをしていければなと思います。

DF有賀瞳(スポ4=東京・成城学園)

――0点で守り切ったゲームとなりましたが、試合を振り返っていかがですか

本当は前半でもっと攻めて大量得点したかったんですけど、序盤なかなか自分たちのペースをつかめない癖があるので、苦しい展開が続いたかなと思います。

――有賀選手がPSを決めたことが試合の流れを作ったと思います。PSにはどのような気持ちで臨みましたか

PSは先制点がかかったていたので緊張したんですけれど、絶対に決めないとまずいので、そこは落ち着いて着実に決められるように意識しました。

――有賀選手の個人としての今シーズンの目標はありますか

普段はMFなんですけれど、最近はDFに下がったので、チームがピンチになった時に、ちゃんとキーパーにたどり着く前に「瞳で止められる」とみんなに思ってもらえるDFになりたいと思います。

――次戦の山梨学院戦へ向けての意気込みをお願いします

山梨学院は優勝候補なんですけれど、そういう強いチームに対して変に固くならずに自分たちのプレーを思い切りできたらいいなと思います。