メニュー

ソフトボール部

2019.04.17

第51回東京都大学連盟春季リーグ戦 4月14日 埼玉・早大所沢キャンパス

理想的な試合運びで前日の鬱憤を晴らす2連勝!

春季リーグ戦
日女体大
早 大
〇増田、伊藤-川崎 ◇(二塁打)小野寺 
春季リーグ戦
国士館大
早 大
○廣瀬、伊藤-川崎  ◇(三塁打)堀、神 ◇(本塁打)増子

 昨日の開幕戦でまさかの完封負けを喫した早大。今日は球場をホームの所沢キャンパスに移して心機一転、日体女大と国士館大を迎え撃った。2試合共に早大の持ち味を存分に生かした好ゲームを展開し、見事に初戦の鬱憤を晴らす2連勝。そんな両試合を振り返っていこう。

 1試合目の相手は日女体大。連敗だけは避けたい早大ベンチは、先発マウンドに昨日の試合で制球に苦しんだ増田侑希(スポ2=香川・高松南)を送った。この試合では昨日とは打って変わってストライク先行のテンポの良いピッチングを披露。2回表に3塁打とスクイズで1点の先制こそ許すものの、それ以降は危なげない投球で最終的に5回を1失点にまとめ、先発投手としての役割を果たす。昨日は散発2安打と沈黙した打線も今日はしっかりと投手陣を援護。先制された直後の2回裏、先頭の増子奈保(スポ4=東京・日出)の中前打と隈元愛子(スポ3=千葉・木更津総合)の死球などで1死一、二塁の好機をつくると、続く丹野ちさき(人3=岩手・一関第一)の左前適時打で二塁走者が生還。さらに左翼手の後逸で一塁走者もホームインし、一気に逆転に成功する。さらに5回裏には小野寺詩織(スポ3=千葉経大付)と、川崎楽舞(スポ4=千葉・木更津総合)の連続適時打で3点を追加し、早大らしい集中力を見せつけた。6回からリリーフ登板した伊藤貴世美(スポ3=千葉経大付)も2イニングを一人の走者も許さない完璧な投球で相手の反撃を許さず、最終的に5対1と快勝。がっちりと投打のかみ合った試合運びで、リーグ戦で初となる白星をマークした。

増田の投球がチームに流れを呼び込んだ

 2試合目の相手は国士館大。先発は開幕戦で好投するも、援護に恵まれず敗戦投手となった廣瀬夏季(スポ4=北海道・とわの森三愛)。今日の試合でも持ち前の粘り強さを発揮した。2回から4回まで連続で得点圏にランナーを背負うものの、「低めを徹底的に投げることを強く意識した」と話すようにここぞの集中力でホームへの生還までは許さず、最終的には5回無失点と申し分ない投球を披露した。打撃陣も1試合目に引き続き活発さを見せた。3回裏に廣瀬が右前打で出塁し、続く河野友里(スポ4=東京・鴎友学園)がきっちりと初球で送りバントを決めて下位打線で1死2塁のチャンスを作る。そして迎えたのはこの打席まで打率.125と調子が上がっていなかった1番・神樹里乃(スポ4=北海道・とわの森三愛)。相手投手の失投を逃さず、2球目をセンター前にコンパクトにはじき返して鮮やかに先制点をもぎ取った。勢いに乗った打線は続く4回裏、1死から主将の増子奈保(スポ4=東京・日出)がレフトへチーム第1号となるソロ本塁打を放ち1点を追加する。その後も走者を一人置いて今季初スタメンの堀奈々美(スポ3=千葉経大付)が右中間を深々と破る適時三塁打で3点目。さらには廣瀬の2点適時打も生まれてこの回に計4点を奪い、国士館大を突き放す。5回裏にも堀の2打席連続となる適時打でダメ押しの6点目を挙げ、前試合同様に6回からリリーフ登板した伊藤も2イニングを無得点に封じて6対0で完封勝ちを収めた。

廣瀬はバッティングでも勝利に貢献した

 

 「しっかりと切り替えて2連勝できたのは大きかった」主将の増子が振り返るように、リーグ戦全勝優勝を目標にしていた中でのまさかの開幕戦黒星を引きずることなく、早大らしい投打のかみ合った2試合を見せてくれた。あたりの少なかった打撃陣は長短打でつなぐ集中力を発揮し、投手陣も先発が5回までリードを保てば、後の2イニングを伊藤が締めるという「勝利の方程式」が見えてきた。来週には強豪の日体大との1戦も控えるなど、リーグ戦の順位を左右する重要な戦いが待っている。「相手の思うようにさせないで、いかに自分たちの流れに持っていけるかが大切」(廣瀬)というように、早大のペースで試合を進め、4年ぶりの覇権奪回へ向け突き進んでいく。

(記事、写真 篠田雄大)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

関連記事

リーグ戦初戦は散発2安打で完封負け/東京都大学連盟春季リーグ戦(4/15)

コメント

増子奈保(スポ4=東京・日出)
――主将という立場から今日の試合を振り返っていかがですか

春季リーグ戦では全勝優勝を目指していた中でいきなり初戦を落としてしまったのですが、しっかりと切り替えて2連勝できたのは大きかったと思います。

――今日の試合での廣瀬投手の状態はいかがでしたか

バッティングの状態は右肩上がりで、2月、3月と状態が良くなかった中でうまく調整できていると思います。

――今日の2戦を連勝で締めくくりましたが、チームの雰囲気はいかがですか

徐々に良くなっていると思います。勝っているから良くなっているという部分ももちろん大きいですが、練習試合の時期からベンチの雰囲気というものにチームとしてこだわってやってきたので、その成果が出たという側面も大きいかなと思います。

――来週は強豪の日体大との試合も待っていますが、来週に向けての意気込みをお願いします。

本当に勝ちたいですねえ。勝って相手の勢いを止めて、自分たちの勢いをつけられるように頑張りたいです。

廣瀬夏季(スポ4=北海道・とわの森三愛)

――個人としてこの2試合を振り返っていかがですか

ピッチャーとしては初回の立ち上がりはまずまずだったと思います。全体を通じてもきっちりと締めるべきところは締めることができたので、全体的には良かったと思います

――投手として昨日、今日と安定感のある投球を披露されていましたが、何か投球中に意識されていたことはありましたか。

好打者がそろっている印象だったので、しっかりと低めに徹底して投げることを強く意識しました。昨日の試合でも終盤には打たれてしまいましたが、4回まではいい投球をできていたので、4回までのピッチングというものを意識して投げました。

――2試合目ではタイムリーを放たれるなどバッターとしての活躍も光りましたが、ピッチャーをしていることで相乗効果のようなものもあったりするのでしょうか

もちろんそれもないことはないのですが、やはりみんながしっかりと守ってくれて、良い流れを作ってくれていることが大きいと思います。

――野手として打席に立つ際に意識されていることは何ですか

ランナーがいるケースで回ってくることが多いので、長打を狙うというよりはいかにそのランナーを進めるか、そして返すかということを念頭において打席に入ることが多いです。

――来週の試合に向けての意気込みをお願いします

特に来週ぶつかる日体大戦では自分たちの思うような試合展開に持ち込めないことが多かったので、相手の思うようにさせないで、いかに自分たちの流れに持っていけるかが大切だと思います。だからこそまずは私たちピッチャー陣がしっかりと流れを引き寄せられるような投球をしたいと思います。

増田侑季(スポ2=香川・高松南)

――昨日の開幕戦は制球に苦しまれていたと思いますが、今日の先発登板ではストライク先行のナイスピッチングを見せてくれました。どこか修正した部分などはあったのでしょうか。

昨日の試合では、なるべく長打を打たれないように低めに投げることを意識しすぎたことで、ボールが先行してしまったところがありました。だから、今日の試合では余計なことは考えず自分の持ち味をしっかりと出していくということを考えて投げた結果、ストライク先行のいいピッチングが出来ました。

――今日はご自身の中でどの球種が良かったですか

球種が良かったというより前後の差をつけられたことが一番良かったと思います。

――昨日はリリーフ、今日は先発での登板となりましたが、リリーフでマウンドに上がるときと、先発で上がるときとでは何か自分の中で変化はありますか

リリーフで登板するときは、先に投げている先輩方の作ってくださった流れを壊さずにさらに盛り上げていこうという気持ちでマウンドに上がります。一方、先発登板の時は自分で流れを作っていかなければならないので、自分の持ち味を出しつつチーム全体の勢いをつけようという気持ちになりますねえ

――リーグ戦初白星を挙げられたことに関してどうお考えですか

まずは1勝することができ、その勢いで次の試合もとることができたので今日は全員良かったんじゃないですかねー

―来週は強豪の日体大との試合も待っていますが意気込みをお聞かせください

まあ強いといっても同じ大学生なので笑笑。そこはもう挑戦者のような気持ちで立ち向かっていこうと思います!